*

言い忘れた!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

いい忘れていたのだが、昨日の晩、NHKクローズアップ現代で
生物多様性に関する番組があり、
私の上司(?)である株式会社ニムラ・ジェネティック・ソリューションズの二村聡社長も
登場する予定だったのだ。
私は親戚と一緒に飯を食う予定が入っていたため
観ることはできなかった。
でもブログで告知しとけばよかったなあ。
ちなみに、うちでは私も妻もDVDの録画方法を知らないから
当然録画もされていない。
二村さんに見せてもらうのを楽しみに待とう。
     ☆        ☆          ☆
映画化の話がまた来た。
これまでも「三畳記」に3つか4つ、「ムベンベ」にも2つ、「是非やりたい!」という話があったが(どれも企画だけで具体的には何も進展していない)、
今度はなんと「ウモッカ」だという。
アマゾンのレビューで「ここ10年でいちばんがっかりした本」「読み終わって林に投げ捨てた」「最低の詐欺本」と書かれたウモッカ話を劇場で見せてどうするのだろう。
企画をもってきた人たちに訊いたら
「映画として斬新だと思う」とのことだ。
斬新すぎて上映終了後にモノが飛ばないか心配だ。
高野本を読むと、頭のムー脳部分が刺激されて、現実と非現実の区別がつかなくなるようだ。
ただ健闘を祈って、私は遠くから暖かく見守るだけとしたい。

関連記事

no image

怪獣はダメか

ブログに長井さんのことを書いたため、 朝から電話とメールがひっきりなし。 ついには渋谷のNHKに呼び

記事を読む

no image

前代未聞の藤沢周平ベストテン

『本の雑誌増刊 おすすめ文庫王国2007年』が発売された。 私はこの中で、なんと藤沢周平の全作品か

記事を読む

no image

ラッシャー木村はツイていた

一昨日、夜ケーブルテレビでナイターを見ようとしたら、 たまたまNOAHの試合がやっていた。 しかも「

記事を読む

no image

ニュー蔵前本

次回の「辺境読書」では、蔵前仁一『わけいっても、わけいっても、インド』(旅行人)を 紹介することに

記事を読む

no image

新作『異国トーキョー漂流記』見本届く

 2月18日に発売される私の新刊『異国トーキョー漂流記』(集英社文庫)の見本が届いた。  私がこれ

記事を読む

no image

ムベンベ写真本

お盆休みが終わってしまい、プールも混みはじめてきた。 残念である。 ところで、『幻獣ムベンベを追え』

記事を読む

no image

ダーティな本気はピュアなのか

斉藤一九馬『歓喜の歌は響くのか 永大産業サッカー部 総武3年目の天皇杯決勝』(角川文庫)を読んだ。

記事を読む

no image

続・「クレイジージャーニー」とすしざんまい

昨日、ブログを書いたあと修正しようとしたけど、私のIT力の限界か、二度とログインできなかった。

記事を読む

no image

ダイエットとヒナゴン

数日前、妻・片野ゆかが出版した新刊『ダイエットがやめられない 日本人のカラダを追及する』(新潮社)を

記事を読む

no image

心身がついていかない

日本に帰り突然環境が激変し、心身がまったく付いていかない。 2ヶ月近くソマリエリア(ソマリランド、ソ

記事を読む

Comment

  1. ふぁん より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X 10_5_6; ja-jp) AppleWebKit/525.27.1 (KHTML, like Gecko) Version/3.2.1 Safari/525.27.1
    アマゾンのレビュー、今知りました。
    著者本人に書かれると、酷評まで笑えて、
    なんだか褒め言葉ように、きこえるのはなぜだろう。
    面白かったよ。
    自分を森に投げ出したいくらい。
    うわはははは。

  2. LP より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 F08A3(c500;TB;W30H20)
    主役は成田空港のロケだけで、残りは自宅でひたすらメールですね。確かにネット社会の人間の真の姿を描く、斬新な映画になりそうですね。

  3. LP より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 F08A3(c500;TB;W30H20)
    そうかインド大使館も有りましたね。でもこちらは撮影許可は降りないでしょうね。

  4. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    高野さん そうですよ。
    忘れたら困ります!
    でも私もまだ見ていないのですが…
    さすがにクローズアップ現代。
    反響はありますねー。
    DVDを送ってくれるそうですので、
    高野さんが映っているかどうか今度一緒に確認いたしましょう。

LP へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ようやく迷いの森から脱出した。今回ばかりは無理かと思ったけど、出られるときは出られるのだ。でもまだ終わりではない。目的地まで気を緩めず、しっかり歩まねば。くれぐれも途中で飲んだくれたりしないように。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんの『イスラム飲酒紀行』がKindleで188円になってるよお。 私はお酒飲まないので「そこまでして飲むの?」という想いと、タイトルの矛盾通りの「イスラム圏ってお酒ダメじゃなかったの⁉︎」という驚きがあった本。(昔読んだ記憶を掘り… ReplyRetweetFavorite
    • ちなみに、迷いの森からの脱出方法は不明。いつも、あるときふと原稿が書けてしまう。でもその「あるとき」がいつやって来るのかは全く読めない。1時間後なのか1週間後なのかも。 https://t.co/dGG5k7ZXca ReplyRetweetFavorite
    • 近くを見渡すと別のキューブがあり、「こっちだったのか!」と慌ててそれに取りかかるがやっぱり色を合わせることができず、ウンウン唸るうちに「俺がやるべきなのはルービックキューブじゃない!」と気づき、突然自分が密林の真っ只中に迷い込んで… https://t.co/J7Eufq3qUN ReplyRetweetFavorite
    • 私が原稿を書くのはルービックキューブをやるのに似ている。最初は「2回ぐらい回転させればできそう」と思い、トライするのだが、意外とできず、「もしかしたらけっこう難しいのかも」と思い直す。さらに悪戦苦闘を続けるうちに、ハタと「やるのはこのキューブじゃない!」と気づく。 ReplyRetweetFavorite
    • 深い深い迷いの森に入ってしまった。果たして出られるのか? ReplyRetweetFavorite
    • RT : 弊社刊の『世界の辺境とハードボイルド室町時代』(高野秀行、清水克行)がAERAdot.で紹介されました。 9/5(火)には、高野秀行さんの『語学の天才まで1億光年』も発売されます。 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年8月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑