*

ハチャメチャな宴

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


探検部の大先輩である関野吉晴さん(一ツ橋大探検部OB)に「望月さんと一緒に飯食わないか」と誘われ、渋谷に出かけた。
望月さんは東京農大出身で、探検部ではないが、ひじょうにつながりが強い。
四万十の山田先輩のさらに先輩筋にあたる。
私は15年前、ワ州から帰ったばかりのとき、望月さん宅を訪ねて、「アヘン王国」の売り込みを手伝ってほしいと頼んだことがある。
この人はもう天衣無縫というしかない。
60年代に農大を卒業後、単身デンマークに渡り、デンマーク王立芸術アカデミーで7年、
建築とランドスケープアーキテクチャーを学んだ。
ランドスケープアーキテクチャーとは「景観構築」とでも訳すんだろうか。
日本では「造園学」に入るみたいだが、都市計画や環境保全まで含んだ総合的な設計だという。
望月さんの恩師はシドニーのオペラハウスをつくった建築家だそうだ。
日本では夢の島にある熱帯植物園をつくったり、あと凄いのは、サダム・フセインに頼まれ、
バグダッドに「革命記念広場」を作ったことだろう(写真)
前に会ったときは国立にある望月さんの家でそんな話をきいたのだが、
それが超オンボロの長屋だった。
あまりに時代の先端を行き過ぎて日本では評価されてなかったのだ。
しかし望月さんはそんな俗世間の評価やカネのあるなしなど一切頓着しない人で、
私のアヘン話をきいて「最高だよ」と喜んでいた。
それから十数年たち、やっと望月さんもそれなりに評価されるようになって、
現在は武蔵野美術大学の教授で、関野さんの同僚だ。
関野さんはグレートジャーニーでしょっちゅう日本にいないから
その間、望月さんが代講をするという。
ちなみに関野さんの講義は「文化人類学」で、どうして望月さんが代講できるんですかときいたら、「いいんだよ、面白けりゃ何だってさ。わっはっは」と呵呵大笑。
世界を又にかけた二人の豪快かつハチャメチャな話で盛り上がっていたとき、
突然、望月さんが隣にいたサラリーマン風の親子連れに声をかけた。
「あ、福岡さん!」
なんと、名著『生物と無生物の間』(講談社学芸新書)の著者、福岡伸一さんだった。
望月さんは何かの出版パーティで福岡さんと会ったことがあるらしいが、
福岡さんは憶えておらず、きょとんとしていた。
でも福岡さんはすごくいい人なので、なぜか四人でビールで乾杯するというわかのわからない夜なのだった。

関連記事

no image

酒浸りなのかと言われても…

私の数ある悩みの一つは、初対面の人に「これが私の書いた本です」とさっと渡せるような本が一冊もないこと

記事を読む

no image

熟成

「クロワッサン」という雑誌が届いた。 『放っておいても明日は来る』(本の雑誌社)で著者インタビュー

記事を読む

no image

ペルシア猫を誰も知らない

イランのクルド人監督バフマン・ゴバディの『ペルシア猫を誰も知らない』を渋谷ユーロスペースで見た。

記事を読む

no image

他人ごとなら面白いが

「本の雑誌」今月号が届いた。 特集は「この妻がすごい」。 小説、ノンフィクションを問わず、本に出て

記事を読む

no image

プロ幹事・タマキング

最近「外出作家」という肩書きになった宮田珠己ことタマキングに誘われ、 彼の友だち二名と一緒に群馬の水

記事を読む

no image

今月のエンタメノンフ文芸部はすごい

今月は宮田珠己部長の「日本全国津々うりゃうりゃ」(廣済堂出版)と 内澤旬子副部長の「飼い喰い」(岩波

記事を読む

no image

野宿イベント

昔、上海の安宿で若い日本人旅行者に会ったことがある。 「前にどこかで会いましたよね?」と彼は言うが、

記事を読む

no image

なぜかマレーシア

明日からマレーシアへ一週間ばかり行くことになった。 今、なぜマレーシアなのか?と思われるかもしれない

記事を読む

no image

我が言い訳

昨日、なんと今月5度目の神楽坂詣で。 やっと「移民の宴」4回目の取材が終わった。 明後日までに原稿を

記事を読む

no image

英雄の葬儀

 先日、私がチェンマイに見舞いに行ったシャン人の長老セン・スック(別名クン・チャ・ヌー)が亡くなっ

記事を読む

Comment

  1. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    凄すぎるメンツ…でも一番面白いのはタカノさん。

  2. LP より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.2.6) Gecko/20100625 Firefox/3.6.6 ( .NET CLR 3.5.30729)
    福島さんなら顔は分かるが、高野さんの先輩となぜつながりがあるのか理解できない。

  3. まがお より:

    AGENT: KDDI-SN3E UP.Browser/6.2.0.13.2 (GUI) MMP/2.0
    ・・・る、類友ってやつですね。何と羨ましくも濃密な。

  4. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.3 (KHTML, like Gecko) Chrome/6.0.472.62 Safari/534.3
    昨日、途中まで書いて外に出かけたのですが、
    知らないうちに「送信」を押してしまっていたようです。
    今ちゃんと書き直しました。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 高野秀行著「謎のアジア納豆」を早速購入しました。 1ページ目からミャンマー北部のカチン独立軍という反政府ゲリラの協力を得て、中国からインド国境を目指していると、ジャングルの村で出されたご飯がまさかの納豆卵かけご飯で…というトンデモナイ出だしでワクワクが… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉」高野秀行(新潮社) ついに文庫化です!UMAを求め世界各地を巡ってきた高野さんが、今度は未知の納豆を求めてアジアを巡ります。納豆?と思うかもしれませんが世界には未確認納豆が溢れています。高野さんにしか書… ReplyRetweetFavorite
    • RT : おはようございます、紀伊國屋書店ゆめタウン廿日市店です。 本日は が入荷しています。 R‐18文学賞読者賞受賞作『1ミリの後悔もない、はずがない』、一木けいさん、ぜひ今押さえておきたい作家さんです。 高野秀… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行氏の『謎のアジア納豆』は物凄く面白い本なので、沢山の人に読んでみて欲しい>RT 日本に暮らしている or 最近日本に来た外国人に「納豆は食べられる?」とニヤニヤしながら質問したことがある多くの日本人にとって、目から鱗が百枚くらいこ… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【新刊】『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』高野秀行(新潮文庫)辺境作家が目指した未知の大陸、それは納豆だった。山奥のジャングルで出会った納豆ご飯、ぱりぱりと割れるせんべい納豆、日本の究極の納豆…知的好奇心あふれるノンフィクション。… ReplyRetweetFavorite
    • RT : テレワークで自宅にいたり、衣替えも迫り、すっかりスーツを着たり、目にする機会がなくスーツ好きには残念な日々ですが、そんな不満を内澤旬子さんの『着せる女』を読んで解消しましょう! 宮田珠己さんや高野秀行さんのビフォーアフターの写真も収録!… ReplyRetweetFavorite
    • RT : ソマリランドの次はえっ?!納豆?!と驚いた高野秀行さんの『謎のアジア納豆』が文庫化されましたよー!新潮文庫です! https://t.co/WQ9LwokyCJ ReplyRetweetFavorite
  • 2020年5月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑