*

ハチャメチャな宴

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


探検部の大先輩である関野吉晴さん(一ツ橋大探検部OB)に「望月さんと一緒に飯食わないか」と誘われ、渋谷に出かけた。
望月さんは東京農大出身で、探検部ではないが、ひじょうにつながりが強い。
四万十の山田先輩のさらに先輩筋にあたる。
私は15年前、ワ州から帰ったばかりのとき、望月さん宅を訪ねて、「アヘン王国」の売り込みを手伝ってほしいと頼んだことがある。
この人はもう天衣無縫というしかない。
60年代に農大を卒業後、単身デンマークに渡り、デンマーク王立芸術アカデミーで7年、
建築とランドスケープアーキテクチャーを学んだ。
ランドスケープアーキテクチャーとは「景観構築」とでも訳すんだろうか。
日本では「造園学」に入るみたいだが、都市計画や環境保全まで含んだ総合的な設計だという。
望月さんの恩師はシドニーのオペラハウスをつくった建築家だそうだ。
日本では夢の島にある熱帯植物園をつくったり、あと凄いのは、サダム・フセインに頼まれ、
バグダッドに「革命記念広場」を作ったことだろう(写真)
前に会ったときは国立にある望月さんの家でそんな話をきいたのだが、
それが超オンボロの長屋だった。
あまりに時代の先端を行き過ぎて日本では評価されてなかったのだ。
しかし望月さんはそんな俗世間の評価やカネのあるなしなど一切頓着しない人で、
私のアヘン話をきいて「最高だよ」と喜んでいた。
それから十数年たち、やっと望月さんもそれなりに評価されるようになって、
現在は武蔵野美術大学の教授で、関野さんの同僚だ。
関野さんはグレートジャーニーでしょっちゅう日本にいないから
その間、望月さんが代講をするという。
ちなみに関野さんの講義は「文化人類学」で、どうして望月さんが代講できるんですかときいたら、「いいんだよ、面白けりゃ何だってさ。わっはっは」と呵呵大笑。
世界を又にかけた二人の豪快かつハチャメチャな話で盛り上がっていたとき、
突然、望月さんが隣にいたサラリーマン風の親子連れに声をかけた。
「あ、福岡さん!」
なんと、名著『生物と無生物の間』(講談社学芸新書)の著者、福岡伸一さんだった。
望月さんは何かの出版パーティで福岡さんと会ったことがあるらしいが、
福岡さんは憶えておらず、きょとんとしていた。
でも福岡さんはすごくいい人なので、なぜか四人でビールで乾杯するというわかのわからない夜なのだった。

関連記事

no image

ディアスポラ

エンタメ・ノンフ作家は彷徨うことが宿命づけられている。 本人もそうだが、著書はもっと。 書店に棚がな

記事を読む

no image

大藪春彦賞受賞パーティ

平山夢明さんが『ダイナー』(ポプラ社)で大藪春彦賞を受賞し、 私と妻も受賞パーティにお招きいただい

記事を読む

no image

マンセームー脳人間、読書界へ進出!

学研「ムー」的なものに脳が染まってフリーズしてしまうという恐ろしい状態、 それが「慢性ムー脳人間」。

記事を読む

no image

発売が楽しみ?

『シワ夢』文庫版を出しても、少なくとも女性読者は4人残ってくれることが コメントから判明した。 そ

記事を読む

no image

Shuto ni modoru

3shukan buri ni shuto no Thimphu ni modotte kita.

記事を読む

no image

小橋ファン、誕生!

暴れん坊の甥っ子(小1)がうちに遊びに来たので、プロレスのDVDを見せてやる。 数年前の三沢光晴V

記事を読む

no image

「ムー」9月号ミラクル対談

不本意ながら「レジャー」を楽しんだと昨日書いたが、 もっと不本意なことに体のあちこちが筋肉痛になっ

記事を読む

no image

帰国してからあまり読書欲がわかない。 読み出しては途中で飽きる、を繰り返していたが、 開高健『片隅の

記事を読む

no image

災害対策マニュアル(1)「ヘッドライト」

高野秀行の災害対策マニュアル(1)「ヘッドライト」  昨年、新潟中越地震が起きたあと、私はいつになく

記事を読む

no image

小島よしおとマッスル板井

 無料出張上映会は好評で、すでに10月末に1件、11月にも3件も依頼が入ってしまった。  まあ、人気

記事を読む

Comment

  1. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    凄すぎるメンツ…でも一番面白いのはタカノさん。

  2. LP より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.2.6) Gecko/20100625 Firefox/3.6.6 ( .NET CLR 3.5.30729)
    福島さんなら顔は分かるが、高野さんの先輩となぜつながりがあるのか理解できない。

  3. まがお より:

    AGENT: KDDI-SN3E UP.Browser/6.2.0.13.2 (GUI) MMP/2.0
    ・・・る、類友ってやつですね。何と羨ましくも濃密な。

  4. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.3 (KHTML, like Gecko) Chrome/6.0.472.62 Safari/534.3
    昨日、途中まで書いて外に出かけたのですが、
    知らないうちに「送信」を押してしまっていたようです。
    今ちゃんと書き直しました。

高野秀行 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ようやく迷いの森から脱出した。今回ばかりは無理かと思ったけど、出られるときは出られるのだ。でもまだ終わりではない。目的地まで気を緩めず、しっかり歩まねば。くれぐれも途中で飲んだくれたりしないように。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんの『イスラム飲酒紀行』がKindleで188円になってるよお。 私はお酒飲まないので「そこまでして飲むの?」という想いと、タイトルの矛盾通りの「イスラム圏ってお酒ダメじゃなかったの⁉︎」という驚きがあった本。(昔読んだ記憶を掘り… ReplyRetweetFavorite
    • ちなみに、迷いの森からの脱出方法は不明。いつも、あるときふと原稿が書けてしまう。でもその「あるとき」がいつやって来るのかは全く読めない。1時間後なのか1週間後なのかも。 https://t.co/dGG5k7ZXca ReplyRetweetFavorite
    • 近くを見渡すと別のキューブがあり、「こっちだったのか!」と慌ててそれに取りかかるがやっぱり色を合わせることができず、ウンウン唸るうちに「俺がやるべきなのはルービックキューブじゃない!」と気づき、突然自分が密林の真っ只中に迷い込んで… https://t.co/J7Eufq3qUN ReplyRetweetFavorite
    • 私が原稿を書くのはルービックキューブをやるのに似ている。最初は「2回ぐらい回転させればできそう」と思い、トライするのだが、意外とできず、「もしかしたらけっこう難しいのかも」と思い直す。さらに悪戦苦闘を続けるうちに、ハタと「やるのはこのキューブじゃない!」と気づく。 ReplyRetweetFavorite
    • 深い深い迷いの森に入ってしまった。果たして出られるのか? ReplyRetweetFavorite
    • RT : 弊社刊の『世界の辺境とハードボイルド室町時代』(高野秀行、清水克行)がAERAdot.で紹介されました。 9/5(火)には、高野秀行さんの『語学の天才まで1億光年』も発売されます。 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年8月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑