*

ニムラの時代到来&ツバルは沈まない

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

本日(9月21日)朝日新聞の朝刊11面にて、「明日来る」のトップバッターにして
私をブータンに送り込んだ二村聡さんとその会社ニムラ・ジェネティック・ソリューションズが
生物多様性会議に関する特集の一環として大きく取り上げられている。
ていうか、「ニムラ」の特集みたいだ。
ニムラの公式アドバイザーである私もたいへん嬉しい。
二村さんもいよいよメジャーになってきた。
今月末から来月初めにかけて、あちこちの新聞・雑誌に出るらしい。
来週28日にはテレビ東京のワールドビジネスサテライトにも登場するという。
ファンはお見逃しなく!
       ☆        ☆         ☆
ところで、その二村さんに教えてもらったのだが、
南太平洋にあって温暖化で沈むことで有名なツバルが実は「沈まない」らしい。
オセアニア地域研究の専門家で農業経済学博士である小林泉・大阪学院大学教授は
「ツバル問題と海面上昇とは当面無関係」と断言している。
http://monden.daa.jp/01tuvalu/guest03a.html
実際の問題は、人口増とツバルの経済状況の悪化。
それで2002年、当時の首相がおそらく先進国の環境派弁護士に入れ知恵されて
「ツバルは温暖化で沈むので環境難民として認めてほしい」と国連に訴え、
それをマスコミがろくに確かめもせずに報道しまくり、
いまや世界の常識にまでなってしまったということらしい。
私は前からツバルに行ってみたいと思っていたので、
最近では最も驚くニュースだ。
私が先日行った早稲田での生物多様性シンポジウムでなぜか登場した女性映画監督は
ツバル沈没をメインの一つにしたドキュメンタリー映画をとり、その話をしていたが、
彼女も騙されていたということか。
そしてその映画がまた他の人たちを騙すということになるのか。
そういえばヒマラヤの氷河が2035年までに溶けるというのも間違いだったという。
エコロジーの話は嘘だらけで何を信じていいかわからなくなりそうだが、
そういうときは現地をよく知る人の話に耳を傾けるしかない。

関連記事

no image

頑張れ、ミャンマーの柳生一族!

 困ったことになった。  ミャンマー情勢である。  私は「小説すばる」誌で「ミャンマーの柳生一族」と

記事を読む

no image

銀河ヒッチハイク・ガイド

 「しばらく新刊を断ち、家にある未読の本を読もう」という“新刊ラマダン”をやっていたが、実はユーフ

記事を読む

no image

アスクル人、カンヌを制す!?

『アスクル』に登場している沖縄の映画プロデューサーの井手君が上京、またうちに泊まっている。 毎晩、真

記事を読む

no image

なぜ知っているのか

渋谷で、メディアファクトリーの担当Nさんと打ち上げ。 Nさんによれば、『間違う力』は社内ではたいへん

記事を読む

no image

角幡唯介はノンフィクション界の村上龍

昨日は東北から帰った直後だったせいか、いつになく「正論」を述べてしまった。 現地に一週間ほど行って「

記事を読む

no image

FUTONと焼酎

事情があって中島京子の作品を読み返しているが、 『FUTON』(講談社文庫)はあらためて素晴らしい

記事を読む

no image

僕が、落語を変える

私は自分のことを「文芸人」だと思っている。 文章を芸とする芸人であるという自覚だ。 だから、「芸人

記事を読む

no image

「未来国家ブータン」本日発売

都内の一部ではすでに発売しているらしいが、正式には本日が「未来国家ブータン」(集英社)の発売日であ

記事を読む

no image

風呂と泥酔でリフレッシュを!

ヤマザキマリの傑作風呂漫画『テルマエ・ロマエ3』(ビームコミックス)を読んだ。 第1巻には爆笑し、

記事を読む

no image

タイ国外退去!?

ネット書店「アマゾン」で自著の売上げを見ていたが、「極楽タイ暮らし」のところで、こんなレビューを発

記事を読む

Comment

  1. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    >ファンはお見逃しなく
    僕のファンはいないでしょうから、
    高野ファンの皆さま、よろしくお願いします。

  2. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_8; ja-jp) AppleWebKit/533.18.1 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.2 Safari/533.18.5
    いや、僕はれっきとした二村さんファンです。
    二村さんがこれから救う世界の大きさを信じて疑わない一人です。

  3. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    高野さん 先ほど連絡がありまして、
    今日の予告にもちらりと登場するそうです。
    自分はマレーシアで見られないのですが…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑