*

もう一つのキンシャサの奇跡

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


映画「ベンダ・ビリリ もう一つのキンシャサの奇跡」を渋谷のイメージフォーラムで見た。
もう一つのキンシャサの奇跡といっても、そもそもキンシャサの奇跡自体を知らない人が多いだろう。
前にもこのブログでも書いたかもしれないが、1974年、ザイール(現・コンゴ民主共和国)の
キンシャサで、モハメド・アリとジョージ・フォアマンが対戦、
全盛期をとっくに過ぎていたと思われていたアリが、若くてものすごいハードパンチャーのチャンピオン、フォアマンに勝てるわけがないと言われ、
実際に8R途中まで圧倒的にフォアマンが優勢だったところを、アリが大逆転でKO勝利を収めた。
今ユーチューブで見ても、信じがたい逆転劇だ。
http://www.youtube.com/watch?v=doM5CblaXto&feature=related
ちなみに、このときコンゴ人の観客がアリに「アリ、ボマ・イェ!(アリ、やっちまえ)!」とリンガラ語で声援を送ったところから、それが訛って、
「アリ、ボンバイエ!」と連呼する曲が作られた。
それがアントニオ猪木に寄贈され(と言われている)、テーマ曲として使われることとなった。
それがおなじみ、「イノキ、ボンバイエ!」の「炎のファイター」だ。
(さらに余談だが、新日本の中邑真輔の得意技「ボマイエ」も同じ意味である)
で、それから30年あまり。
名前もコンゴに変わり(というか戻り)、エンドレスにつづく内戦で疲弊しきったキンシャサの町には路上生活者があふれている。
その中で、体が不自由でかつ路上生活をしているという人たちが中心になってつくったバンドがベンダ・ビリリ。
路上で演奏していたところをフランス人映画監督に見いだされ、
初CD録音からヨーロッパ演奏ツアー、世界で大人気!という「奇跡」に遭遇した。
その一部始終を記録したものだ。
…と、蘊蓄を傾けて淡々と書いてきたが、実は私はあまりに懐かしくて
映画が始まる前、ベンダ・ビリリの音楽が流れてきたときに、もう目がうるうるしてしまった。
こてこてのリンガラ・ミュージックだったからだ。
映画がはじまって、キンシャサの町が写れば懐かしさが募るばかり。
20年たっているが、大した変化は見られない。
車はさすがに新しくなっているが、建物はかえってぼろくなっているくらいか。
だから正直言って、客観的にどうかわからないが、
ほんとうに出てくる人たちの顔と音楽がいい。
ブエナ・ビスタ・ソシアルクラブやノースモーキングオーケストラ級だ。
実はこの日、私はちょっとめげることがあったのだが、
そんなの全然大したことがないと元気づけられた。
コンゴに無縁な内澤旬子副部長の大絶賛していたから、たぶん誰が見てもいいんだろう。
http://kemonomici.exblog.jp/
これから全国で上映されるらしいし、ベンダ・ビリリのバンドが10月には来日公演するというから、とにかく是非見に行ってほしい。
詳しくは以下をご覧ください。
http://bendabilili.jp/movie/

関連記事

no image

狂言

国立能楽堂で行われた「春狂言2009」を観にいく。 と言ったら意外に思われるかもしれないが、 狂言く

記事を読む

no image

マンセームー脳人間、読書界へ進出!

学研「ムー」的なものに脳が染まってフリーズしてしまうという恐ろしい状態、 それが「慢性ムー脳人間」。

記事を読む

no image

寒波と猛暑

フランスに亡命したルワンダ人の友人のところに母国から家族が到着した。 奥さんと娘が移住を認められたの

記事を読む

no image

V字に向けて

後手後手になってしまっているが、2月20日ジュンク堂書店での 「エンタメノンフ三銃士トークショー」は

記事を読む

no image

Bhutan ni tsuita

Ottoi Bhutan ni tsuita. Sono hi wa hareteite yokat

記事を読む

no image

トルコで未確認物体を目撃&撮影

昨夜、トルコより帰国した。 すでにお伝えしたように、トルコのワン湖での取材中に、奇妙な物体を目撃、ビ

記事を読む

no image

女帝の出版記念パーティ

滅多に人の出版記念パーティには行かない(呼ばれないともいえる)のだが、 土曜日は特別。 「日本ビル

記事を読む

no image

大脱出記を生かすも殺すも表現次第

なぜかよくわからないが、小説では「表現」や「いかに書かれているか」が問題とされるのに、 ノンフィク

記事を読む

no image

完璧な探検記

 わけあって、今さらながらアルフレッド・ランシング著『エンデュアランス号漂流』(新潮文庫)を読んだ

記事を読む

no image

アマゾンの謎

 「極楽タイ暮らし」が手元になくなってしまった。  この本は一般書店では入手しにくいので、ネット書

記事を読む

Comment

  1. fuugo より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.2.10) Gecko/20100914 Firefox/3.6.10 ( .NET CLR 3.5.30729)
    ベンダ・ビリリの映画予告編を見て、CDの試聴をしました。ああ、ライブで見ないと(聞かないと)良さが伝わらないバンドなんだな、という印象でした。
    来月、映画とライブにいってみたいと思います。
    正直にいって、Boowyのライブに行った後、初のアルバムを聞いたくらい落差があって驚きました(笑

  2. Lehman Packer より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/534.3 (KHTML, like Gecko) Chrome/6.0.472.63 Safari/534.3
    コンボのオーケストラ「Kinshasa Symphony」というのもあるそうです。
    下は独「シュピーゲル」の記事。
    http://www.spiegel.de/fotostrecke/fotostrecke-59744.html
    これも映画化されており、下は予告編のユーチューブです。
    http://www.youtube.com/watch?v=_vTk0XsgZV4
    僕はベンダ・ビリリの方が好きかな。

  3. LP より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/534.3 (KHTML, like Gecko) Chrome/6.0.472.63 Safari/534.3
    間違えました。コンボじゃなくてコンゴです。

  4. ぶあ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
    遅ればせながらベンダ・ビリリ観ました!
    内澤副部長同様泣きっぱなしでしたが、映画館を出るときは晴れ晴れとした気持ちになりました。
    もっとちゃんとこの記事を読んでいれば、三鷹のライブも行きたかった…。
    吉祥寺のサンロード(商店街)ではかなりの音量で彼らの音楽が流れてます!
    サラ・モサラーゆうてます。笑っちゃいました。

ぶあ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年4月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑