*

おっぱいとトラクター

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


家に本があふれ出し、また本棚を買うか、古い本を処分するか、
あるいは「居間に本を置いてはダメか」と妻に交渉するかしないといけないと思っていたのだが、
よくよく見ると、読んでいない本がたくさんある。
読むべき本がたくさんあるのに、新しい本をじゃんじゃん買うからこういうことになるのだ。
「俺が買わずに誰が本を買うのか」なんていう使命感も手伝って、無闇に本を買うからだ。
ここは一つ心を鬼にして、今年はもう本を買うのをやめようと決意した。
今うちにある未読の本だけで十分過ごせるはずだ。
そう決意して本棚を眺めると、あら、不思議。
未読の本はみんな面白そうなのだ。
私好みの本ばかりだ。
そりゃそうだよな。
自分が読みたくて買ったんだから。
で、最初にマリーナ・レヴィツカ『おっぱいとトラクター』(集英社文庫)を引っ張り出して読んだら、これがもう大傑作でぶったまげてしまった。
妻を亡くして2年という84歳のじいさんが、ウクライナから来た36歳、バツイチ巨乳女にたぶらかされて結婚すると言いだし、不仲だった二人の娘が一致団結してそれを阻止しようとするというイギリスの話。
軽いコメディかと思えば全然ちがう。
恋愛、移民問題、老人虐待、そして旧ソ連、そしてウクライナの暗く、重い歴史が二重、三重、四重にかさなっていく。
しかも、これは七割方、著者の体験談らしい。
でもノリは常に軽快。エンタメノンフのよう。
84歳のじいさん自身、実は1910年代ウクライナ生まれ。
赤軍と白軍が内戦を繰り広げているときだ。
これは佐藤亜紀の傑作『ミノタウロス』(講談社)の舞台そのままで、
つまり本書は『ミノタウロス』の超・後日談としても読める。
在庫一掃読書は幸先がいいぞ!

関連記事

no image

驚愕必至!

「おとなの週末」5月号が発売された。 この雑誌は実に読み応えがあるのだが、私がいちばん気に入ってい

記事を読む

no image

炎のドトール執筆日誌

「もうダメだ!」と叫んで家を出たのが去年の夏だった。 原因はインターネット。 常時接続なので、原稿を

記事を読む

no image

南米からの便り

 実家の母から「あんた宛に外国から手紙が届いている」と電話が来た。 八王子の実家を知っているという

記事を読む

no image

アブディン作家化大作戦

mixiのトークイベントの翌日、私もただ二日酔いでうなっていたわけでもなくて スーダンの魔術師(?)

記事を読む

no image

「同志」タマキンさんに会う!

宮田珠己ことタマキング(逆か)と会う。 タマキンさんの『52%調子のいい旅』が幻冬舎文庫から出ること

記事を読む

no image

『謎の独立国家ソマリランド』PVはこちらで

昨日、朝日新聞の書評欄で『謎の独立国家ソマリランド』(本の雑誌社)が取り上げられた。 しかも、なん

記事を読む

no image

「自分の枠」と「屠畜感覚」

先日コダックフォトサロンで行った角田光代さんとの対談が 講談社の文庫情報誌「IN☆POCKET」に掲

記事を読む

no image

世にも奇妙なマラソン大会

帰国した。大人の遠足はなかなかにハードだったが、想像以上に充実していた。 今回私が参加したサハラ・

記事を読む

no image

アマゾンの謎

 「極楽タイ暮らし」が手元になくなってしまった。  この本は一般書店では入手しにくいので、ネット書

記事を読む

no image

いわゆる「エア取材」

咳がひどいため医者に行ったところ、「咳喘息」と診断された。 私は小学生の頃喘息でひじょうに苦しんだ

記事を読む

Comment

  1. 天野 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB720; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.648; .NET CLR 3.5.21022; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 1.1.4322; YJSG3) chromeframe/6.0.472.63
    居間に本を置き始めると、止まることなく本が増殖するのでご注意下さい。

  2. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    まだまだ新しい本との出会いが待っているのです。読み終わって再読しない本は売り払いましょう。その代金で「謎の探検家・菅野力夫」を手に入れて見ては如何でしょう?戦前の忘れられた探検家が再発見される過程を描いており、何より写真が面白い。オススメの一冊です。

  3. Lehman Packer より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/534.3 (KHTML, like Gecko) Chrome/6.0.472.63 Safari/534.3
     本の雑誌 杉江さんの「炎の営業日誌」で「黒檀」をポチってから、このブログで「おっぱいとトラクター」をポチろうと思いましたら出来ませんでした。
     
     せっかく毎日のように書評を書かれてるのですから、自分の作品だけでなく全部アフィリにした方がよろしくないでしょうか?
     読者の手間も省けますし。

  4. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.3 (KHTML, like Gecko) Chrome/6.0.472.63 Safari/534.3
    アフィリ?
    新しい用語ですねー。

Lehman Packer にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : みなさん、納豆、お好きですか? ミャンマーの奥地で偶然出会った「納豆卵かけごはん」に衝撃をうけ、アジアの納豆文化を求めて彷徨う旅人は『辺境メシ』の高野さん! 『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』(高野秀行著 新潮文庫) ht… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆」のとなりに、コッソリと「くさいはうまい」(角川ソフィア文庫)を並べるともう臭いプンプン新刊台に♪ ReplyRetweetFavorite
    • 坂野さん、今回も素敵な装幀をどうもありがとうございました!! https://t.co/C6Q6VmjeUo ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行著「謎のアジア納豆」を早速購入しました。 1ページ目からミャンマー北部のカチン独立軍という反政府ゲリラの協力を得て、中国からインド国境を目指していると、ジャングルの村で出されたご飯がまさかの納豆卵かけご飯で…というトンデモナイ出だしでワクワクが… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉」高野秀行(新潮社) ついに文庫化です!UMAを求め世界各地を巡ってきた高野さんが、今度は未知の納豆を求めてアジアを巡ります。納豆?と思うかもしれませんが世界には未確認納豆が溢れています。高野さんにしか書… ReplyRetweetFavorite
    • RT : おはようございます、紀伊國屋書店ゆめタウン廿日市店です。 本日は が入荷しています。 R‐18文学賞読者賞受賞作『1ミリの後悔もない、はずがない』、一木けいさん、ぜひ今押さえておきたい作家さんです。 高野秀… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行氏の『謎のアジア納豆』は物凄く面白い本なので、沢山の人に読んでみて欲しい>RT 日本に暮らしている or 最近日本に来た外国人に「納豆は食べられる?」とニヤニヤしながら質問したことがある多くの日本人にとって、目から鱗が百枚くらいこ… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年6月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑