*

ついに「増刷童貞」が破られる

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


 日本帰国後に知ったニュースの第二弾。
 ついにというか、やっとというか、私の「増刷童貞」が破られた。
 私を「男」にした(?)のは、高野本に異常な熱意を傾けてくれている集英社文庫ではなく、意外にも大穴の『極楽タイ暮らし』であった。
 この本は書店ではまず目にすることはないが、アマゾン・ドット・コムでは常に高い売り上げ順位をキープしていた。アマゾン書店でのみ、売り切ったといってもいいだろう。
 自著の増刷は悲願であったが、いったんそれが叶うと、「うーん、別に大したことないな」というのが正直な感想だ。
 そして、それは比喩でなく、私が初めて「男」になったときにも思ったことでもある。
 結論。比喩でない童貞破りも、増刷童貞破りも、それが目標ではなく、スタート地点にすぎないということだ。
 今頃、ずいぶんつまらないことに気づいたものである。

関連記事

no image

『怪獣記』本日発売

本日、『怪獣記』(講談社文庫)発売。 見所は森清の単行本未収録(もしくは単行本時にはモノクロだった)

記事を読む

no image

ふがいない僕は空を見た

窪美澄(くぼ・みすみ)『ふがいない僕は空を見た』(新潮社)を読む。 最初の「ミクマリ」という短篇で

記事を読む

no image

ソマリランドをラクダで探検する

来年の今頃、ソマリランドとプントランドの国境地帯をラクダで旅しようと思っている。 ピラミッドみたい

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフ・インタビュー

最近、加速的に「エンタメ・ノンフィクション」の普及が進んでいる。 今度は、「図書新聞」でインタビュー

記事を読む

no image

人生の内定がとれてないアナタに

 内澤副部長の名作ポップはコレ。  副部長の漫画イラストなんて見たことがない。お宝ものだ。  ス

記事を読む

no image

意識が

「婦人公論」の書評コーナーでインタビューを受ける。 本を出すたびに、こういうふうに反響がくるのはあ

記事を読む

no image

ベトナムより帰国

ベトナムより帰国した。 謎の猿人フイハイ(フイホアイ)を探しに行ったのだが、例によって現地は思いがけ

記事を読む

no image

新刊入荷『青春の門』

今日も外出。 といっても毎日、最終的にはワセダの「野々村荘」に落ち着く。 これは外出ではなく、アパー

記事を読む

no image

『メモリークエスト』本日発売

まずはお知らせ。 『メモリークエスト』(幻冬舎文庫)、いよいよ本日発売です。 アマゾンや地方では明

記事を読む

no image

今月のエンタメノンフ文芸部はすごい

今月は宮田珠己部長の「日本全国津々うりゃうりゃ」(廣済堂出版)と 内澤旬子副部長の「飼い喰い」(岩波

記事を読む

Comment

  1. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    おー!おめでとう!!
    今年の辺境映像祭も「高野秀行フェア」状態ですなー。

  2. さるら より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    増刷童貞破りおめでとーございます。
    ボクの『極楽タイ暮らし』は中古本で買ったので(すんません)、改めて買い直しますわん。

  3. のなか悟空 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    そりゃ良かった!ほんにメデタイ!

  4. きたしろ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)
    『極楽タイ暮らし』まだ読んでないから次に読んでみます。
    はじめて書きこみます。最近、高野さんの本読み始めたばっかりで、
    今は「幻獣ムベンベを追え」を読んでます。この間、「ワセダ三畳
    青春期」読み終わって、なんだか切ない感じが心地良かった。
    無事帰国良かったですね。また本に書いてください。

  5. エダ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    おめでとうございますと言いたいところですが、
    「ワセダ三畳」が増刷されていないことに納得できません。
    ものすごく勝手なことを言わさせていただきますが、
    高野氏の著作がちくま文庫で発刊されていたら全著作が
    ロングセラーで増刷を重ねるのではないかと思います。
    でも「極楽タイ」と「異国トーキョー」はちくま向けではないですね。
    (ごめんなさい集英社さん。高野本をありがとうございます)

  6. スギヤマ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    高野さん
    ご無沙汰しております。
    探検部の杉山です。
    帰ってきたとたん、
    漫画化決定に、"童貞”卒業と、
    慶事続きでおめでとうございます。
    だいぶお疲れと聞いてますんで、
    とりあえず、ゆっくりお休みください。

  7. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    私事ですが、僕も自作曲の楽譜「風わたる」が増刷されることになりました。僕にとっては、「お琴のおけいこ判 となりのトトロ」以来の増刷で、自作曲としては、初です。
    Yoshiさんと作曲し、渡が指揮を務めた初演から14年。
    うれしい限りです。初演のメンバー、再演の「むつのを」のメンバーに心から感謝。

スギヤマ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年3月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑