*

花のズボラ飯

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


久住昌之原作、水沢悦子画『花のズボラ飯』(秋田書店)を読む。
グルメ漫画を読んで、共感したのも初めてなら、料理が作りたくなったのも初めてである。
とにかく主人公の主婦「はな」はいい加減で、てきとうで、
賞味期限のとっくに切れためんつゆを器にどぼどぼ注ぎながら、
「ブルゴーニュ産「めんつゆ」でございます。って、何年モノだよ…」とつぶやくところに
共感を得られる人なら是非読みましょう。
     ☆         ☆        ☆
大久保のモンゴル料理屋で羊一頭を丸ごと食べるという宴会に誘われて行く。
出版関係者が50人も集まっていたが、それを強引なモンゴル人のオーナーがびしびし仕切り、客に酒を飲ませたり、歌をうたわせたり(「豊崎社長」もどこかの校歌を歌っていた)、モンゴル相撲をやらせたり、
負けたほうを罰ゲームで裸で外に追い出したりして(これは紀伊國屋の係長)、羊よりそっちのほうがよほどインパクトがあった。
(写真:羊肉の塊を切るわたし)

関連記事

no image

ヴォイニッチ写本の謎

エンタメノンフフェアで買い込んだ本を読んでいて仕事にならない。 佐藤あつ子『もう一度会いたい 思い

記事を読む

no image

電話で追及される

ルワンダ人の友人、カレラから電話がかかってきた。 以前、私が環境NGOを手伝っていたとき、ルワンダの

記事を読む

no image

漂流するトルコ

小島剛一『漂流するトルコ』(旅行人)をついに読んだ。 もともとは私が小島先生に「(名著『トルコもう

記事を読む

no image

トルコの飲酒史

トルコ通風来坊の末澤の紹介で、16世紀オスマン朝の文化・経済を研究している気鋭の研究者Sさんと一杯や

記事を読む

no image

私の名は「ヒダヤットゥラー高野」

昨日のカロメに続き、連日のサプライズである。  数日前、在日外国人関係の取材で、在日パキスタン協会の

記事を読む

no image

間違えてしまった…

「ミャンマーの柳生一族」が予想以上に好評だ。 あんなトンチキな本、誰が読むんだろうと他人事のように思

記事を読む

no image

自民党総裁選と「プリンセス・マサコ」

探検部のだいぶ上の先輩に連れられ、有楽町の「外国人記者クラブ」というところに行く。 読んで字のごとく

記事を読む

no image

ソマリランドに行く予定

15日の金曜日から、いよいよソマリランドに行きます。 今年になってから二度、「行く」と宣言しておいて

記事を読む

no image

ハルキ風異国トーキョー

『異国トーキョー漂流記』(集英社文庫)の表紙を変えることになった。 あ、いや、何か問題があったわけじ

記事を読む

no image

謎の怪魚ウモッカ!

突然、魂の叫びを発したところ、いろいろとおもしろそうな「探し物」関連のコメントをいただいた。 その中

記事を読む

Comment

  1. タツ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_6_6; ja-jp) AppleWebKit/533.19.4 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.3 Safari/533.19.4
    「世にも奇妙なマラソン大会」、読みました。
    感想はめちゃくちゃ面白い!です!
    新刊を出す度に面白くなっていきますねー。よく短い話の中にあれだけ笑いを入れられるなーと思います。今作を読んで高野さんの書くフィクションものを読んでみたくなりました!

  2. KOW より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    花のズボラ飯は僕も愛読しています。
    ていうか、それ目当てに、
    エレガンスイブという、おばさん向けの
    漫画雑誌を毎月買っていたりします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑