*

最近の私の動向はこれだ!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

最近、人に「今、何やってるの?」と言われることが多い。
たしかに、最近の私の動向は、自分でもわけがわからなくなるくらい、とりとめがない。
しかも、ふと思い出したのだが、その昔、私には「オフィシャル・サイト」なるものがあった。
今開いて見たら、著作は4年前の「怪獣記」の単行本で止まっているし、
スケジュールやメディアへの登場なども懐かしの世界である。
本来はそこで告知をしていくはずだったのだ。
が、いかんせん私には秘書もマネージャーもおらず、
自分でそんなことやる暇があったら、酒でも飲みながら本を読みたいので
放置してしまった。
当分私が秘書を雇える日は来ないと思うし、たまにはこのブログを使って、私の動向を
探ってみよう。
<現在、連載中>
・月刊「小説すばる」(集英社)にて、ブータンの不思議話を追った「異次元国家ブータン」
・月刊「青春と読書」(集英社)にて、少年小説「ヒーロー参上!」
・月刊「おとなの週末」(講談社)にて、在日外国人の食生活のルポ「移民の宴」
・「月刊日本語」(アルク)にて、言語エッセイ「外国語に泣き、日本語に笑う」
<9月から10月にかけて受けたインタビュー>
・「Number Do」(文藝春秋)でサハラマラソンについて→発売中
・「クロワッサン」(マガジンハウス)で『イスラム飲酒紀行』について(これから発売)
・「愛媛新聞」で、ミャンマー政府軍兵士に殺害された長井健司さんについて(9月に掲載)
<テレビ、ラジオ、トークイベント>
9月21日 22日 宮城と福島にて高校講演会
10月1日 FM NACK5「おとこラジオ」出演
10月28日 NHK-BS 「エル・ムンド」出演
11月2日 8:30 TOKYO FM [BLUE OCEAN」出演
11月5日 大竹聡氏と新宿ジュンク堂にてトークイベント
11月26日 青山学院大学にて講演会
<ソマリ語国際放送・東京支局の活動>
・日本の中古車のアフリカ輸出について取材
・ソマリの海賊(被疑者)が東京地裁で裁判を受けているので、その取材
以上。
無論、この他に「辺境中毒!」(集英社文庫)の刊行とか、イベントや出演の打ち合わせや、取材したりされたりとか、
酒を飲んだり飲まれたりとか、二日酔いだとか三日酔いだろかいろいろある。
おお、なんだか多忙を極めているみたいだ。
ていうか、結局「俺は忙しいんだ」というのをアピールしたくて、ブログにこんなことを書いた気がする。
まあ、そんなわけで、みなさんんおご理解とお許しをお願いするばかりであります。

関連記事

no image

子供がノノさんになっていいのか

杉江さんから「な、な、なんか大変なことになってる!」と まるで銭形平次のところに駆け込んでくる八五郎

記事を読む

no image

美しき日韓問題

講談社ノンフィクション賞を受賞した安田浩一『ネットと愛国』(講談社)を読んだ。 丁寧に取材した

記事を読む

no image

『メモリークエスト』やっと発売

見本ができてからあまりに長い時間がたったので すっかり実感を失ってしまっていたが、 今日(10日)

記事を読む

no image

お礼申し上げます

現在、チェンマイから北へ数十キロ行ったところにあるチェンダオという町のはずれにいる。 巨岩の塊のよ

記事を読む

no image

きっと名人

金曜日の晩に飲みすぎ、土曜日は夕方まで倒れていた。 気持ちわるいまま、なかのゼロホールに行き、柳家三

記事を読む

バングラのセレブ秘密酒宴

昨夜は必死に起きてW杯ドイツ対アルゼンチンを見ていたのだが、ちっとも点が入らず、メッシも活躍しな

記事を読む

no image

熊いじめと阿片チンキ

前々から英語圏に興味がなかったのだが、最近ははっきりと拒否反応を示すようになってきた。 おかげで客

記事を読む

no image

超高級リゾートアイランド

インド洋に浮かぶ超高級リゾートアイランド、セイシェルにいる。 あやうく入国審査にひっかかりそうになっ

記事を読む

no image

白骨になっても大丈夫

先日山形に行ったとき、山形大法医学教室の梅津和夫先生にDNAの検査をしてもらった。 口の中に綿棒を突

記事を読む

no image

もう一人の「高野秀行」と飲む

ついに夢の同姓同名対談(といってもただの飲み会だが)が実現した。 相手は将棋の棋士・高野秀行五段。

記事を読む

Comment

  1. サカモト より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_6_8) AppleWebKit/534.51.22 (KHTML, like Gecko) Version/5.1.1 Safari/534.51.22
    すっかりご無沙汰しております。先週美容院で受け取った「おとなの週末」に高野さんのルポが載っていました。面白かった〜!

  2. バロッテリ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; Trident/4.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C; OfficeLiveConnector.1.3; OfficeLivePatch.0.0; MALC)
    石井光太との対談が見たいです!

  3. UEHARA より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; Trident/4.0; GTB7.1; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C; YTB730)
    『イスラム飲酒紀行』について(これから発売)ではなく、
    「発売中!」です。では? まだ購読してなくすみません。

  4. OT より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; YTB730; GTB7.1; EasyBits GO v1.0; .NET CLR 1.1.4322; YJSG3)
     集英社文庫で11月1日に出た『シャンタラム』は、
    『明日クル』の高野さんのインド奮闘記を思わせます。
     なんかオーストラリアの脱獄囚で、ボンベイに逃げて、
    スラムで無料・無資格診療所を開いて、それからマフィア
    になって、アフガン戦争に従軍した元逃亡犯の作家の
    自伝的な小説です。←よく解らない人です。
     インドの医療品のブラックマーケットがハンセン病の
    患者さんたちのネットワークで出来ているとか
    (ダコイトや反政府組織への抗生物質の供給に政府が
    眼を光らせているので、社会の埒外にいる人たちから
    買うのが安全だとか…)
     眼から鱗の話が満載でした。
     お勧めいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2023年9月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑