*

イランの料理をみくびっていた

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

日曜日、「おとなの週末」で連載開始する「移民の宴」の第2回取材で、
イラン人のベリーダンサー、ミーナ・サレーさんのスタジオに行く。
ミーナさんが家族ぐるみでおつきあいしている、ミーヌさんという女性にペルシア料理をつくっていただく。
イランは旅行者の間では飯がまずいことで有名で、
(一説には「世界でいちばんまずい」とも言われる)
私が旅したときも実際にまずかった。
だから正直さっぱり期待してなかったのだが、
これがとんでもなく手がこんでいて、めちゃくちゃ美味しかった。
みんな家で食べて外食なんかしないので、そうなるらしい。
いやあ、おみそれしました。
ところで、横浜駅近くにあるイラン食材店テヘランショップの人たちもそうだったが、
イランの人たちは、アラブ人やトルコ人、パキスタン人などと比べると、
繊細かつ物静かで、どちらかというと東欧やポルトガルの人に近い印象を受ける。
日本ではイスラム原理主義の国とか、ヤクの密売ばっかりやってると思われているが、
まったく気の毒なことだ。
     ☆        ☆          ☆
8ヶ月、調査研究のため、スーダンとロンドンに行っていた友人・アブディンが帰国。
ロンドンでは雪で交通が麻痺してたいへんだったろうと言ったら、
「あんなの福井の三分の一も降ってないよ。あいつら、雪に慣れてないから大騒ぎするだけでさ」とのこと。
アブディンは日本に来たら、たまたま福井の盲学校に行くことになり、
豪雪の中でえらく苦労したのだった。
目が見えなくて、雪も見たことがなくて、言葉もわからなくて
いつのまにか道からはずれて田んぼの中に入り込んだりしていて、
「しょっちゅう遭難しかけてた」という。
そんなことも早く書いてほしい。

関連記事

no image

私の2006年上半期ベスト本はこれだ!

先月のことだが、「本の雑誌」編集部から、「高野さんの個人的な2006年上半期ベスト1を教えてほしい」

記事を読む

no image

100発1000中

「あの映画は何だったのか」シリーズをやるつもりだったのに、 「SPA!」で紹介されていた映画があまり

記事を読む

no image

「倒壊する巨塔」は訳が素晴らしい!

ローレンス・ライト著、平賀秀明訳『倒壊する巨塔』(白水社)を読んだ。 素晴らしい本だった。 「イス

記事を読む

no image

ゾウ本あらため辺境中毒!

すっかり忘れていたが、今週の20日(木)に『辺境中毒!』(集英社文庫)が刊行される。 『辺境の旅は

記事を読む

no image

ソマリランドで発見した素敵なドリンク

人と喋っているときはいいのだが、一人になると、波のように佐藤先輩のことが押し寄せてきて、 いろんな

記事を読む

no image

明日だそうです

さっきラジオ番組の電話インタビューに答えたのだが、 その前にディレクターの人が「『西南シルクロードは

記事を読む

no image

ブータン旅より帰国

バンコク市内から幸か不幸かちゃんと空港へ行けてしまい、 本日帰国した。 タイ王朝が崩壊するかもしれ

記事を読む

no image

ペルシア猫を誰も知らない

イランのクルド人監督バフマン・ゴバディの『ペルシア猫を誰も知らない』を渋谷ユーロスペースで見た。

記事を読む

no image

書店員の書いたプロレス&格闘技ミステリに感涙

大阪の書店でトークイベントを行ったとき、すごく変わった人に出会った。 書店員なのだが作家でもあ

記事を読む

no image

今までいちばんビビッたのは…?

上智対談講義第3回目はミャンマーで辺境専門旅行会社を経営する金澤聖太師範。 (極真空手の猛者なので私

記事を読む

Comment

  1. ひまじん より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; InfoPath.1; AskTbUT2V5/5.9.1.14019)
     「鷗外、だめじゃん」についてのコメントです。全然ちがうとこに付けちゃってスミマセン。「白い航跡」を読んでいて思い出したので。
     鷗外を、学者同士の争いに目を曇らされて、何万人もの兵士を結果的に死に追いやった人と思えば、同情の余地なしって感じですね。
     でも脚気騒動の鷗外以外の学者を含めて、他の時代の他の問題に関しても、同様のことはもしかしたら何度も何度も繰り返されているのかも知れません。
     日本人って問題解決の手法に、はじめに理屈ありきで臨むという癖があるんじゃないですかねー。「自殺増」問題も、同じ落とし穴に陥っている気がします。自殺の研究をしている人は認知の偏りを正すためにCBTを受けなくちゃといったらブラック過ぎますかねー。
     問題解決の手法について他の文化と比較したら、悲しき熱帯みたいな名著をものすることができるかも知れませんよ。

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.13 (KHTML, like Gecko) Chrome/9.0.597.107 Safari/534.13
    「自殺増」問題って何でしょう?

  3. ひまじん より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6.6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; InfoPath.1; AskTbUT2V5/5.9.1.14019)
     あ、すみません。国民的問題になっていると勝手に思っていたので。
     1997年の1年間に日本で自殺したのが23000人ぐらいだったのが、1998年にいきなり増えて3万人を超えたのです。(その後もあんまり減っていません)
     それで政府だの、社会学者だの?、精神科医療関係者だのが問題だといっている訳です。

  4. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/534.16 (KHTML, like Gecko) Chrome/10.0.648.127 Safari/534.16
    ああ、そうだったんですか。
    でも日本の自殺はハンパな数じゃないですね。
    「戦死者」として数えてほしいと思う。

  5. saitaman より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    日露戦争の戦死者とおんなじくらいの数が毎年死んでるらしいですね。
    そしてそれとほぼ同数の、子どもを含めた交通事故の死者も。
    日露戦争の頃は交通事故なんてほとんど無かったでしょうねぇ。伝染病による死者はたくさんいただろうけど。
    人口あたりの自殺率のデータは統計によって若干違いますが1位から10位が、
    リトアニア、ロシア、ベラルーシ、カザフスタン、日本、ガイアナ、ウクライナ、韓国、スリランカ、ハンガリー
    なんだそうです。旧共産圏が多いですが、南米唯一の英語国ガイアナが異色ですね。スリランカはいまだ多い殉死の風習のせいでしょうか。

  6. 練馬の大根足 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_8; ja-jp) AppleWebKit/533.18.1 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.2 Safari/533.18.5
    可哀相だった髙野さん。
    わたしが行ったイランは、どの食事も美味しくって1か月の水下痢で体重激減していた体調をすっかり元に戻しました。
    そのとき一緒だった旅行者もC型肝炎復帰直後でやせていて、ずぼんをたなびかせていた彼も体重を増やしていました。
    わたしたちはレストランでメニューを読めませんでしたが、数字だけはちゃんと理解し、毎回いちばん高いモノを注文していました。なにを注文したのかいつも不明でしたが。

高野秀行 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 本日19時から!「ポリタスTV」の「石井千湖の沈思読考」で、高野秀行著『語学の天才まで1億光年』をご紹介くださるそうです! ReplyRetweetFavorite
    • いや、明日はマジで楽しみ。いつも彼とはほろ酔いでてきとうなことを喋っているけど、明日はガチで行きたい。 https://t.co/Dw6TWxuX8Q ReplyRetweetFavorite
    • RT : Webマガジン「考える人」のリレー書評「たいせつな本 ―とっておきの10冊―」で、高野秀行さんが、「言語の面白さを教えてくれる10冊」のうちの1冊として、『日本語とにらめっこ 見えないぼくの学習奮闘記』(モハメド・オマル・アブディン著)を挙げて下… ReplyRetweetFavorite
    • そこまで想像が及ぶと、通訳の人に訊ける。すると「あー、そのとおりです!」という答えが返ってくる。実際はそこまで単純ではなかったけれど、大まかにはこんな感じ。現地語が少しでもわかると、それくらい取材ができてしまう一例です。 https://t.co/fp7bbdM1yA ReplyRetweetFavorite
    • つまり、テンジャンには食べ方がいろいろあるけれど、チョングッチャンには汁物しかない。だからチゲをつけない。そこからさらに、大半の韓国人はチョングッチャン=汁物と認識しており、他の形態を知らないから、それが日本の納豆と同じものだと全… https://t.co/ThbJrauA2d ReplyRetweetFavorite
    • どこの店でもこう書かれている。これを見るだけで「チョングッチャン(納豆)とテンジャン(味噌)は同じジャン(醤)でも食べ方がちがうんだな」と想像がつきます。テンジャンはチゲ(汁物)と書くのにチョングッチャンはチゲがつかない。 https://t.co/CD3d7gxmjM ReplyRetweetFavorite
    • 通訳がいても、現地の言葉がある程度わかるのはとても重要です。例えば、これはソウルにあるチョングッチャン(韓国納豆汁)の有名店の看板。左がチョングッチャン、右はテンジャンチゲ(味噌の汁物)と書かれています。… https://t.co/OjPuB6GZK3 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年9月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
PAGE TOP ↑