*

「間違う力」と「巻き込まれる力」

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

話すと長くなるが、成り行きで、ソマリランドの新聞に日本の中古車輸出会社の広告を載せるという仕事をやった。
このブログの管理もしてくれているワタル社長を煩わせ、
デザインを作り、向こうの友人に送り、さらに自分でも現地に行き、新聞をチェック。
主要6紙に広告を依頼したが、2分の1ページという約束が守られず勝手に小さくされたり、
文字が判読できないほどつぶれていたりという理不尽を見つけては、
新聞社に電話を苦情の電話をかけ、それでもやり直してくれない場合は
編集長やオーナーを追いかけて、直談判をするなど、
まあ、苦労したのだった。
昨日、その掲載紙の束をもって、私たちの「クライアント」である調布にある中古車会社に出向いた。
聞けば、あんなに広告を出して、問い合わせはゼロだったという。
何にも役に立てず、初めての「広告代理業」は全くの失敗に終わった。
だが、アフリカ大陸の好景気で儲かってしょうがない状態らしい社長は
「ま、ソマリランドは時期が早すぎたってことがわかったんで、よかったんですよ」と余裕。
こちらも一応、肩の荷を下ろした。
そのあと、同じく調布にあるワタル社長の事務所に行き、
ソマリアのモガディショで撮影したビデオをパソコンに取り込んでもらう。
私は自分で何度もトライしたが、どうしてもできなかったのだ。
これもどうにか完了。
前回のソマリ取材行きの大きな雑務2つがやっと解決した。
ワタル社長には、またしても、いくらもカネにならないのに面倒くさいことにつきあってもらってしまった。これで一体何度目かわからない。
私が「間違う力」なら、あちらは「巻き込まれる力」の持ち主といえる。
次こそは、もっとカネになる話に彼を巻き込みたいと思うのだが。

関連記事

no image

夢のエンタメノンフフェア

丸善川崎ラゾーナ店という書店で「エンタメノンフフェア」をやっており、 しかもそこの書店員オリジナルの

記事を読む

no image

鬼のミイラと地震予知動物

「未確認思考物隊」の仕事は続く。 先週は大分県宇佐市にある「鬼のミイラ」(写真・右)と 「地震予知動

記事を読む

no image

「ダカーポ」に書評が載る

 新作『異国トーキョー漂流記』が「ダカーポ」(3月2日発売)という雑誌の書評欄(「旬の本」というやつ

記事を読む

no image

鳥籠

インド人作家、ヴィカス・スワラップ原作の映画「スラムドッグ・ミリオネア」がいいらしい。 私は原作の

記事を読む

no image

身体のいいなり

内澤旬子副部長の新刊『身体のいいなり』(朝日新聞出版)はもうとっくに読んだのだが、 来月11日にト

記事を読む

no image

お詫びとやり直し

先日このブログで内澤旬子さんについてかなり失礼なことを書いてしまったような気がする。 あまりに刺激

記事を読む

no image

人間失格+坊ちゃん=三畳記

「SPA!」のインタビュー記事「エッジな人々」が掲載される。 「見ましたよ、エッチな人々!」と何人か

記事を読む

no image

ふがいない僕は空を見た

窪美澄(くぼ・みすみ)『ふがいない僕は空を見た』(新潮社)を読む。 最初の「ミクマリ」という短篇で

記事を読む

no image

知らぬが大福

先週の火曜日、本の雑誌の杉江さんがうちに来て打ち合わせ。 妻が不在なので心おきなく杉江さんと談笑、特

記事を読む

no image

別ジャンルで2つ上がる

「本の雑誌」2008年1月号が届いた。 2007年度ベスト10に『怪獣記』が6位にランクイン。 昨

記事を読む

Comment

  1. hu より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; BOIE9;JAJPMSE)
    おお、儲かってしょうがない人がこの世の中にいるとは…
    妻の実家が新車の販売業なんだけど、中古車輸出に鞍替えしないかきいてみます。もちろん現地へのコネや語学力や交渉力や集金力に腕っぷし、あらゆるものが必要なんだろうけど。

  2. マフディー より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; Win64; x64; Trident/4.0; .NET CLR 2.0.50727; SLCC2; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; MAAR; .NET4.0C)
    スーダンでもやってもらいたいのだが、スーダンの政府当局は中古車の輸入を禁止する措置をとってしまった。
    しかも、新車についても、およそ120%の関税をかけている。
    どんだけ車を敵視してるんだよ。
    残念ながら、ビジネスチャンスがぜんぜんないね。
    だからぼくを巻き込まないでね(笑い)。
    巻き込まれた当のわたる社長ですが、ぼくの家さがしで今巻き込んでいる最中なので、、しばらく近づかないでおいで。
    わたる社長、、、ソマリアだの、スーダンだの、わけわかんないかもしれないが、しばしご辛抱あれ。
     

  3. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/535.19 (KHTML, like Gecko) Chrome/18.0.1025.142 Safari/535.19
    土曜日に早稲田大学でスーダン人留学生に会ったのだが、
    ものすごくマジメそうな人だった。
    私の知っているスーダン人とは似ても似つかない。
    あの学生は偽スーダン人じゃないかと思う。

  4. より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; Intel Mac OS X 10_7_3) AppleWebKit/534.55.3 (KHTML, like Gecko) Version/5.1.5 Safari/534.55.3
    あっちこっちで絶賛巻き込まれ中のわたる社長です。
    高野さん、次は頼みます。
    って、何回おんなじことやってんだろ(笑)。
    おお、アブ!
    うっかり、忘れかかってたよ。
    は〜。いい家、探させていただきます。

へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年10月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑