*

ペ・ヨンジュンが好きな理由=2位.肉体?

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

 早大探検部の後輩で、かつてワセダの同じアパートに住んでいた男と久しぶりに飲んだ。 彼はいまテレビのディレクターをやっていて、特に「朝鮮半島もの」に強い。
 一週間くらい前、彼はフジテレビのあるバラエティ特番の手伝いをして、韓国ドラマについてのアンケート調査を行ったという。
 その結果、おそるべきことが判明した。
 全世代を通じて、「妻が韓国ドラマにハマッている」と答えた男性が66%に達したというのだ。
 66%?
 3人に2人だ。しかも、これは「ハマッている」人で、ふつうに好きな人もいれたら、いったいどのくらいの数字になるかわからない。
 妻にひきずられる形で韓国ドラマにハマる男性も少なくないこともわかった。
 特に50〜60代の男性に顕著な傾向で、その世代の人たちは「冬ソナ」ではチェ・ジウ(ペ・ヨンジュンの相手役)に惚れてしまうらしい。
 なんでも「ハリウッド映画に出てくる派手な女優とちがい、むかしの日本女性のような凛々しさがあるから」だそう。
 「ヨン様」ことペ・ヨンジュンは相変わらずの人気らしい。
 いったい彼のどこがいいのか?
 それを女性に訊ねるアンケートを彼が作った。
 A.やさしさ、B.ファッション、C.話し方…というふうに、8項目くらい作った。
 そうしたら、1位は順当に「やさしさ」だったが、2位はなんと「肉体」だったという。
「肉体って何だ?」私が訊いたら、彼は「いや、それがわかんないんですよ。ぼくも、項目の数合わせに適当に作っただけで、まさかそれを選ぶ人がいるとは思わなかったから…」
 ペ・ヨンジュンはマッチョではないし、だいたい冬ソナでは裸のシーンもない。
 ほんと、何だろう、ペ・ヨンジュンの肉体って?
 このアンケート結果は、番組では使われなかったという。その理由を彼は話さなかったが、「ペ・ヨンジュンが好きな理由=2位.肉体」の説明がつかなかったせいかもしれない。
 誰かわかる人がいたら教えてほしい。(特にハマっている女性の方!)
 

関連記事

no image

酒よりカツカレー

モガディショからソマリランドのハルゲイサに戻り、さらに今日、飛行機で隣のジブチに出た。 世間のイメー

記事を読む

no image

新連載はまさか、あの…?!

『アジア新聞屋台村』本日発売!…なのだが、なんか、今回もまた売れない予感がしてきた。芥川龍之介ではな

記事を読む

no image

2006年に読んだ本ベストテン(ノンフィクション部門)

小説につづいて、今度は2006年に読んだノンフィクションのベストテンです。 1.山本譲司『累犯障害者

記事を読む

no image

なんだかすごく忙しい…

ブログの更新がすっかり滞ってしまった。 なんだかすごく忙しいのである。 12月出発予定のウモッカ探索

記事を読む

no image

ジプシーのヒンディー語

旧ユーゴのエミール・クストリッツァ監督「白猫・黒猫」をDVDで観た。 セルビア付近とおぼしき土地に住

記事を読む

no image

ポプラ社で「ムベンベ」キャンペーン?!

ポプラ社の文芸ウェブサイト「ポプラビーチ」の日替わり表紙写真(「本のある風景」)が6月29日、「ムベ

記事を読む

no image

困ってるいぬ

今週は月曜から金曜日までかけて原稿が一枚もかけないという絶賛大スランプ中だったのだが、 そういうとき

記事を読む

no image

ソマリランド療法の勧め

なんとか取材の目処がつき、来週の8日(金)に東京に着く便を予約した。 ソマリ人は、私にとって、おそら

記事を読む

no image

新作『異国トーキョー漂流記』見本届く

 2月18日に発売される私の新刊『異国トーキョー漂流記』(集英社文庫)の見本が届いた。  私がこれ

記事を読む

no image

犬の力

前に評判になったミステリに『犬の力』とか言う本があった。私にはあまり面白くなくて途中で止めて

記事を読む

Comment

  1. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC; ja-JP; rv:1.0.2) Gecko/20030208 Netscape/7.02
    探検部の後輩で同じアパートに住んでいた人って誰でしょう?
    イシカワさん?成田さん?中江さん?ペ・ヨンジュンより気になります。
    この人たちが誰かについては、後々紹介される著作の中で明らかになる
    はずです。お楽しみに….

  2. 高橋浩太郎 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
    ペ・ヨンジュンだけど、私も何でほほえみタレントがあんなに人気があるのか疑問でした。それで、数少ない私の韓国のガールフレンドに聞いてみました。「日本では、カツシンとか、とにかく頭はパーでも、パワフルなやつが映画 の主人公になるけど、韓国は遅れてるんじゃない?」
    彼女は即座に言いました。「でも、ヨンジュンは脱げばすごいんです。」
    私は思わず「あなた見たことがあるのか?」と聞きたくなりまた。
    最近は写真展なんかで、ムキムキマンのヨンジュンさんが紹介されていますが、韓国(もしかしたら日本のディープなファン)には、あの肉体は前からよく知られていたんじゃないのかな。だからのアンケート結果だと思う。
    ちなみに、やっぱり役者はケンさんですな。

高橋浩太郎 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : ゲストは「Gダイアリー」デスクの室橋裕和さん、Gダイで連載していた(イスラム飲酒紀行ほか)高野秀行さん、Gダイ編集部に入りたかった丸山ゴンザレスさん、Gダイ外部編集で「駐妻カナ」などを担当した西野風代さんです。 1月31日(金)、阿佐ヶ… ReplyRetweetFavorite
    • いい時代だ! ReplyRetweetFavorite
    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑