*

ヘンタイ監督の話

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


今月号の『映画秘宝』(洋泉社)で、大槻ケンヂと小沢真珠の対談が載っている。
話題は、佐藤圭作監督『人間椅子』なのだが、
実際には「監督がいかに変態か」ということばかり。
私もこれを読んで、「あいつはそんなに変態だったのか!」とあらためて驚いた。
映画はたぶん私の趣味とはかけ離れていると思うが、
見に行きたくなった。
ちなみに、小沢真珠という女優を初めて見たが、
なかなかカワイイじゃないか。
外国人の血がすこし入ってるのかな…。

関連記事

no image

アスクル予約開始

いつの間にか、『放っておいても明日は来る』(本の雑誌社、通称「アスクル」)が アマゾンで予約がはじ

記事を読む

no image

オーケンが語るジャナワール

 9月20日(木)深夜25:05から放映される関西テレビの音楽情報番組「MUJACK」で 大槻ケンヂ

記事を読む

no image

おとなの週末

またしても「こんなときに」という話だが、講談社の月刊グルメ誌「おとなの週末」で 「移民の宴(うたげ

記事を読む

no image

船戸与一は不死身

日本冒険小説協会の内藤陳会長が昨年末に亡くなり、その追悼イベント 「内藤陳帰天大宴会」というものが行

記事を読む

no image

飲み放題トークイベント

一昨日、神保町に行ったら、いつの間にか東京堂書店が2軒とも様変わりしていた。 一件は女性のファッシ

記事を読む

no image

彼もエンタメノンフ?

意外に思われるかもしれないが、高橋源一郎の文芸評論が好きである。 今日も『大人にはわからない日本文

記事を読む

no image

「アンダーグラウンド」は私の理想

下高井戸シネマで、エミール・クストリッツァ監督の超名作「アンダーグラウンド」を観る。 この映画を観

記事を読む

no image

どっちなんだ、奥泉光?

奥泉山登山、2回目は本屋大賞で5位にもなった『シューマンの指』(講談社)。 前回とはうって代わり、

記事を読む

no image

『虐殺器官』の衝撃

つい先週、『天地明察』(角川書店)を読み、「今年日本の小説でこれ以上のものは読まないだろう」と思っ

記事を読む

no image

お祓いしたくなるほどの夏休み

 宮田部長、杉江さんと一緒に行った「エンタメノンフ文芸部シュノーケル分科会奄美合宿夏休みデラックス篇

記事を読む

Comment

  1. 佐藤圭作 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/419 (KHTML, like Gecko) Safari/419.3
    俺もあの記事を読んで「そうか。俺ってヘンタイの人だったのか!」と驚いたのだが、ここんとこどこ行ってもヘンタイヘンタイ言われるばっかりなので、自分でもそうじゃないかと思うようになってきた。
    ともあれ、紹介してくれてありがとう。
    そういや大槻ケンヂさんは高野のデビュー作も激賞してくれてたんだよね。
    宝島社「この映画がすごい!」の「キモエロ映画」のコーナーでも紹介されてる。
    ヘンタイだとかキモエロだとか……親に合わせる顔がない。
    ともあれ、大島渚、デビッド・リンチ、クローネンバーグ、キム・ギドク諸先輩のヘンタイ映画に混じって『人間椅子』のことが書かれてて、平伏。
    小沢真珠さんは素敵な人だよ。
    舞台挨拶、見に来てくれたまえ。

  2. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    じゃあ、ぜひ見にいかせていただくよ。
    この調子で突っ走ってくれい!

  3. 義姉 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    佐藤圭作監督『人間椅子』、絶対見ます。海外にいる義姉としては、映画館には行けないと思いますが、DVDは何が何でも購入、約束します。
    ヘンタイ談義が進んでいるようですが、多少はヘンタイじゃないと乱歩世界の再構築ができるか!と、義姉は思っており、映画、大いに期待しています。
    ミャンマーの探偵小説三昧の一方、最近の義姉は日本の探偵小説文化の原点、雑誌『新青年』の復刻版に目を通しております。読みましたヨ。江戸川乱歩の初の雑誌デビュー作「二銭銅貨」(大正12年)も。やはりすごい人でわずか数年後にはこの人気雑誌の、それも看板スター作家にのし上がっています。昭和3年は「陰獣」が超絶人気、編集部後記を見ると発売と同時に次の日には品切れ、また変態性犯罪をずいぶん当時の売り物にしていたことがうかがえます。
    それにしても、もうひとつ感じたのは、作家の活躍も名仕掛け人、名編集者あればこそなのですね。乱歩売り出しにひと肌もふた肌も脱いだ当時の『新青年』編集者には横溝正史や後に新潮社のホームズ物の完訳を成し遂げる延原謙といったそうそうたる名前が見えます。失礼ながらこうした方々も立派にヘンタイであられた・・・と義姉は思うのですが。

  4. nono より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    最近、ヘンタイにほど遠いなあ、ぬるくなったな、自分。
    と、反省しきりのオレであります。
    ただ自宅はやっぱ、それなりでして。
    昨日、飲み歩いた3日ぶりに帰宅したら。
    オレがいつもメシ喰うために座る場所に、
    マムシがいました。
    部屋の中に。
    トグロまいてました。
    さすがにタマガった。
    青大将いたことはあって、
    ま、それは家の守り神だからいいけど、
    マムシはカンベン。
    登山靴履いて踏んづけ、首根っこ掴んで、
    丁重に沢に投げ捨てました。
    最近、我が家で悪さ盛んのヒメネズミを喰ってくれてたようですが、
    寝てるうちに咬まれちゃかなわん。
    そんな山中の我が家です。
    万が一、結婚出来るなら、必ず引越します。
    ヘンタイ性より、愛が大切です。
    でもやっぱ、オンナ寄り付かなかったら、
    一生、ヘビとネズミと一緒に、ヘンタイ的に生きていこうか。

  5. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    「人間椅子」もヘンタイだけど、「実録・マムシ座席」には叶わないなあ…。

  6. のなか悟空 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    これはこれはケーサクくん。
    調子いいようですね。
    nonoさんもシブイ生活のようで。
    ケーサクくん、こんどワシに変態オヤジの役ちょーだい!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑