*

「ミャンマー」じゃなくて「バマー(ビルマ)」だった

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

昨日、高橋ゆりさんからメールが来た。彼女も『ハサミ男』に名探偵サンシャーの話が出てくることにびっくりしていた。で、一つ私が勘違いしていることを指摘してくれた。

ゆりさんがサンシャーのシリーズを翻訳し、私が編集者として掲載したのは90年代の「ミャンマー・タイムズ」だと思い込んでいたが、実は2003年の「シュエ・バマー」だったという。

私が仕事をしていたアジア新聞社は、それはもう、テキトウで何でも好きなことができる素晴らしい会社だった。

当初、ビルマ語(ミャンマー語)の新聞は「ミャンマー・タイムズ」という名前で、政府寄りの新聞だった。というか、ミャンマー大使館の職員が記事を書いていた。ミャンマー語ページは政府の広報みたいなものだった。

ところが、2000年頃だろうか、社長が突然、反政府寄りに新聞を変えてしまった。理由は「在日ビルマ人は反政府の人が多くて、政府系じゃ広告が全然とれないから」。

その結果、名前も政府が強く主張する「ミャンマー」から民主化勢力が強く主張する「バマー(ビルマ)」に変え、「シュエ・バマー(黄金のビルマ)」と改名されたのだった。

編集スタッフは同じだったが、なにしろ反政府新聞になってしまったので、編集長役を務めていたMさんは政府のブラックリストに載って国に帰れなくなり、その後は難民認定を受けて日本で暮らすことになった。

「名探偵サンシャー」が掲載されたのは、だから政府系じゃなく反政府系時代のことなのだ。

それは『ハサミ男』が刊行されたあとの話で、まるでゆりさんは殊能さんのリクエストに応じるように小説を訳した。ちなみに、名探偵サンシャーの作品が翻訳されたのは世界初だったそうである。

もし私が発売当初に『ハサミ男』を読んでいたら、もっと新聞紙上でいろいろな働きかけをしたものをと、少し残念だ。例えば、殊能さんにインタビューをするとか、ゆりさんと対談してもらうとかなどである。あの新聞だったら、何でもできた。

そうそう、あまり説明してなかったが、「ミャンマー」と「ビルマ」はどうちがうのかということである。政府系はミャンマー、反政府(といっても民主化勢力)はビルマ、という説明がなされることが多いが、実はミャンマーとバマー(ビルマ)は、ニホンとニッポンのようなものである。

ニホンとニッポンは同じだが、使われ方は若干ちがう。戦前はもっぱら「ニッポン」であり、戦後はその反動でもっぱら「ニホン」。でもスポーツの国際試合など、国威発揚の場面では急に戦前に戻り「ニッポン」。

これは第一に音の問題である。「ニホン」ではhの音が入るため、気が抜けて大声で発音しにくいのだ。やっぱり「ニッポン」のほうが国威発揚には都合がいい。

「ミャンマー」も同様で、1930年代、イギリスからの独立を目指すミャンマーの若者たちはナショナリズムのために、穏やかな語感の「ミャンマー」でなく威勢のいい「バマー」を意識して使うようになったと聞いている。

あくまで歴史的な結果的だが、軍事政権はナショナリズムっぽくない方の語にこだわってきたのである。

まあ、今となってはミャンマーとビルマ、私はどっちでもいいと思っているので、てきとうに使っています。

関連記事

no image

『謎の独立国家ソマリランド』PV&オタク本の魔力

『謎の独立国家ソマリランド』発売1カ月を記念して(?)、 プロモーション映像を作った。 http

記事を読む

no image

平山夢明、幻の助言

なぜかよくわからないのだが、『世界屠畜紀行』の内澤旬子さんとホラー作家(なのか?)の平山夢明さんと飲

記事を読む

no image

2011年個人的ベストテン発表!

2011年はあんまり本が読めなかった。 1月に犬が死んで一時的にペット・ロスになり、それがやっと少し

記事を読む

no image

チャリ仲間が芸術祭大賞をプロデュース

私の友人で、昨年九州を一緒に自転車で走ったワンマン社長(社員が自分ひとりしかいないという意味だが)

記事を読む

no image

朝青龍ミステリー

木村理子『朝青龍 よく似た顔の異邦人』(朝日新聞出版)を読む。 スポーツ選手に密着したルポものでは

記事を読む

no image

語学オタクが喜ぶ変な辞書

シャン語の辞書がほしくて、ヤンゴンに移住した私のITの師匠Gさんに訊いてみたら、 さっそく足と

記事を読む

no image

ルーマニアの歌姫

「ラフ・ガイド・トゥ~」というCDのシリーズがよくて、最近よく聴く。 今日はルーマニアのジ

記事を読む

no image

「出張上映会」依頼第1号

無料出張上映会だが、早くも依頼第1号が来た。 早稲田大学の社会人学生という人。 大学の学生会館を利用

記事を読む

no image

新刊ラマダンの危機

新刊ラマダンが危機に瀕している。 ダグラス・アダムス『銀河ヒッチハイク・ガイド』(河出文庫)を読ん

記事を読む

タイ北部最大の市場…なんてあったのか

全然知らなかったが、チェンマイ郊外にタイ北部最大の市場(七日市)があり、 友だちに連れて行って

記事を読む

Comment

  1. やなぎさわ より:

    初めて書き込みます、高野さんのファンです。
    「ハサミ男」他、殊能さんの作品はどれもホントに面白いですよね。
    ところで殊能さんの存在が謎に包まれていて気になってます。
    高野さん何かご存じありませんか?(新作が読みたい・・・)

    高野さんへの初コメントなのに、他作家の事ばかりで失礼しました。
    もちろん高野さんの作品は、ほとんど読ませていただいています。
    「メモリークエスト2」楽しみにしております。
    (前作、とても興奮しました!)

  2. 高野 秀行 より:

    殊能さんですか? いやあ、全然知りません。

    「メモリークエスト2」は、もう、神のみぞ知る、ですね。

高野 秀行 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 20年前に読んだときは彼ら一人一人がどれほどのスーパースターだったのか理解できていなかった。 https://t.co/3PkeyJWJY1 ReplyRetweetFavorite
    • 本田靖春の文章力はさすがですね。 https://t.co/2lCA4RMIds ReplyRetweetFavorite
    • やりたいことをやりたいようにやって90年。今西錦司の人生をたどった後では、ちまちました仕事のメールとか経費の計算とか原稿書きとか全くやる気を失う。悪書なり。 https://t.co/3PkeyJWJY1 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野さん、ほんとに傘ささないんですよね。この間、辺境スタジオに向かうときも雨が降っていたのですが、まったく意に介さぬ様子で。 noteの「辺境メルマガ」更新しました。今回は『辺境中毒!』(集英社文庫)の文庫解説より転載しております!… ReplyRetweetFavorite
    • 本棚整理のついでに本田靖春著『評伝 今西錦司』(講談社文庫)を20年ぶりぐらいに再読してしまった。今西軍団に所属した選手(学者)がとにかくすごい。西堀栄三郎、梅棹忠夫、川喜多二郎、中尾佐助、藤田和夫、伊谷純一郎、河合雅雄……。レアル・マドリード並みの銀河系軍団。 ReplyRetweetFavorite
    • 河童似の杉江さんに「高野秀行は河童じゃないか」と言われてしまった。同族? https://t.co/dHF7mfwfjq ReplyRetweetFavorite
    • 毎月、新しい本がやってくるので、毎月本の整理をしなければならない。で、その間に気になった本を手にとって立ち読みしてしまう。今日立ち読みしたのは中島京子さんの『妻が椎茸だったころ』(講談社)。短編集だが、表題作がすばらしいのだ。家で立ち読み感動。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年7月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑