*

『困ってるひと』再び

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

私の記念すべきプロデュース第一作、大野更紗『困ってるひと』(ポプラ社)が文庫化された。
たった一年でなぜ文庫?と思われるだろう。私にもよくわからない。

なにしろ、この本は発売直後から大爆発し、あっという間にベストセラー入り(最終的には15万部以上売れた)、
大野さんはあちこちに引っ張りだこで、糸井重里氏や五木寛之氏など各界著名人と対談し、朝日や読売でも識者として社会問題にコメントを求められる売れっ子となった。
とっくに私の手から離れて、というか手の届かないような存在となってしまったわけだ。

今回の文庫の帯は「しょこたん」こと中川翔子という人の写真とコメントだが、当然のように私はこの中川さんというのがどういう人か知らない。
超人気ブロガーでマルチタレントというが、正直、なんだかさっぱり…である。

というわけで、私が本書を今さら宣伝する意味はないのだけど(逆に私の本に大野さんから推薦のコメントをもらいたいくらいだ)、
それでもちょっとだけ書いておきたいことがある。

本書は各地で絶賛されているが、売れるというのは敵や反対派も多数生むことになる。村上春樹がいい例だろう。
大野さんもネットのレビューを見ると、いろいろな批判にさらされている。
本は読み手の解釈によるのだから、いろいろな解釈があっていいし、この本が気にくわないという人の気持ちもわかる。
ただ、あまりに的外れで無意味な批判があって、それにはどうしても反論したくなる。

一つは「両親を「ムーミン」呼ばわりしている。親をバカにするにもほどがある。親に対する感謝や尊敬の気持ちがない。」…というもの。

これは誤りだ。なぜなら、ご両親はムーミン・パパ、ムーミン・ママという呼び名をわりと気に入っているからだ。
私が彼女の実家を訪ねたとき、お父さんは「はじめまして。ムーミン・パパです」と笑顔で名乗っていたくらいだ。
もちろん、ムーミンと呼ばれて怒る親もいるだろうし、とくに何とも思わない親もいるだろう。でも、大野さんのうちは、
娘が「ムーミンて呼んでもお父さんお母さんは怒らないよね」と普通にわかるだけの関係にあるわけだ。
こんなことは大野さんは自分からは恥ずかしくてマジメに反論もできないだろうから、私が代わりにしておきたい。
ちなみに、ご両親はほんとにやさしくて体型も曲線だけで成り立っていてムーミンそっくりの方々だった。
…なんて、私が書いても恥ずかしくなるな…

もう一つはもっとシリアスな問題で、「担当医の先生に対する感謝や尊敬の気持ちがない」というもの。
これ、実は私も再読しているときにちょっと気になった。(本を作るまではそうは感じなかった)
もちろん、感謝や尊敬の気持ちが全くないわけではなくて、でもちょっと先生方に対するコメントが厳しすぎるような印象を受けたのだ。

これは大野さんに話を聞くうちに少しわかってきたが、担当医の先生「クマ先生」と「パパ先生」と大野さんは、ある意味でだんだん「疑似親子」的な関係になっていったらしい。
中学生の娘と親と言えばわかりやすいか。親は娘のことに全責任を負い、面倒をみる。親なくして娘は生きていけない。
その一方、娘は親が自分のことをわかってくれないと思う。実際、親は自分の価値観で生活し、意見を言い、子どもがどう思っているかあまり頓着しない部分がある。

さらに、ふつうの親子以上に難しいのは、先生は超多忙で他の患者さんも抱えているということ。
家庭も犠牲にして働いているから、ましてや難病患者が社会でどう生活するか想像したり情報をえたりする余裕がないらしい。
また、関係が慢性化していくと、互いに感謝したり褒めたりしなくなるというのは、私と彼女の関係でも見られたことなので、
ひじょうにリアルに察しがつく。(私もパパ先生かクマ先生みたいになっていったわけだ)

でも、かといって、大野さんが先生方に対する感謝や尊敬の念を失ったわけでは全然ないと思う。
なぜなら、彼女のペンネームのうち「大野」とは、二人の先生から一字ずつもらって作った名字だというからだ。
尊敬や感謝が薄くて、批判的な相手から名前をもらうだろうか。
というか、そこには尊敬や感謝以上の特別な結びつきが感じられる。
やはり、それにいちばん近いのは親子の間にある親愛の情ではないだろうか。

この文庫化に合わせて、「困ってるひと」の続編が準備されているという。
私はもう関わっていないが、きっとその中で先生方とのやりとりがもっと深く描かれるにちがいない。

それから、文庫になり、久しぶりに『困ってるひと』を読んだが、時間をおいたせいだろう、私がいちばん初めに原稿をもらって読んだときの
瑞々しい印象を思い出した。
本になるかどうかさえわからなかったのに、ただ一心に、でも笑いをふんだんにちりばめて綴った文章は
今でも輝いている。

大野さん、この一年もよく頑張ったね。
それで、今度は私の本に絶賛コメントをよろしく!

関連記事

no image

書店員の書いたプロレス&格闘技ミステリに感涙

大阪の書店でトークイベントを行ったとき、すごく変わった人に出会った。 書店員なのだが作家でもあ

記事を読む

no image

日曜日のイベント

代々木でミクシイの高野秀行コミュ&宮田珠己コミュ合同イベント。 雨上がりにもかかわらず40〜50人(

記事を読む

no image

ハダカデバネズミのことはソマリ人に訊け?!

もうとっくに出発したと思ってらっしゃる方も多いだろうが、 実はまだいます。 やっと仕事が全部片付い

記事を読む

no image

どんびき芸、健在

付き合いのある新潮社の編集者Aさんより中島義道先生の新刊『女の好きな10の言葉』が届いた。 ぱらぱ

記事を読む

新連載開始?

今、すでに五誌(紙)で連載していてアップアップなのに 今度は「本の雑誌」で新連載を開始してしま

記事を読む

no image

『わが盲想』見本出来!!

 ゴールデン・ウィーク中は風邪とその後遺症の酷い咳のため家で休んでいたら、 その後から猛烈に忙

記事を読む

no image

深谷陽というアジア風天才漫画家

日本にいる時間が残り少なくなってきたので、 駆け足で紹介。 先日行われたmixiのイベントに、純粋

記事を読む

no image

イケメンなのか昆虫なのか

新潮社にて、トレイルランの第一人者・鏑木毅氏と対談。 さらっとした長髪とにこやかな笑みがなんとも魅

記事を読む

no image

ハルキ風異国トーキョー

『異国トーキョー漂流記』(集英社文庫)の表紙を変えることになった。 あ、いや、何か問題があったわけじ

記事を読む

no image

ニムラの時代到来&ツバルは沈まない

本日(9月21日)朝日新聞の朝刊11面にて、「明日来る」のトップバッターにして 私をブータンに送り込

記事を読む

Comment

  1. hu より:

    しょこたん、大槻さんのお友達といえば大体正しいのではないかと。

  2. SJ次郎 より:

    読ませて頂きました。
    大野さん本人は、体調がメチャクチャ悪くてとても大変なんでしょうが、それをおもしろ可笑しく書かれていて非常に新鮮でした。
    一部の大野さんへの批判を庇っている高野さんの優しさも凄く感じました。誉めすぎかな?
    NHK出演おめでとうございます!

  3. かおる より:

    難病との戦いを明るく楽しくしかしその中で、関係する人の観察力は作家の道をたどる予感であったのではないでしょうか・・・・・
    人との関係性をよく描けていると感じました。また、元来人間が好気なのかもしれません。噂によりますと7月11日夜講演会をすると・・・・期待しています。

  4. […] 彼女の書籍「困っているひと」を購入してきました。 […]

hu にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • なんと、「飛んで埼玉」の中で「埼玉解放闘争」の都市伝説を流していたヤバイラジオ局FM NACK5から出演依頼が来た。早速闘争の同志として参加してほしいということか。私は東京都民だが出身は八王子で都会レベルはたしか「E」だしな。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日「翔んで埼玉」をずっと「飛んで埼玉」と書き間違えてツイートしていた。漢字が読めないと揶揄されている人がいるが、私も同類。 ReplyRetweetFavorite
    • この映画はコメディながらとても普遍性のあるテーマを扱っている。もし私が大学で民族問題を講義するときがあれば、まず「飛んで埼玉」を学生に見せたい。そうすれば、差別や偏見、反抗、弾圧、仲間割れ、利権、再蜂起などの展開がよくわかってもらえるはず。初回の授業は映画で終わってしまうが。 ReplyRetweetFavorite
    • ミャンマー東北部なら、シャン州軍とワ州連合軍が、この映画の埼玉と千葉の関係にちょっと似ている。まあ、ワ軍は千葉というより(この映画の中での)群馬みたいな立ち位置だが。 ReplyRetweetFavorite
    • 最初のうちはただ爆笑していたのだが、埼玉が千葉と抗争を始めるあたりから、なんだか妙になじみのある世界になってきた。ミャンマー辺りの民族紛争にすごくよく似てる。中央政府がマイノリティを切り崩していく感じとか、マイノリティの中でもいくつもに分裂している様子とか。 ReplyRetweetFavorite
    • Amazon Primeで武内英樹監督の「飛んで埼玉」を観た。どんな話か全く知らなかったので、まあ、びっくりしたのなんの。「埼玉解放運動」の“都市伝説”を流しているのが私がよく出演している大宮のFMNACK5だったし。あそこはそんなヤバいラジオ局だったのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 内澤旬子『着せる女』(本の雑誌社)内澤さんの最新刊は友人・知人のおじさんたちを素敵に大変身させるファッションエッセイです。出版業界で「ファッションセンス偏差値35あたりを彷徨う」と言われるおじさんたちの変貌やいかに。高野秀行さん、宮田珠己… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑