*

人の旅がうらやましいときは

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

最近ここに書くのをすっかり忘れていたような気がするが、「メモリークエスト2」の方も少しずつ進めている。
一昨日は候補者2名にお会いし、詳しい話をうかがった。

依頼の内容はともかく(あとでウェブにアップされます)、私が惹かれたのはお二人ともすごい旅好きで、
いろんなところを旅したり住んだりしていること。

最初の依頼者Nさんはドイツに留学後、ご主人の仕事でモンゴル、中国(北京)、フィリピンに3年ずつ住んでいるという。
「モンゴルに行ったのは1994年。自由化されて間もない頃で何もかもがめちゃくちゃだったけど、人は親切だし、自然環境はいいしで、
子供を育てるのには最高だった」なんて話を心底羨ましくなった。

次の依頼者Oさんは大学時代から旅好きで、2年前も仕事を辞めて、世界一周の旅に出たという。
2年間行く予定が途中アフリカでマラリアと肝炎を併発したため、8ヶ月で帰国してしまったが、今はなぜかサッカーが大好きになり、
サッカーイベント関係の仕事に就き、2014年のブラジルW杯に向けて「下見」に行く予定だとか、まあ、もう好きなことだけやって生きているという風情である。これまた羨ましい。

私があまりに「羨ましい」とか「いいなあ」なんてことばかり言っているので、依頼者の方々も同席した編集者も呆れ顔だった。
端から見れば、私は旅ばかりしているように見えるかもしれないし、好きなことだけをやっているようにも見えるだろう。

しかし私自身では満足から程遠い。
海外に長期で住みたいし、仕事と無関係で自由気ままに旅をしたい。
しかも、今はなぜか妻のほうがミャンマーに3週間一人旅に出かけてしまった。
「田舎を自由気ままに旅する」という。
それはまさに今私がやりたいことなのだが。

私は犬の面倒を見なければならないので海外へ行くのは無理。
しかたないので犬を連れて国内を2週間ばかりぶらぶらすることにした。
原稿を書かねばならないので、パソコンと資料をもって(しかも犬も連れて)移動するという情けなさだが、
人の旅を羨んでいるよりはマシだろう。
予定ではまず福島へ行き、それから南三陸や気仙沼に足を伸ばし、そのあと浜松などを経由して四万十に行くぐらいで我慢しようと思っているが、
実際にはどうなることかわからない。

そうそう、「謎の独立国家ソマリランド」更新しました。
第2章その2は「天変地異に要注意」です。

関連記事

no image

酒よりカツカレー

モガディショからソマリランドのハルゲイサに戻り、さらに今日、飛行機で隣のジブチに出た。 世間のイメー

記事を読む

no image

くどくどかぱらぱらか

比較的調子よく来ていたブータン原稿がうまくいかなくなってきた。 逃避の意味合いもあって、ある作家の

記事を読む

no image

kinpaku

ima.bankoku ni iru. jousei wa dondon kinpaku shite

記事を読む

no image

放っておいても明日は来る

「暑さに負けつつ本を売ろうと思い立った」という謎のメールが杉江さんから来た。 web本の雑誌で『放

記事を読む

no image

純文学とエンタメのあいだ

三崎亜紀『廃墟建築士』(集英社)を読む。 『となり町戦争』『バスジャック』を読んだときにも思ったが

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフの横綱はこの人!

今月号の「本の雑誌」のコラムで、高橋秀実『素晴らしきラジオ体操』(小学館文庫)を紹介した。 秀実さん

記事を読む

高野本の未知なる領域

ここ最近最も驚くべき、かつ(それが本当なら)実に嬉しいことがあった。 大竹まことのゴールデンラ

記事を読む

no image

思い出探しに来たわけじゃないけれど

現在、チェンマイに滞在中。 バンコクにいると、どうしても「これがタイだ」と思ってしまう

記事を読む

no image

『「本の雑誌」炎の営業日誌』は「脳内三国志」だ!!

土曜日の夕方、昼寝をしていたら、杉江由次『「本の雑誌」炎の営業日誌』(無明舎出版)が届いた。 これは

記事を読む

no image

私の2006年上半期ベスト本はこれだ!

先月のことだが、「本の雑誌」編集部から、「高野さんの個人的な2006年上半期ベスト1を教えてほしい」

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    『・・・浜松などを経由して・・・』に反応してしまった、浜松育ち無職44歳の女性です。
    先日、日本橋丸善レジ前の平積みで『辺境中毒!』を買い、心眼がハートマークになってしまいました。解毒のすすみつつあったラオス帰りの頭に、再び毒が回るのを痛感しております。
    食らわば皿まで~の心境で、高野さんの本をネットで14冊注文してしまいました。ご著書が届くのを楽しみにしています。
    ところで「浜松でおいしいウナギを食べよう」と計画中でしたら、お止しになったほうがよいですよ。毎年白焼きを送ってくれる実家の父から「今年はモノが良くないから送らない」と連絡がありました。老婆心まで、ご報告いたします。

    • 高野 秀行 より:

      14冊も拙著をお買いいただいたのですか。ありがとうございます。嬉しい反面、初っ端でがっかりされたらどうしよう…という気持ちにもなります。あと13冊もあるわけだし。

      犬連れなので、そもそもレストランや食堂には入れないですし、高級なウナギには縁がありません。ちょうどよかったというべきでしょうか。

      • 浜マツコ より:

        マドさん連れだとキャンプ・自炊なのでしょうか?
        ごはんのお供には、舞阪町の「しらす釜揚げ」がイチオシです。
        炊きたてホカホカごはんに、ごはんと同量(←ココがポイント!)の「しらす」をふわりとのせてハフハフかき込みます。
        しょうゆも塩も不要です。
        『メモリークエスト』第3話の「ツナ飯」ほどの腹応えはないかもしれませんが。
        浜松の海っぺりで、おかずに悩んだ際にお試しください。

  2. 西森 より:

    最近、高野さんの本にはまりまくりです。今も手元にミャンマーの柳生一族ですd(^_^o)
    ぜひ、高知へ起こしください。仁淀川町というなかなかにいい田舎あります。Blogに書いてます。

    • 高野 秀行 より:

      どうもありがとうございます。仁淀川町、ずいぶん山深いところなんですね。ニホンカワウソ絶滅でニュースになってしまいましたが…
      今回は時間的に無理なので、次回のお楽しみということで。

      • 西森 より:

        ほんと、いつも楽しく読ませてもらっています~。
        ブータンから始まり、アヘン、ムベンベ、柳生一族、ワセダと読み進んでいるところです!カワウソの話題は同じ高知県内の話題ですが仁淀川町のことではないですが、日本最大のニホンオオオカミの頭骨が今も保存されているのが仁淀川町です。土佐の辺境と言えるかも!?平家伝説、勝頼落人伝説など山深い地に残っている町で、もちろん機会があればご案内しま~す。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年10月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑