*

タイの懐メロを熱唱してしまう

公開日: : 最終更新日:2013/02/07 高野秀行の【非】日常模様


こちらに来て初めて飲み会に行った。

「アジアの雑誌」編集長の夢野狂作夫妻、同誌で辺境レポートをよく書いているライターM氏、
夢野氏の盟友で「ニューズクリップ」紙編集長A氏と日本の観光庁で仕事をしている奥さんのIさん(ともに慶大探検部OB)、
台北とバンコクで日本人宿EZを経営しているH氏といった多彩なメンツ。

「アジアの雑誌」は体裁は風俗誌だが、中身の半分くらいは旅の記事。
「もはや日本で唯一の旅雑誌になってしまったので、けっこう需要があるんです」と夢野編集長は笑っていた。
いや、ほんとに貴重な雑誌だ。

思えば、私の『謎の独立国家ソマリランド』も第一章と第二章は、この雑誌の前身だった「Gdairy」(今でも同名の雑誌はあるが、
中身は全然ちがう)にダイジェストを書いたんだっけ。
当時も今も、こういう話を書かせてくれる媒体が他にないのだ。

今気づいたのだが、Amazon.comでも買えるようだ。
辺境好きの方にお薦めである。

さて、この晩、二次会はカラオケ。
私は日本では3年に一回くらいしかカラオケに行かないが、
20年前チェンマイに住んでいたときはタイ語の勉強をかねてかなりせっせと通っていた。

ちょうど同世代である夢野さんのタイ人の奥さんと一緒にアスニ・ワサンやバード、ナンティダー、マイ、ヌイなど
往年のヒット曲を熱唱してしまった。
私の「青春」は日本ではなくタイにあったことをなつかしく思い出した。

☆            ☆              ☆

大阪でのイベントが正式に発表されました。
関西でのイベントは前々から読者の方々より強く希望があったので、私も嬉しいです。

なお、下北沢B&Bのイベントは満員で受付終了、渋谷の丸善&ジュンクのイベントも定員間近だそうです。

関連記事

no image

バンコクの冬

最近、飛行機での移動中は、話題作(あるいは古典)の長篇ミステリを読むというのがマイブームである。

記事を読む

no image

濁った水たまりで釣りをする

アブディンから電話がかかってきた。 彼は結局、身重の奥さんと北九州に「疎開」した。 スーダンの実家か

記事を読む

no image

旅のうねうね

宮田部長がツイッターでつぶやいていたのを見て、グレゴリ青山の旅エッセイ漫画『旅のうねうね』を読ん

記事を読む

no image

なぜ小説を書かないのか?

早大探検部OB会<特別ホラー篇>みたいな催しがあり、 「もっと若手がほしい」とのことで40歳の私も召

記事を読む

no image

また未知動物

磯崎憲一郎の第二弾、『世紀の発見』(河出書房新社)。 帯の惹句によれば 「ガルシア=マルケス『百年

記事を読む

no image

「困ってる人」書籍化プロジェクトX

私がプロデュースしている大野更紗「困ってるひと」の連載もそろそろ最終回近い。 いよいよ書籍化の相談を

記事を読む

no image

千葉のソマリランド人

千葉県東金に住むソマリランド関係者がいる、と前に書いた。 曖昧な言い方をしてしまったが、その人物、実

記事を読む

no image

米軍による驚くべき支援

28日(月)調布市被災者支援ボランティアセンターの手配で、被災地の特養老人ホームに物資を届けるという

記事を読む

no image

「売れる」ことに対する懐疑心

昨日のブログを見た集英社の担当Eさんに、「そんな自虐的なブログを書かないで!」と言われてしまった。

記事を読む

no image

アブディン『わが盲想』ゲラ&取材募集中!!

いよいよお待ちかね、私がプロデュースし5月15日発売(配本)予定のアブディン『わが盲想』(ポプラ社)

記事を読む

Comment

  1. 義理の弟 より:

    カラバオは歌わなかったんですか?私はローソーとネコジャンプなら歌えます。

  2. 飛鳥 より:

    すいません、ジュンク堂最後の2席を予約してしまいました…
    もう多分空きないです、すんません!

    • まいける より:

      今日昼休みに電話したら満席で断られました~:'( 私の分まで楽しんでください!
      下北のも他の予定が入ってて行けないし、都内でまたイベントやってくれませんか、高野さん??切実です~

  3. カツカレー より:

    今、タイなんですね。
    洪水の被害って、まだ残っているんですか?
    咳止めは試しました?

  4. 高野 秀行 より:

    >義理の弟さん、

    私はプア・チウィットはあまり聞いてないんです。
    ローソーやネコジャンプというのは最近の歌ですかね?
    最近のはまったくわからなくて…

    >まいけるさん、

    イベントは私が企画できるものじゃないんですよ。
    書店かどこかが企画してくれて、初めてできるもので…。
    他のテーマでよければ、5月に2回、都内と千葉でありますが。

    >カツカレーさん、

    洪水の被害? 全く聞かないですね。ていうか、すっかり忘れてました。
    誰もそんな話しないし。
    咳止めとは? ブロンみたいなもの?
    どっちにしても、私はもう酒で十分です。

    • まいける より:

      高野さん

      5月に千葉ですか!千葉県民としてはありがたいです!詳細決まり次第のお知らせ、お待ちしております 😀

まいける にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 今までは料理しながら献立を考えていた。だから最終的にどんな食卓になるのか自分でもなかなか予想ができなかった。 ReplyRetweetFavorite
    • 主夫になって9年目、献立を先に作ると晩飯の支度がスムーズになることに気づいた!! ReplyRetweetFavorite
    • RT : ここが #納豆 発祥の地かどうかは別として、「日本における納豆の本場中の本場」である可能性は高い。ひじょうに古い時代から納豆が食べられていたのも確かだろう。/納豆民族はアジア大陸では常に国内マイノリティにして辺境の民だった。(第九章)#高野秀… ReplyRetweetFavorite
    • これは今まで全く考えてみたことがなかった。言語に関するとても面白い問題だ。 https://t.co/Q4utk1E4ex ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「うちの息子は特に好きで、毎朝、納豆チャーハンを食べてる」。父親より小さめのターバンを巻いた若者ははにかんで頷いた。/インドのシーク教徒が作る納豆チャーハン。それは何料理と呼べばいいのか、もう全然わからない。(第五章より)#高野秀行 著『#謎… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「日本人もトナオを食べる⁉ ほんとう⁉」「本当だよ」「ファンタスティック‼」納豆を食べると言って欧米人に驚愕されるとは夢にも思わなかった。(第一章より) 辺境作家 #高野秀行 さんの新たなる代表作『#謎のアジア納豆』。納豆を求める旅がこんなに… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 新潮社 高野秀行著「謎のアジア納豆」が文庫になって帰ってきた! 知られざるアジア各地の納豆がここに!! https://t.co/G4uznohU9k ReplyRetweetFavorite
  • 2020年6月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑