*

タイの懐メロを熱唱してしまう

公開日: : 最終更新日:2013/02/07 高野秀行の【非】日常模様


こちらに来て初めて飲み会に行った。

「アジアの雑誌」編集長の夢野狂作夫妻、同誌で辺境レポートをよく書いているライターM氏、
夢野氏の盟友で「ニューズクリップ」紙編集長A氏と日本の観光庁で仕事をしている奥さんのIさん(ともに慶大探検部OB)、
台北とバンコクで日本人宿EZを経営しているH氏といった多彩なメンツ。

「アジアの雑誌」は体裁は風俗誌だが、中身の半分くらいは旅の記事。
「もはや日本で唯一の旅雑誌になってしまったので、けっこう需要があるんです」と夢野編集長は笑っていた。
いや、ほんとに貴重な雑誌だ。

思えば、私の『謎の独立国家ソマリランド』も第一章と第二章は、この雑誌の前身だった「Gdairy」(今でも同名の雑誌はあるが、
中身は全然ちがう)にダイジェストを書いたんだっけ。
当時も今も、こういう話を書かせてくれる媒体が他にないのだ。

今気づいたのだが、Amazon.comでも買えるようだ。
辺境好きの方にお薦めである。

さて、この晩、二次会はカラオケ。
私は日本では3年に一回くらいしかカラオケに行かないが、
20年前チェンマイに住んでいたときはタイ語の勉強をかねてかなりせっせと通っていた。

ちょうど同世代である夢野さんのタイ人の奥さんと一緒にアスニ・ワサンやバード、ナンティダー、マイ、ヌイなど
往年のヒット曲を熱唱してしまった。
私の「青春」は日本ではなくタイにあったことをなつかしく思い出した。

☆            ☆              ☆

大阪でのイベントが正式に発表されました。
関西でのイベントは前々から読者の方々より強く希望があったので、私も嬉しいです。

なお、下北沢B&Bのイベントは満員で受付終了、渋谷の丸善&ジュンクのイベントも定員間近だそうです。

関連記事

no image

「イスラム飲酒紀行」気持ちは早くも第2弾

今月25日に発売予定の新刊『イスラム飲酒紀行』(扶桑社)の予約受付がアマゾンで始まった。 なぜかわ

記事を読む

no image

私も外出作家へ

珍しく朝から快晴。 空気が澄み渡り、なにやらトルコのワン湖周辺にでもいるようだ。 部屋にこもっている

記事を読む

no image

加点法の偉大なる記録

最近私が島田荘司を強力に勧めたため、友人の二村さんが読んでみたらしい。 で、答えは「島田荘司は減点

記事を読む

no image

編集力

本の雑誌の杉江さんが『辺境の旅はゾウにかぎる』のゲラをもってきてくれた。 エッセイ、対談、書評など中

記事を読む

no image

昔の縁

仕事というより雑事に追われて ブログを書く時間もなかなかとれない日々が続いている。 昨日は稲城市で上

記事を読む

no image

オタクの底力を感じさせる『タイ・演歌の王国』

 タイ女性と結婚し、バンコクに十数年暮らしている友人Aさんが、「高野さん、この本、すごく面白いよ

記事を読む

no image

ウモッカ・イベント(?)終了

昨日、「未確認動物的イベント」というのに出た。 けっして盛況とは言えなかったけれど、コアなファンの方

記事を読む

no image

未知の未知動物マリンダとは?

右絵:目撃者によるスケッチ。 彗星のごとく、私の前に現れた未知動物「マリンダ」の続報をお伝えするのを

記事を読む

no image

オモロイ坊主

土曜日、「オモロイ坊主」こと藤川和尚を囲む会の新年会に参加させていただく。 藤川和尚はかつてタイで

記事を読む

no image

なぜ北欧人は放射能を恐れてヒロシマに逃げるのか

もはや日記代わりなので、ここにどんどん書く。 29日(火)、「おとなの週末」で連載している「移民の宴

記事を読む

Comment

  1. 義理の弟 より:

    カラバオは歌わなかったんですか?私はローソーとネコジャンプなら歌えます。

  2. 飛鳥 より:

    すいません、ジュンク堂最後の2席を予約してしまいました…
    もう多分空きないです、すんません!

    • まいける より:

      今日昼休みに電話したら満席で断られました~:'( 私の分まで楽しんでください!
      下北のも他の予定が入ってて行けないし、都内でまたイベントやってくれませんか、高野さん??切実です~

  3. カツカレー より:

    今、タイなんですね。
    洪水の被害って、まだ残っているんですか?
    咳止めは試しました?

  4. 高野 秀行 より:

    >義理の弟さん、

    私はプア・チウィットはあまり聞いてないんです。
    ローソーやネコジャンプというのは最近の歌ですかね?
    最近のはまったくわからなくて…

    >まいけるさん、

    イベントは私が企画できるものじゃないんですよ。
    書店かどこかが企画してくれて、初めてできるもので…。
    他のテーマでよければ、5月に2回、都内と千葉でありますが。

    >カツカレーさん、

    洪水の被害? 全く聞かないですね。ていうか、すっかり忘れてました。
    誰もそんな話しないし。
    咳止めとは? ブロンみたいなもの?
    どっちにしても、私はもう酒で十分です。

    • まいける より:

      高野さん

      5月に千葉ですか!千葉県民としてはありがたいです!詳細決まり次第のお知らせ、お待ちしております 😀

飛鳥 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : みなさん、納豆、お好きですか? ミャンマーの奥地で偶然出会った「納豆卵かけごはん」に衝撃をうけ、アジアの納豆文化を求めて彷徨う旅人は『辺境メシ』の高野さん! 『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』(高野秀行著 新潮文庫) ht… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆」のとなりに、コッソリと「くさいはうまい」(角川ソフィア文庫)を並べるともう臭いプンプン新刊台に♪ ReplyRetweetFavorite
    • 坂野さん、今回も素敵な装幀をどうもありがとうございました!! https://t.co/C6Q6VmjeUo ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行著「謎のアジア納豆」を早速購入しました。 1ページ目からミャンマー北部のカチン独立軍という反政府ゲリラの協力を得て、中国からインド国境を目指していると、ジャングルの村で出されたご飯がまさかの納豆卵かけご飯で…というトンデモナイ出だしでワクワクが… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉」高野秀行(新潮社) ついに文庫化です!UMAを求め世界各地を巡ってきた高野さんが、今度は未知の納豆を求めてアジアを巡ります。納豆?と思うかもしれませんが世界には未確認納豆が溢れています。高野さんにしか書… ReplyRetweetFavorite
    • RT : おはようございます、紀伊國屋書店ゆめタウン廿日市店です。 本日は が入荷しています。 R‐18文学賞読者賞受賞作『1ミリの後悔もない、はずがない』、一木けいさん、ぜひ今押さえておきたい作家さんです。 高野秀… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行氏の『謎のアジア納豆』は物凄く面白い本なので、沢山の人に読んでみて欲しい>RT 日本に暮らしている or 最近日本に来た外国人に「納豆は食べられる?」とニヤニヤしながら質問したことがある多くの日本人にとって、目から鱗が百枚くらいこ… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年6月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑