*

無料出張上映会&琉球映画

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

今月から始めた無料出張上映会の第一回が
台東区の施設で行われた。
主催者は旅好きな会社員の人。
その直接の友人知人が半分、それに知り合いの知り合いとか
ブログを通して参加した人など三十数名に
映像を見てもらった。
あんまり笑いが起きないので不安になったが、
みなさん、かなり真剣に見入っていたようだ。
面白いことを仕事でやっている人たちにも出会えて、
予想以上に充実した上映会だった。
      ☆       ☆      ☆
二次会でほろ酔いになってから、今度は他人の映像を観に新宿へ。
テアトル新宿で初公開の
「琉球カウボーイ、よろしくゴザイマス。」
 私はこれを観るのがもう三度目である。
 前にも書いたが、これまではあくまで「沖縄を深く知るための資料」としておもしろい
と思っていた。
 具体的にいえば、役者の魅力◎、映像○、構成・ストーリー△で、
映画としての総合評価は○と△の中間くらいだった。
 つまり純粋に映画としてはイマイチかな…というのが正直なところだった。
 ところがなぜか今回観たら、ダメなはずのストーリーも妙にするっと入ってきて、
映画のもつ濃密な空気にどっぷり浸ってしまった。
 特に「マサーおじいの傘」は素晴らしい。
マサーおじい役のカッチャンと
主人公の小学生にやさしく話しかける女子高生のおねえさん(ねね)は必見である。
 まあ、ハマってしまうと何もかもがよく見えるから説得力もないのだが、
最初はさんざん否定的に見ていたのにだんだんハマってくるのだから
もしかしたら本当に素晴らしい映画なのかもしれない。
 私の感覚が普通なのかおかしいのか、みなさん、直接観て確かめてください。

関連記事

no image

雑貨のような本

『腰痛探検家』の韓国語版が届いた。 カバーはメールで送られてきていたからすでに知ってはいたもの

記事を読む

no image

平凡妄想

『放っておいても明日は来る』(通称アスクル)を出版することが決まったとき、 まず思ったのは「ゲストの

記事を読む

no image

花のズボラ飯

久住昌之原作、水沢悦子画『花のズボラ飯』(秋田書店)を読む。 グルメ漫画を読んで、共感したのも初め

記事を読む

no image

ダチョウ力

J-WAVE「Classy Cafe」という番組の収録。 いつものようにナビゲーターの質問にてきとう

記事を読む

マスクマンになりたい

旧ユーゴ(主にコソボ)の取材が終わってだいぶ経つ。 ブログで写真をお見せしようと思っていたのだ

記事を読む

no image

半分以上、東京にもどる

昨日の朝、イサーン(東北地方)のウドンターニーから寝台列車でバンコクに到着した。 バンコクは一ヵ月

記事を読む

no image

また「テレビみたい」と言われるんだろう

日曜日の朝刊のテレビ欄で知ったのだが、 「ウルルン」の後番組として「地球感動配達人」とかいう番組がは

記事を読む

no image

発売が楽しみ?

『シワ夢』文庫版を出しても、少なくとも女性読者は4人残ってくれることが コメントから判明した。 そ

記事を読む

no image

ヒマラヤのイエティは神戸で飼育されていた!?

最近、さまざまな未知動物について調べているが、 私が知らなかったことがすごくたくさんあり、 驚きの毎

記事を読む

no image

霊能質問会で充実

親戚の葬儀に出てお骨をひろったあと、斎場からそのまま大阪へ直行、 「未確認思考物隊」の第5回「霊能質

記事を読む

Comment

  1. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    言い忘れたが、「マサーおじいの傘」は最初から最後まで全部字幕入り。
    1970年代の糸満という漁師町を舞台にしているので、
    子どもの会話すら字幕がないとよくわからないのだ。
    日本の映画で全登場人物が日本語で話しているにもかかわらず字幕付きというのも他にないんじゃないだろうか。
    それだけでも観る価値アリマス。

  2. ファンカニ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    先日はありがとうございました。
    上映会に参加した者です。
    映像を観た感想は、嬉しかったです。
    ちょっと変かもしれませんが、楽しかったとか、面白かったというよりも、本で読んでイメージしていたものを映像として見れて、そして何より高野さんご本人から体験した事を聴けて嬉しかったです。
    ただ、今頃になって高野さんに質問したい事がたくさんあって非常に悔やまれます。なんであの質問出来る機会に何も思い浮かばなかったのか・・・。
    最後にこの場を勝手に拝借して主催者の方に御礼申し上げます。

  3. khoshi より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (jig browser web; 1.0.4; V705SH)
    今回主催させていただいたkhoshiです。
    高野さん本当にありがとうございました。またご参加頂いた方々にも感謝しております。
    当日の様子を撮影した写真がありますので参加者の方で写真欲しいという方は私宛てにご連絡下さい。

  4. sawako より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; InfoPath.1)
    私も上映会に参加した者です。
    高野さんにお会いできて、お話を聞けて大感激でした。
    最近少しウツっぽく、何にもやる気の出ない状態が続いていたのですが、高野さんが尽きせぬバイタリティーお持ちとを知り、「私もがんばろう」という気力が出てきた気がします。
    本当にありがとうございました。主催者の方にもとても感謝しています。

ファンカニ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : みなさん、納豆、お好きですか? ミャンマーの奥地で偶然出会った「納豆卵かけごはん」に衝撃をうけ、アジアの納豆文化を求めて彷徨う旅人は『辺境メシ』の高野さん! 『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』(高野秀行著 新潮文庫) ht… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆」のとなりに、コッソリと「くさいはうまい」(角川ソフィア文庫)を並べるともう臭いプンプン新刊台に♪ ReplyRetweetFavorite
    • 坂野さん、今回も素敵な装幀をどうもありがとうございました!! https://t.co/C6Q6VmjeUo ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行著「謎のアジア納豆」を早速購入しました。 1ページ目からミャンマー北部のカチン独立軍という反政府ゲリラの協力を得て、中国からインド国境を目指していると、ジャングルの村で出されたご飯がまさかの納豆卵かけご飯で…というトンデモナイ出だしでワクワクが… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉」高野秀行(新潮社) ついに文庫化です!UMAを求め世界各地を巡ってきた高野さんが、今度は未知の納豆を求めてアジアを巡ります。納豆?と思うかもしれませんが世界には未確認納豆が溢れています。高野さんにしか書… ReplyRetweetFavorite
    • RT : おはようございます、紀伊國屋書店ゆめタウン廿日市店です。 本日は が入荷しています。 R‐18文学賞読者賞受賞作『1ミリの後悔もない、はずがない』、一木けいさん、ぜひ今押さえておきたい作家さんです。 高野秀… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行氏の『謎のアジア納豆』は物凄く面白い本なので、沢山の人に読んでみて欲しい>RT 日本に暮らしている or 最近日本に来た外国人に「納豆は食べられる?」とニヤニヤしながら質問したことがある多くの日本人にとって、目から鱗が百枚くらいこ… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年6月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑