*

週末イラクで壮大に脱力?

公開日: : 最終更新日:2013/08/28 高野秀行の【非】日常模様

2013.07.05shimokawa
月曜日、朝日新聞出版のPR誌「一冊の本」に掲載用に下川裕治氏と対談した。
下川さんとは初対面。旅行作家として私の大先輩だが、偉ぶるところが全くなく、飾らない人柄はまるでご本人が『週末バンコクでちょっと脱力』(朝日新聞出版)などに書かれているとおり。
こんなに書くものと本人にズレがない人も珍しい。

私と下川さんはやっていることの方向性は全然ちがうのに、周囲の状況に流されやすい性格や人付き合いに疲れやすい体質、あるいはいつまでたっても旅慣れないところなど、特に世間的にマイナスとされている部分がひじょうによく似ていて驚いた。

対談後は飲みに行く。
下川さんは「イラクのビザが取れるようになったらしい。一緒に行かない?」と私を誘ってくれたが、下川さん曰く「北アフリカからイラクを通って、ヨーロッパをポルトガルまで行って地中海を一周したい」

え、地中海を陸路で一周?

どうして、イラクに行けるというだけでそんな壮大な計画を立てるのだろう。私など、イラク国内を旅するだけでお腹いっぱいだ。
しかも「僕ももう還暦ですよ。そろそろ旅仕舞いしたい」とさっきまで言っていたのに。
下川さんが日本を代表する旅好きだというのは間違いないと確信したものだ。

関連記事

no image

戯作者とGダイ

井上ひさし『京伝店の煙草入れ』(講談社文芸文庫)を読む。 (「煙草」は字がちがう。「煙」が火へんに

記事を読む

善し悪しはわからないけれど。

先週の日曜日、コソボより帰国した。 今回の旅はひじょうに忙しかった。 移動につぐ移動、その合

記事を読む

no image

ムボガ

昨日、宮田珠己さんから『なみのひとなみのいとなみ』のサイン本が 送られてきた。 これで『なみのひと〜

記事を読む

no image

平山夢明、幻の助言

なぜかよくわからないのだが、『世界屠畜紀行』の内澤旬子さんとホラー作家(なのか?)の平山夢明さんと飲

記事を読む

no image

「未来国家ブータン」本日発売

都内の一部ではすでに発売しているらしいが、正式には本日が「未来国家ブータン」(集英社)の発売日であ

記事を読む

no image

ハダカデバネズミのことはソマリ人に訊け?!

もうとっくに出発したと思ってらっしゃる方も多いだろうが、 実はまだいます。 やっと仕事が全部片付い

記事を読む

no image

再結成?

携帯が鳴り、着信記録を見ると「公衆電話」。 いったい誰かと思ったら、探検部の後輩で、ワセダの三畳時代

記事を読む

no image

「アンダーグラウンド」は私の理想

下高井戸シネマで、エミール・クストリッツァ監督の超名作「アンダーグラウンド」を観る。 この映画を観

記事を読む

no image

豚追い人

バングラ北部への旅の途中、すごく変なものを見た。 ヤギか牛を追うように、棒をもって群れを追い立てて

記事を読む

no image

私の名は「ヒダヤットゥラー高野」

昨日のカロメに続き、連日のサプライズである。  数日前、在日外国人関係の取材で、在日パキスタン協会の

記事を読む

Comment

  1. 元タビビト より:

    下川さんといえば、学生や フリーターのバックパッカーたちの教祖さまみたいなかたですよねぇ。オイラも、単行本、文庫本 問わず、ほとんどの著作物を所有しちょります。でも、まだ ご本人にお目にかかったこと、ないんです。全部に サインと 為書きを 御願いしたら、してくれるかなぁ ?
    高野さんの著作は、ムベンベの単行本( 早稲探 著のデビュー作 )にも、地球の歩き方の別冊 アマゾン本にも、サインもらってるのになぁ。

  2. マチルダ より:

    いつもブログを拝読しています。現在韓国在住で、とある学校に通っているのですが、文章作成の時間に高野さんの『アヘン王国潜入記』のことを書きました。それを読んだ教授から韓国語版はないかと聞かれたのですが、現在出版されていますか?また予定などはありますか?

  3. 夕立 より:

    下川さんの本は以前読んだことあります。神戸から船(鑑真丸)だったか?に乗り中国に渡りシベリア鉄道で大陸横断、米国ではバスに乗り世界一周の旅をする内容のものでした。
    高野さんの本の面白さとは趣が違ってましたけどね。
    高野さんの本は、漫画家の水木しげるさんの人生論と通じるものがあります。
    だから面白い。世の常識にとらわれない処など似ています。

  4. Kenzo Hirohashi より:

    タイや早稲田付近に出没率が高い(?)という意味で共通の高野さんと下川さんが初対面とは!どちらも存じている私としては驚きでした。対談、私も参加したかったなあ。

マチルダ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • なんと、「飛んで埼玉」の中で「埼玉解放闘争」の都市伝説を流していたヤバイラジオ局FM NACK5から出演依頼が来た。早速闘争の同志として参加してほしいということか。私は東京都民だが出身は八王子で都会レベルはたしか「E」だしな。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日「翔んで埼玉」をずっと「飛んで埼玉」と書き間違えてツイートしていた。漢字が読めないと揶揄されている人がいるが、私も同類。 ReplyRetweetFavorite
    • この映画はコメディながらとても普遍性のあるテーマを扱っている。もし私が大学で民族問題を講義するときがあれば、まず「飛んで埼玉」を学生に見せたい。そうすれば、差別や偏見、反抗、弾圧、仲間割れ、利権、再蜂起などの展開がよくわかってもらえるはず。初回の授業は映画で終わってしまうが。 ReplyRetweetFavorite
    • ミャンマー東北部なら、シャン州軍とワ州連合軍が、この映画の埼玉と千葉の関係にちょっと似ている。まあ、ワ軍は千葉というより(この映画の中での)群馬みたいな立ち位置だが。 ReplyRetweetFavorite
    • 最初のうちはただ爆笑していたのだが、埼玉が千葉と抗争を始めるあたりから、なんだか妙になじみのある世界になってきた。ミャンマー辺りの民族紛争にすごくよく似てる。中央政府がマイノリティを切り崩していく感じとか、マイノリティの中でもいくつもに分裂している様子とか。 ReplyRetweetFavorite
    • Amazon Primeで武内英樹監督の「飛んで埼玉」を観た。どんな話か全く知らなかったので、まあ、びっくりしたのなんの。「埼玉解放運動」の“都市伝説”を流しているのが私がよく出演している大宮のFMNACK5だったし。あそこはそんなヤバいラジオ局だったのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 内澤旬子『着せる女』(本の雑誌社)内澤さんの最新刊は友人・知人のおじさんたちを素敵に大変身させるファッションエッセイです。出版業界で「ファッションセンス偏差値35あたりを彷徨う」と言われるおじさんたちの変貌やいかに。高野秀行さん、宮田珠己… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑