*

育ての親

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

自然現象なのかバイオリズムなのか、
周期的に「落語がすごく聞きたい」という時期がくる。
今がその時期。
池袋で「林家正蔵・柳家三三(さんざ)二人会」をきく(見る?)。
目当ては三三。
もう何年も前、まだ二つ目だった三三をたまたま寄席で見たとき、
すごく雰囲気のある若手だなと印象深く思った。
「みみちゃんと呼んでね」などと言い、小三治の弟子とは思えぬ色気もあった。
今回聞くと、想像以上に素晴らしい。
声がいいし、啖呵もきれる。
観客にせまってくる何かをもっている。
「やはり俺が見込んだだけはある」とうなずいた。
一度寄席で聞いただけなのに「育ての親」の気分を満喫してしまい、
三三さんには迷惑な話だが、
まことに楽しい一席だった。

関連記事

no image

攘夷気分

中国漁船事件が勃発、ほんとに中国っていうのはとんでもないし、日本政府の弱腰には怒り心頭だ! 私を含

記事を読む

no image

超高級リゾートアイランド

インド洋に浮かぶ超高級リゾートアイランド、セイシェルにいる。 あやうく入国審査にひっかかりそうになっ

記事を読む

no image

エチオピアへ

突然ながら、6月1日より30日まで一ヵ月間、 アフリカ方面に出かけることした。 行き先は未定だが、と

記事を読む

no image

もう10月

いつの間にか10月になっていた。 先月読んだ本の中から面白いものをまとめて紹介しよう。 吉田誠一『ヨ

記事を読む

no image

プロレスの罠

80年代から90年代にかけて、年齢としては16歳から30歳くらいまで、 私はプロレスにものすごく夢

記事を読む

no image

幻の旅人、復活!

「旅行人」2010年上期号が届いたので、じっくり読む。 いつにもまして、マニアックな現地情報と美し

記事を読む

no image

メモリークエスト締切り間近!

最近すっかりブログでの案内を忘れていたが、 web幻冬舎で連載中の企画「メモリークエスト」は まだ依

記事を読む

no image

奄美合宿

ツイッターを始めてから、ブログに書いたのかそれともツイッターに書いたのかわからなくなることが多々ある

記事を読む

no image

長井健司、ミャンマーに死す

毎日このブログではお気楽な話題を提供していたが、 ミャンマー情勢は緊迫の一途をたどっていた。 私のと

記事を読む

no image

「ミャンマー」じゃなくて「バマー(ビルマ)」だった

昨日、高橋ゆりさんからメールが来た。彼女も『ハサミ男』に名探偵サンシャーの話が出てくることにびっくり

記事を読む

Comment

  1. トニー より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10_5_6; ja-jp) AppleWebKit/525.18.1 (KHTML, like Gecko) Version/3.1.2 Safari/525.20.1
    既にご存知かもしれませんが、一昨年、柳家三三さんが落語の監修、指導をした「しゃべれども しゃべれども」という映画(原作は佐藤多佳子さん)がありました。
    この作品、主演はジャニーズの国分太一なので、ちょっと腰が引けるかもしれませんが(私もそう思ってたんですが)、実に真っ当な日本映画で、良作でした。特に故・桂枝雀の「まんじゅうこわい」のビデオを教材に落語を学ぶ子役が素晴らしいです。もし、ご興味湧きましたら、DVDが出てますので、どうぞー!
    公式サイト
    http://www.shaberedomo.com/

  2. ちか より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    高野さんのアヘン王国潜入記を読みました!
    ゴールデントライアングルなんてコワモテのマフィアの手下が監視の中、極秘裏に栽培が・・・なんて勝手に想像してたけど、ワの村の人はなんだ普通の日本の農家の人とそんなに変わんないじゃん!って、すごくびっくりしました。
    高野さんが伝える現実は、超俯瞰目線なのに五感と頭とハートの主観目線がフル活用されていて読んでる私にばっちり届きました。
    次はどの本読もうかな〜☆

トニー へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑