*

歯型

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ワセダの野々村荘の三畳間を再度借りたはいいものの、
家から片道1時間もかかるし、行く用事も特にないし、
誰も宿泊所に使いたがらないしで、
結局手放すことにした。
「手放す」といってもただ借りていただけなんだが。
後任は探検部現役の後輩。
彼は「ワセダ三畳青春記」を読んで早大に入り、探検部に入ったというから
野々村荘に入れて本望だろう。
後輩を連れて大家宅を訪れたら、
大家のおばちゃんとロックンローラーの長男が出迎えてくれ、
この間、長男が34年来の親友と家の中で取っ組み合いの喧嘩をしたという話をしてくれた。
長男が親友を「殺してやる!」と叫んで首を絞めたところ、
親友は長男の腕にかみついた。
「このままじゃどっちかが死んじゃう」と驚いたおばちゃんが110番し、
そのうちパトカーが到着、長男と親友は警察に連行された。
牛込警察署で長男は腕についた歯型を「傷害」の跡として確認された。
しかも歯形は2つ並んでいた。
「大きいほうが友達ので、小さいほうがおふくろだったんだよ。
いや、恥ずかしかったね」と長男。
「え、おふくろ?」
「あのね、あたしも必死になって止めようとして、かみついたのよ」とおばちゃん。
長男の腕に34年来の親友と84歳の母親が二人して食らいついていたらしい。
その2つの歯形を警察は何十枚と、角度を変えて写真撮影していたそうな…。
後輩は唖然としていた。
あとで彼曰く、「まったく本のままなんですね」
彼もやっと私の本が事実を誇張しているのでもなんでもなく、
どちらかといえばマイルドな事件をマイルドに書いていただけと気づいてくれたようだ。

関連記事

no image

幻の国ソマリランド

エチオピアを経て、ソマリアに入った。 ここが今回のほんとうの目的地なのだが、さすがに出発前は言いづら

記事を読む

no image

なぜ知っているのか

渋谷で、メディアファクトリーの担当Nさんと打ち上げ。 Nさんによれば、『間違う力』は社内ではたいへん

記事を読む

no image

マンガ「ムベンベ」と単行本「しわゆめ」

 秋田書店へ行き、同社「ヤングチャンピオン」誌で、7月から連載開始の漫画「ムベンベ」の第一話・生原稿

記事を読む

no image

ドリアン系の作家たち

私が中島義道先生や町田康の本を面白いと書いて、なんだか意外だったようだが、 ほんとうに両方とも好き

記事を読む

no image

ブログとツイッター

半年ほど前、誰かに誘われてツイッターを始めたものの、使い方がよくわからないうえ、 面倒くさくなって放

記事を読む

no image

霊感はない、ただ見えるだけ

工藤美代子『もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら』(幽ブックス)という本をもらっていたこ

記事を読む

no image

読んではいけない

仕事をしなければいけないのに イエス小池『漫画家アシスタント物語』(マガジン・マガジン) なんて奇

記事を読む

no image

ブランク

2ヵ月半ぶりにスポーツジムの水泳教室に行ったら、 運悪くいきなりバタフライ特集。 あっという間に腕が

記事を読む

no image

「本の雑誌」存亡の危機

ご存じの方も多いと思うが、世界同時不況のあおりを食らい、 本の雑誌社の経営が突然悪化し、 「本の雑誌

記事を読む

no image

鬼のミイラと地震予知動物

「未確認思考物隊」の仕事は続く。 先週は大分県宇佐市にある「鬼のミイラ」(写真・右)と 「地震予知動

記事を読む

Comment

  1. かりん より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 SA700iS(c100;TB;W24H12)
    「ワセダ三畳〜」を古き良き時代の「トキワ荘」と同感覚で読んだ私としては、今だ下宿も大家さんも健在の事実が嬉しいです。早稲田界隈には、「街の文化遺産」がまだ残ってるんですね。

  2. machi より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; GTB5; .NET CLR 1.1.4322)
    こんな有難い(文字通りの意味でも)お話をタダで読めるなんて
    何でもっと早くこのサイトにたどり着かなかったんだろう?

  3. すぎまさ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB5; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.30)
    はじめまして。高野さんの作品を楽しく読ませていただいております。
    ブログのほうもちょこちょこ読んでわらかせてもらってます。
    おばちゃんの健在っぷりといつまでもロックな長男氏なんですね。
    これからも楽しく読ませていただきます!

  4. hide より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.0.04506)
    そうだったんですか!
    大家のおばさんはご健在だったのですね。
    ずっと気になってたんです。まだご健在なのかどうか。
    しかも歯型をつけられるほど元気なのですね。
    万歳!!

  5. トニー より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10.5; ja-JP-mac; rv:1.9.0.8) Gecko/2009032608 Firefox/3.0.8 GTB5
    「ワセダ三畳青春記」は、去年読んだ本の中で、もっともおもしろおかしく、そして胸に迫った1冊でした。終盤は最高のラブストーリーだと思います。今はそうではないのかもしれませんがw
    それにしても大家さんがご健在とのことで、とても嬉しいです。
    歯形が付くくらい噛む力が残ってるようなので、まだまだお元気なんですね。安心です。
    それにしても息子がなぁ。。。

  6. gadogado より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; BT Openworld Broadband; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    この部屋から新しい純文学が生まれる日を期待していたのですが、残念です。歯ブラシ男も気になります。

machi にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : みなさん、納豆、お好きですか? ミャンマーの奥地で偶然出会った「納豆卵かけごはん」に衝撃をうけ、アジアの納豆文化を求めて彷徨う旅人は『辺境メシ』の高野さん! 『謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉』(高野秀行著 新潮文庫) ht… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆」のとなりに、コッソリと「くさいはうまい」(角川ソフィア文庫)を並べるともう臭いプンプン新刊台に♪ ReplyRetweetFavorite
    • 坂野さん、今回も素敵な装幀をどうもありがとうございました!! https://t.co/C6Q6VmjeUo ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行著「謎のアジア納豆」を早速購入しました。 1ページ目からミャンマー北部のカチン独立軍という反政府ゲリラの協力を得て、中国からインド国境を目指していると、ジャングルの村で出されたご飯がまさかの納豆卵かけご飯で…というトンデモナイ出だしでワクワクが… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「謎のアジア納豆 そして帰ってきた〈日本納豆〉」高野秀行(新潮社) ついに文庫化です!UMAを求め世界各地を巡ってきた高野さんが、今度は未知の納豆を求めてアジアを巡ります。納豆?と思うかもしれませんが世界には未確認納豆が溢れています。高野さんにしか書… ReplyRetweetFavorite
    • RT : おはようございます、紀伊國屋書店ゆめタウン廿日市店です。 本日は が入荷しています。 R‐18文学賞読者賞受賞作『1ミリの後悔もない、はずがない』、一木けいさん、ぜひ今押さえておきたい作家さんです。 高野秀… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行氏の『謎のアジア納豆』は物凄く面白い本なので、沢山の人に読んでみて欲しい>RT 日本に暮らしている or 最近日本に来た外国人に「納豆は食べられる?」とニヤニヤしながら質問したことがある多くの日本人にとって、目から鱗が百枚くらいこ… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年6月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑