*

やさしい日本語

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

以前一緒にミャンマー新聞をつくっていて、今は難民認定を受けているミョウさんと
8年ぶりくらいに会う。
当時彼は居酒屋の店長をしながら新聞をつくっていたが、
その後も波瀾万丈の人生を歩んでいるようだ。
ミョウさんの難民認定を手伝ったのは、やはりその新聞社で仕事をしていた小池昌さん。
フィリピンの専門家で、今は在日外国人情報センターを運営してる。
この二人にミャンマー難民や在日外国人問題をうかがう。
ミャンマー(正確にはカレン族)の第三国定住プログラムでやってきた難民の人たちは
今高田馬場の難民事業本部で日本語研修を受けているが、
3月に研修が終わるまでマスコミからの取材は受け付けていないという。
そして、3月以降は「未定」。
なんとそこから先は国は基本的に関与せず、
個人やNPO、地方自治体、企業などの「有志」に任せてしまうという。
おいおい、タイ・ミャンマー国境の僻地から大都会に呼び寄せて、
有志にお任せはないだろう。
いったいそのあと、どうなってしまうんだろう。
そっちの話は重かったが、小池さんがやっている在日外国人向けの「やさしい日本語」の話は未来性が感じられ、面白かった。
阪神大震災以来、在日外国人への防災指導で、わかりやすい簡単な日本語を使おうという動きが各地で活発化してるんだそうだ。
小池さんは相変わらずのユニークな発想で、この「やさしい日本語」と
世界で話題になっているというgrobish(非英語圏の人間のための共通英語)を結びつけようとしている。
こっちは私もなにか協力ができるかもしれない。

関連記事

no image

今さらだが…

角田光代『八日目の蝉』(中央公論新社)を読む。 今まで読んだ角田作品の中で(そんなにたくさん読んでな

記事を読む

no image

奇人コレクション

その昔、「PLAYBOYドキュメント・ファイル大賞」というノンフィクションの賞があった。  選考委

記事を読む

no image

ヘンタイ監督の話

今月号の『映画秘宝』(洋泉社)で、大槻ケンヂと小沢真珠の対談が載っている。 話題は、佐藤圭作監督『

記事を読む

no image

「アドゥンはタイ人」さんご来場

上智大学の講義第2回。 ゲストであるタイの伝統音楽家アドゥンさんと大学の北門で待ち合わせていたのだ

記事を読む

自殺削減を国策として掲げたいワケ

最近、人に会うと「賞をとって忙しくなったんじゃない?」と言われるが、 実際には賞云々以前に、二

記事を読む

衝撃! これがアマゾン時代の私の恋人?!

ブラジルのアマゾンでフクシマ系移民を探しているらしいドキュメンタリー監督の松林要樹君からメールが

記事を読む

no image

今明かされる「野々村荘秘話」

  新国劇の島田正吾が亡くなった。  「新国劇」など、私には何の関わりもないと思うだろうが、多少の縁

記事を読む

no image

「ワセダ三畳記」が増刷!

『ワセダ三畳青春記』の増刷が決まった。 集英社文庫、5冊目出してやっと増刷だ。 私は最初『異国トー

記事を読む

移住するなら盛岡がいい

先週の土曜日、盛岡市のMORIOKA TSUTAYAでのトークイベントに行ってきたのだが、盛岡の読書

記事を読む

no image

何の詐欺だろう?

ここ1ヶ月で2回、実家の母親から「変な電話があった」という知らせがあった。 最初は「ヒデユキ」を名乗

記事を読む

Comment

  1. おおにし より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/534.10 (KHTML, like Gecko) Chrome/8.0.552.237 Safari/534.10
    以前はミャンマーの出稼ぎはよく働くという認識でしたが 一度UNHCRの難民認定を受けると 全く使えなくなるというのが今の私どもの認識です すぐにジョブホッピングするし ビザを取ってくれた場合つまり契約がある場合のみ忠誠心はありますが
    UNHCRの人に確認したところ マレーシアにおいて 難民ビザを確保したからといって働いても良いという事にはならなくって 「おめこぼししてね」と言うレベルのものだそうです 「なんじゃそりゃ」みたいな感じですが そんなもんみたいです

  2. LP より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 F08A3(c500;TB;W30H20)
    波乱万丈なんでしょうね。
    日本で書かれたカイトランナー(邦題忘れた)みたいな難民文学を読んでみたいな。

おおにし にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑