*

「世にも奇妙なマラソン大会」見本入手

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


本の雑誌社に行き、2月1日発売予定の新刊『世にも奇妙なマラソン大会』の先行予約サイン本のために、100冊ほどにサインをする。
旅ものということなら、『アジア未知動物紀行』(講談社)以来、1年半ぶりの本だ。
今回もカバーデザインは福住修さんに頼んだが、
期待通り、ツボを心得た装丁で、高野本にしてはメジャーな雰囲気を醸し出している。
中身は相変わらずどマイナー路線であるが。
今回著者である自分にとってはアジア・アフリカ奇譚集がどう評価されるのかがいちばん気になるところだ。
ともあれ、杉江由次さん、福住さん、どうもありがとうございました。
これで売れなければ中身のせいです。

関連記事

no image

シャングリ・ラは実在した!

探検部の後輩・角幡唯介の開高健ノンフィクション賞受賞作品 『空白の五マイル』(集英社から刊行予定)の

記事を読む

no image

言い忘れた!

いい忘れていたのだが、昨日の晩、NHKクローズアップ現代で 生物多様性に関する番組があり、 私の上司

記事を読む

no image

最近、高野秀行の本がつまらないと思われている方、私以外にいらっしゃいますか?

最近気づいたのだが、Yahoo知恵袋になんとこんな質問が寄せられていた。 「最近、高野秀行の本

記事を読む

no image

ゲバラと私はどこで道を違えたのか?

 映画「モーターサイクル・ダイアリーズ」を見た。  若き日のチェ・ゲバラが友人と一緒に南米を旅する話

記事を読む

no image

おとなの週末

またしても「こんなときに」という話だが、講談社の月刊グルメ誌「おとなの週末」で 「移民の宴(うたげ

記事を読む

no image

タンデム三輪車「トライデム」

拙著『異国トーキョー物語』の最終章に「盲目のスーダン人留学生・マフディ」という男が出てくる。 本名は

記事を読む

no image

立松和平とドンガラ

立松和平氏が亡くなったというニュースを見て驚いている。 というのは、一昨日、たいへん久しぶりにその

記事を読む

no image

自意識が森に溶けていく

以前、本の雑誌の杉江さんが「すごいドキュメンタリーですよ!」と NHKハイビジョンでブラジルの先住

記事を読む

no image

トルクメニスタン特集

毎回ディープな特集で楽しませてくれるバンコク発の特殊月刊誌「G-Diary」。 ちょっと遅くなって

記事を読む

no image

上流階級の腐敗っぷりはアジアン・ミステリの十八番か

 アジアン・ミステリ読書週間第2弾!というわけではないけど、たまたま今度はタイのミステリを読んでし

記事を読む

Comment

  1. 杉江@本の雑誌 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10.5; ja-JP-mac; rv:1.9.1.16) Gecko/20101130 Firefox/3.5.16
    いえいえ、営業のせいですよ。
    頑張ります。

  2. YU より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.2.13) Gecko/20101203 Firefox/3.6.13 (.NET CLR 3.5.30729)
    「世にも奇妙なマラソン大会」楽しみにしています。
    「アスクル」は、サイン入りを持ってますが、今回は予約忘れてしまいました。
    (残念) 
    ・・土曜日、3年半ぶりに我家に帰る高野本ファンより・・

  3. 高坂 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.2.13) Gecko/20101203 Firefox/3.6.13 ( .NET CLR 3.5.30729)
    「表紙良いなぁ」と思いながら帯コメントを見て笑いました!!

  4. nil より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; rv:6.0.1) Gecko/20100101 Firefox/6.0.1
    「世にも奇妙なマラソン大会」読みました。奇譚集、確かに毛色が全然違いますね。ルポとかエッセイというよりも小説です。オチをつけない作法は怪獣記の衝撃的な結末(私にとって)と一緒ですね。永遠に着地しない室伏のハンマーといったところでしょうか。
    こんな事を知らない人間に言われたら腹が立つかもしれませんが、成功か失敗かと言うなら、まだ工事中のように思えました。これから高野レフェリーがどんなアングルでマッチメイクしていくのか、楽しみにしています。

YU へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ようやく迷いの森から脱出した。今回ばかりは無理かと思ったけど、出られるときは出られるのだ。でもまだ終わりではない。目的地まで気を緩めず、しっかり歩まねば。くれぐれも途中で飲んだくれたりしないように。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さんの『イスラム飲酒紀行』がKindleで188円になってるよお。 私はお酒飲まないので「そこまでして飲むの?」という想いと、タイトルの矛盾通りの「イスラム圏ってお酒ダメじゃなかったの⁉︎」という驚きがあった本。(昔読んだ記憶を掘り… ReplyRetweetFavorite
    • ちなみに、迷いの森からの脱出方法は不明。いつも、あるときふと原稿が書けてしまう。でもその「あるとき」がいつやって来るのかは全く読めない。1時間後なのか1週間後なのかも。 https://t.co/dGG5k7ZXca ReplyRetweetFavorite
    • 近くを見渡すと別のキューブがあり、「こっちだったのか!」と慌ててそれに取りかかるがやっぱり色を合わせることができず、ウンウン唸るうちに「俺がやるべきなのはルービックキューブじゃない!」と気づき、突然自分が密林の真っ只中に迷い込んで… https://t.co/J7Eufq3qUN ReplyRetweetFavorite
    • 私が原稿を書くのはルービックキューブをやるのに似ている。最初は「2回ぐらい回転させればできそう」と思い、トライするのだが、意外とできず、「もしかしたらけっこう難しいのかも」と思い直す。さらに悪戦苦闘を続けるうちに、ハタと「やるのはこのキューブじゃない!」と気づく。 ReplyRetweetFavorite
    • 深い深い迷いの森に入ってしまった。果たして出られるのか? ReplyRetweetFavorite
    • RT : 弊社刊の『世界の辺境とハードボイルド室町時代』(高野秀行、清水克行)がAERAdot.で紹介されました。 9/5(火)には、高野秀行さんの『語学の天才まで1億光年』も発売されます。 ReplyRetweetFavorite
  • 2022年8月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑