*

異種格闘技戦、夏休み原理主義、未来国家

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

26日(日)、リブロ池袋店でジャーナリストの木村元彦さんの「争うは本意ならねど」(集英社インターナショナル)の刊行記念トークイベントにお招きを受けて、木村さんと「異種格闘技戦」。
レフリーは最近、出版界のNPO個人と呼ばれる「炎の営業」杉江さん。
杉江さんはこの本の出版に何も関わりをもたないのに、当たり前のように集英社インターから「司会をお願いします」と頼まれて登場するのだから、すごい。
なんとも驚いたことに、杉江さんは木村さんの全著作を読み直し、眠れぬ夜をすごして
この日のためにレジュメを作ってきたという。
私はそれを熟読し、「なるほど!」と膝を打った。
この通りに行けば素晴らしいイベントになるであろう——。
しかし、相手はシュートマッチの鬼、木村元彦である。
杉江さん苦心のレジュメをものともせず、いきなり初っぱなからセルビアの極右というディープな話に突入してしまった。
あとはもう勢いで突っ走るだけ。
レジュメが吹っ飛んだ杉江さんは最初呆然としていたが、私たちは二人とも
「杉江さんがいるから、大丈夫だろう」と安心しきって、自由なトークに専念。
プロレス的なエンタメノンフ文芸部部員との対談とちがい、「異種格闘技戦」は
ひじょうに刺激があり、やっているほうも充実感があった。
今後はなるべく肌合いがちがう人と対談がやりたいと思った。
         ☆         ☆        ☆
…と思ったのだが、昨日は宮田部長と対談。
もうこれで一体何度目の対談だろうか。鼎談も入れたら、5回目か6回目、いやそれ以上か。
今更話すこともないやと思っていたのだが、お互い新刊が出るとなれば、話も別。
こちらは打って変わって、ルチャリブレのような、ゆるくて楽しい馬鹿話である。
3月25日に発売予定である宮田さんの新刊「日本全国津々うりゃうりゃ」(廣済堂出版)は、「ときに意味もなくずんずん歩く」以来の、めっちゃアホな旅エッセイだ。
蓮見重彦が映画について「表層批評宣言」なることを言っている。
監督の性格や出身とか時代背景とかそういうことを一切考えず、映画の中のことだけを語るべきという趣旨だと私は理解している(間違ってるかもしれないけど)。
宮田さんの言うことがそれと実はそっくりなのだ。
例えば、彼は水中の生物や仏像や寺院などが好きだが、その由来とか歴史とか性質についてはとんと考慮しない。激しく否定している。
「表面しか見たくない」と言う。
まさに蓮見重彦ばりの「表層批評宣言」——と言いたいのだけど、
宮田さんは「批評」なんかしないし、「宣言」はもっとしない。
これは一体何か?
私はこの忙しいなか、原稿執筆も旅の準備もそっちのけでずっと考えていたのだが、「きっと、『夏休み原理主義』なのだ!」と思い当たった。
海とかジェットコースターとか変な形のものとか観光地とか、とにかく宮田さんは遊ぶのが大好き。しかも夏休み的な遊びが好きである。
で、歴史や性質、生態などの背景が嫌いというのは、つまり勉強が嫌いってことだ。
本人曰く「受験勉強で疲れてしまい、今それを取り返している」。
いったい何十年かけて受験勉強の疲れを癒しているのかと思うが、
そこが夏休み原理主義たる所以だろう。
そんなことを喋ったあと、ソマリ行きのお土産に日本の絵はがきを買おうと思ったら、
宮田さんがつきあってくれるという。
彼は原稿執筆ではいつも煮え切らずにうんうん言っているが、実生活ではおそろしく有能な人で、店の店員のところに言ってパッと訊いたり、「美術のコーナーに本の形になった絵はがきがあるかもしれない」とどんどん進んでいったりで、頼もしい。
あっという間に用件が終わり、びっくりしてしまった。
ついては、今年の夏は宮田さんと奄美大島へ行き、夏休み原理主義のトレーニングを受けようと思っている。
      ☆         ☆         ☆
それでまた「トークイベント」のお知らせです。
こちらは「未来国家ブータン」(集英社)がメインテーマ。
「旅の書店 のまど」にて3月30日開催のイベントがあっという間に予約が1杯になり、さらに希望者が多数おられるとのことで、急遽4月6日(金)に追加のイベントをやることになりました。
詳しくはのまどのHPをご覧下さい。
開始時間は3/30(金)と同じで、7時開場、7時半スタートです。

関連記事

no image

私は魔境に生きた

本の雑誌の杉江さんに勧められ、 島田覚夫『私は魔境に生きた』(光人社NF文庫)を読んだ。 ニューギ

記事を読む

no image

バンコク炎上

昨日は友人のKさんに教えられ、twitterで、バンコク在住のRichard Barrowという欧

記事を読む

no image

逃亡先としての「辺境」

知人に勧められて、乃南アサの『涙』(新潮文庫)を読んだ。 1964年、東京オリンピックの最中に殺人

記事を読む

no image

ゼロの衝撃

何人かの知人が絶賛していたので読んでみた坂口恭平『TOKYO 0円ハウス 0円生活』(大和書房)。

記事を読む

no image

ナカキョーの文庫解説に感激

西芳照『サムライブルーの料理人』(白水社)を読む。 サッカー日本代表専属でワールドカップにも2回帯

記事を読む

no image

他人ごとなら面白いが

「本の雑誌」今月号が届いた。 特集は「この妻がすごい」。 小説、ノンフィクションを問わず、本に出て

記事を読む

no image

『メモリークエスト』本日発売

まずはお知らせ。 『メモリークエスト』(幻冬舎文庫)、いよいよ本日発売です。 アマゾンや地方では明

記事を読む

no image

芳醇そば焼酎 みんがらーば

高田馬場のミャンマー料理屋「ミンガラバー」で、 ノンフィクション作家の西牟田靖君とまだ新婚の奥さん

記事を読む

no image

白骨になっても大丈夫

先日山形に行ったとき、山形大法医学教室の梅津和夫先生にDNAの検査をしてもらった。 口の中に綿棒を突

記事を読む

no image

療養中の人にはアスクル?

「アスクル」、売れ行きはどうかわからないが、 評判はいい。 amazon.comでも、私の本の中では

記事を読む

Comment

  1. コシチェイ より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 N05A(c100;TB;W24H16)
    「表層批評」わかります!マニア世界は後入りするの大変ですからね。好きなように楽しめばいいじゃん!って思いますけど偏狭になっちゃう…(/_\;)夏休み的な楽しみ方が一番いい。

  2. しげえつ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.30; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; MDDR; InfoPath.2)
    26日参加しました!とっても楽しい時間を過ごせました。ブログやツイッターもいいけど、やっぱり直接言葉を聞くのが雰囲気も感じられていいですね。
    トークイベントin奄美大島、ぜひ実現してください!
    やっぱり夜は寝袋で野宿でしょうか…。

  3. しげえつ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.30; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729; MDDR; InfoPath.2)
    26日参加しました!とっても楽しい時間を過ごせました。ブログやツイッターもいいけど、やっぱり直接言葉を聞くのが雰囲気も感じられていいですね。
    トークイベントin奄美大島、ぜひ実現してください!
    やっぱり夜は寝袋で野宿でしょうか…。

コシチェイ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年10月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑