*

部長命令、下る!!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

エンタメノンフ文芸部の活動内容をひた隠しにしてきたが、
一昨日更新のタマキング「スットコランド日記」で公開されてしまった。
そうなのである。
みんなで小説を書くのが活動内容なのだ。
しかも来月の20日までに書き上げて部室(本の雑誌社)に持っていかねばならない。
しかもしかも、みんなにめちゃくちゃにけなされたあと、
どこかに発表しなければならないのだ。
(発表場所は未定)
私も内澤さんも、ひどく後悔して、「汽車に乗って逃げたい」(なぜか「汽車」である。さすが文芸部だ)と泣き言をいったりしてたら、宮田部長から昨夜突然こんなメールが来た。
私信を無断で公表していいのかと悩んだが、「部長」からのメール、つまり私信じゃなくて
「部信」(?)なのでここに公表したい。
エンタメノンフ部員諸君
部長の宮田だ。
この期に及んで、
及び腰なメールが各方面よりどしどし届いているが、
何をふぬけたことを言っておるか。
はじめからそんなことでは部を立ち上げた意味がない。
ということで、一文字も書けませんでした、は部長権限により認めない。
どうしても、いきなり書くのはハードルが高い、という人は、
書きたいと思っているプロットと、
それがなぜ書けないのか、
つまづいている理由を整理して、持参するように。
審問にかける。
プロットも思い浮かばない人は、
自ら締め切りを設定し、
いついつまでに書き上げるか公言すること。
というわけで部員は、不退転の決意で、部会に臨むように。
あらかじめ言っておくが、自主退部は認められない。
退部するなら、部長の私を倒してからだ。
オス!
…という部長命令が下ったわけである。
これを見て、宮田部長がふざけているとか、遊び心があると思ったら間違いだ。
部長は本気なのだ。
本気で小説を書かねば、と思っているので、本気で部員たちを追い込むことで
自分を追い込んでいるのだ。
ほんとにアホなんだなあ…。

関連記事

no image

読書がすすむ

最近ずっと、あまり実にならない取材が続いている。 西へ東へうろうろしているが成果はこれといって、な

記事を読む

no image

このくだらない本がすごい!

正月早々、高橋秀実『はい、泳げません』(新潮社、現在は文庫も出ている)を再読。 超カナヅチの秀実さ

記事を読む

no image

こんな名著が!

たまたまネットで見つけた小島剛一『トルコのもう一つの顔』(中公新書)を読んだら、 あまりの面白さ、

記事を読む

no image

編集力

本の雑誌の杉江さんが『辺境の旅はゾウにかぎる』のゲラをもってきてくれた。 エッセイ、対談、書評など中

記事を読む

no image

異常ラジオ「東京ガベージコレクション」出演

平山夢明兄いがパーソナリティを務めるTOKYO FM「東京ガベージコレクション」というラジオ番組

記事を読む

no image

花と兵隊

タイ・ミャンマー国境に今でも住んでいる元日本兵(未帰還兵)を撮った ドキュメンタリー映画「花と兵隊」

記事を読む

no image

Iran no kiken

Iran no Tehran,Esfahan to mawari, ima wa K

記事を読む

no image

溝口敦『暴力団』は入門書にして名著

タイトルからして素晴らしい。溝口敦の『暴力団』(新潮新書)。 「暴力団のいま」でもなければ「ヤクザ

記事を読む

no image

再結成?

携帯が鳴り、着信記録を見ると「公衆電話」。 いったい誰かと思ったら、探検部の後輩で、ワセダの三畳時代

記事を読む

no image

アラジンは中国人だった!?

旅のトリビア「たびとり」はまったく反響がなかったが、懲りずに最近驚いたことを一つ。 山田和『インド

記事を読む

Comment

  1. 昼寝カワウソ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; ja; rv:1.9.0.5) Gecko/2008120122 Firefox/3.0.5
    「エンタメノンフ」部が小説を書いたら、もはや「ノンフ」ではなくなってしまうのでは・・・。
    来月20日の締切ってことは、お三方のトークショーでその全貌、とまではいかなくても大筋が明かされるのでしょうか。「三銃士」というカッコ良過ぎるネーミングに負けないストーリーを期待してます!

  2. ウーマン17 より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 SO702i(c100;TB;W24H12)
    は、初めまして…
    私、只今緊張してます。
    『ワセダ三畳青春記』を拝読してから、勝手に高野さんを師匠と呼ばせて頂いている、ただの一ファンです。
    『世界のシワ…』を拝読していて、高野さんのblogを探すという画期的なことを思い付いて、ホントに見付けてしまいました…
    今猛烈に感動しています。生きてて良かったです。
    厚かましくも、ちゃっかりコメントまでさせて頂きました。(すみません)
    これからも宜しくお願いします。(一読者として…)ほんと、生きてて良かった。

  3. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 2.0.50727)
    「くの字」部長、ほんとにアホですね〜愛すべきアホですね!
    高野さん、上手に巻き込まれて小説書き上げて下さいね。楽しみにしてます〜。

ウーマン17 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2020年4月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑