*

Iran no kiken

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

Iran no Tehran,Esfahan to mawari,
ima wa Kasupi-kai chikaku no machi ni tsuita.
Iran wa hijouni chian ga yokute hito mo ii.
Yuiitsu saidai no kiken wa traffic accident darou.
Watashi mo Mori mo konnani koutsu joutai ga hidoi tokoro wa hajimete da.
..sake ni tsuitewa kusen shiteiru koto dake wo otsuae suru.
GIVE ME BEER!!!!!!!!!!!!!!!!

関連記事

no image

マンセームー脳人間、読書界へ進出!

学研「ムー」的なものに脳が染まってフリーズしてしまうという恐ろしい状態、 それが「慢性ムー脳人間」。

記事を読む

no image

謎の独立国家ソマリランド大吟醸拾年古酒

仕事場にしている「辺境ドトール」は昭和の世界だ。 店長夫妻が常に店におり、私たち常連の客と交流

記事を読む

no image

エンタメノンフ@ジュンク新宿

ジュンク堂新宿店にて「エンタメノンフ」のフェアをやっているというので見に行った。 最初なかなか見つか

記事を読む

no image

プロデュース業はじめました

明大前にて、年下の友人Wと打合せ。 いつもと立場はちがい、今度は私が編集者役。 書くのは向こうだ。

記事を読む

no image

『雪』断念

オルハン・パムク『雪』(藤原書店)を修行のように少しずつ読んできたが、 今日ついに断念。 小説自体が

記事を読む

no image

面白いことは全てに優先する

今日から上智大学の講義。 教室にはぞくぞくと女の子がやってくる。 全部で学生が40人以上、うち男はた

記事を読む

no image

愛と追憶の帰国

別にタイトルに深い意味はない。いつものように普通に帰国しただけである。 といっても、今回の旅は

記事を読む

no image

クリント・イーストウッドとモン族

一年ぶりにTSUTAYAでDVDを借りて、観た。 ウチザワ副部長がかつてブログで絶賛していたクリン

記事を読む

no image

米軍による驚くべき支援

28日(月)調布市被災者支援ボランティアセンターの手配で、被災地の特養老人ホームに物資を届けるという

記事を読む

黒豆納豆のアボガド・サラダ

今日届いた納豆セットのうち、たった一つだけ入っていた黒豆納豆「光黒」を使ってさっそく料理。

記事を読む

Comment

  1. まー より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.0.6) Gecko/2009011913 Firefox/3.0.6
    なるほど、最大の問題「お酒」ですね。
    でも本当に車…というか、交通事故には気を付けてくださいね。
    そして戻ってきたら楽しい本、期待しています☆

  2. ちづる より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; Intel Mac OS X 10.5; ja-JP-mac; rv:1.9.0.6) Gecko/2009011912 Firefox/3.0.6
    暗号の様な日記ですね。(笑)
    でも、状況がよく伝わってきます。
    次の暗号を楽しみにしてます〜。

  3. ねこ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 2.0.50727)
    テヘラン→カスピ海沿岸の交通は非常に混みますよね。
    みんな渋滞を無視して路肩をびゅんびゅん飛ばしますし。
    私が6年前にカスピ海のリゾートホテルに行った時は
    ガイドが事前にトルコ産ビールをホテルに頼んでおいてくれたので
    ホテルでこっそり飲みました。
    あとは金曜日の休日に人里離れたところでピクニックを楽しんでいる家族は
    アルコールを隠し持っている可能性大、とガイドから聞きました。
    警官もパトロールに余念がないようですが、
    見つかっても賄賂としてアルコールを差し出せば許してもらえるとか・・・。
    6年前の情報ですけど。

  4. ねぎ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506.30)
    世界中をまわっている高野さん達が見たことのない交通渋滞…
    どんなだろう…
    車線が意味をなしていないのだろうか…
    非常に興味がわきます。

  5. UEHARA より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 2.0.50727)
    あー。イランのInter netcaffeは、日本語変換ソフトが無いので、英語でブログの更新とは、タカヒデ ファンとしては嬉しい限りと、英語の苦手な私は直ぐに翻訳ソフトへ。
    すると、自分の間違いに気づきました。
    (ちなみに、その翻訳結果は、結構面白かったです。)
    以前、出張先のアテネから会社へ’同語?’で出張進捗報告を送っていましたが、帰国後 上司に怒られました。
    今後もこの方式でのブログ更新して頂けたら幸いです。
    禁酒で、’デトックス’再び!も良いのでは?
    新作本を気長に待ってます。

  6. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
     イスラエルがイラン攻撃を考えているそうです。
     その前にご無事でお帰りを。(イラン国内ではニュースが流されて
    いるのでしょうか)

  7. UG より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 2.0.50727) Sleipnir/2.8.4
    http://ajaxime.chasen.org/
    日本語入力機能のがない海外のPCからでも日本語変換を可能にするサイトです。
    使ってみてはいかがでしょうか?

  8. CHE より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB5; .NET CLR 1.1.4322)
    職質に気をつけてください。

ねぎ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ちょっと私の「間違う力」に似てるんですよねえ。 https://t.co/gjnkBOV8dZ ReplyRetweetFavorite
    • 『やってくる』についてツイートしたら、友だちから「あれ、意味がよくわからないけど面白いよな!」と連絡が来て、1時間以上も電話で喋ってしまいました。いろんな人のところにやってきてるみたいです笑 https://t.co/aQDAxRidt7 ReplyRetweetFavorite
    • 奥村さんやザイール人ミュージシャンの生き方や音楽は「やってくる」で言われていることに近いような気がしてならない。少なくとも同時並行で読んでもいっこうに違和感がなかった。 https://t.co/67hq52qI9Z ReplyRetweetFavorite
    • 正直言って著者が語ることは半分以上わからないのだが、それでも面白くてちょっと笑ってしまう感じは、かつてオートポイエーシスを読んだときの感覚に似ている。今生きている世界の前提を地面から丸ごとひっくり返しにかかるような感覚。 https://t.co/SnNzOfUfLs ReplyRetweetFavorite
    • もう一冊は郡司ペギオ幸夫著『やってくる』(シリーズ ケアをひらく 医学書院)。帯のあおり文句が強烈で「これを買わずして何を買う」という気持ちになって買ってしまったが、読んでみたら想像したものとは全然ちがったのにすごく面白かった。そもそも何を期待していたのかも忘れてしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • 著者の奥村さんの行動原理には外部からの「こうあるべき」みたいな規範が一切ないのがたまらなく痛快。それに、アフリカでもっともハチャメチャ(てことは世界でも)なザイール(コンゴ)人の建前や時間感覚や自分と他人の区別など全てが溶解してい… https://t.co/JdvQPjdCFq ReplyRetweetFavorite
    • 同時並行して読んでいた本を立て続けに読み終えた。一つは奥村恵子著「ビバ・ラ・ムジカ」(マガジン・ファイブ)。心の命じるままに中南米、ニューヨークで音楽を始め、しまいにはパリのザイール(現コンゴ民主共和国)のリンガラ・ミュージック・バンドの一員となってしまった女性の破天荒な体験記。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年8月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑