*

ツアンポー峡谷の謎

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


最近は気温こそ相変わらず高いが、湿度が低いせいか
外にいても日陰なら涼しい。
今日はなぜかJR高尾駅のホームに四時間居座って本を読んでいた。
静かだし、風が気持ちよく、電車の出入りがあって適度に変化もあるので
飽きないのだ。
読んだのはF.キングドン-ウォード『ツアンポー峡谷の謎』(岩波文庫)。
1924年、イギリスの植物採集家(プラントハンター)にして探検家のキングドン-ウォードが
謎に包まれた東チベットのツアンポー峡谷に一年も滞在し、
現地の植物を採集しながら、伝説の滝を探すという、ザ・探検記だ。
島田先生の写楽とはまたちがった意味で、熱く燃える本である。
人が行かないところの話というのは、どうしてこうも魅力的なのだろう。
私ももう一度ソマリランドに行かねば!と高尾の駅で拳を握り締めてしまった。

関連記事

no image

万歳!文芸の東スポ

おととい届いた「本の雑誌」今月号の特集は 「読んでない本大会」。 メインは書評家三人が自分の詠んで

記事を読む

no image

空飛ぶ人

「Free&Easy」というアメリカン・カジュアル専門誌のインタビューを受ける。 インタビュアーの編

記事を読む

no image

エッチな人々

知り合いから連絡があって思い出したが、『天職への階段』(扶桑社)という本が 10日ほど前に出ていた

記事を読む

no image

超絶技巧!!

 私は現代アートというものが苦手だ。どうしても「意味」を探さなければならないという強迫観念にさらされ

記事を読む

no image

お湯割をください。涙の数だけ

さまざまな困難を乗り越え、 イランでの「アルコールクエスト」を続けている。 イランに来て、やっと一週

記事を読む

no image

何の詐欺だろう?

ここ1ヶ月で2回、実家の母親から「変な電話があった」という知らせがあった。 最初は「ヒデユキ」を名乗

記事を読む

no image

ブータン旅より帰国

バンコク市内から幸か不幸かちゃんと空港へ行けてしまい、 本日帰国した。 タイ王朝が崩壊するかもしれ

記事を読む

no image

Bangladesh

Bangladesh no shuto,Dhaka ni iru. 20nenmae no

記事を読む

no image

名犬ロンドン

名犬ロンドンのDVDが届いた。 1963年にカナダで作られたテレビドラマシリーズで、一回30分。

記事を読む

no image

2007年に読んだ本ベスト10(小説部門)

恒例(といっても2回目か)の「今年読んだ本ベストテン」である。 自分が読んだということだから、今年出

記事を読む

Comment

  1. アジケト より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; .NET CLR 1.1.4322; InfoPath.2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    中国政府がダム建設計画を認めたそうですね。
    幻の滝危うし。

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 6.0; en-US) AppleWebKit/533.4 (KHTML, like Gecko) Chrome/5.0.375.127 Safari/533.4
    そうなんですか。
    「ツアンポー峡谷の植物相は熱帯から極地にかけて全領域をカヴァーしている」「ほとんど信じがたいほど豊富な植物相」などと書かれており、
    生物資源がおそろしく充実した土地のようですが。

  3. 太郎 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB5; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    良いですね、握った拳をソマリアでぶつけてきて下さい!!

  4. トリーバーチのバッグといえば、まずは、NYのキャリアOLの定番「Robinson(ロビンソン)」

高野秀行 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年12月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑