*

月刊ソマリランド

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


お伝えしそびれていたが、バンコク発の月刊風俗情報誌Gダイアリーで
三ヶ月連続で「ソマリランド」のことを書いている。
毎回、盟友・宮澤信也の地元の雰囲気をよく伝えるカラー写真がふんだんに使われ、
私としても大変嬉しい。
凄いのは、毎回その記事が巻頭特集となっていること。
2月号、3月号、4月号ともすべて表紙が「女の子+ソマリランドの旅」である。
ありがたいといえばありがたいが、これじゃ読者が「あれ、まだ新しい号が出てないのか」と勘違いして買わないんじゃないか。
ふつう、連載の最初だけ巻頭で、あとは後ろに回すものだ。
そう言ったら、妻は
「大丈夫だよ。Gダイの読者は表紙の女の子が変わったら新しい号だってすぐわかる。
誰も特集が何かなんて見てないよ」
と答えた。
なるほど。私はタイの若い女の子にさっぱり興味がないので
表紙の女の子がいつも同じに見えるのだが、
好きな人にはもちろんそんなことはないはずだ。
すごいな、Gダイ。
おかげで「月刊ソマリランド」が堂々と続けられるわけだ。
ちなみに、書き手としてもGダイは楽しい。
他の媒体や単行本では抑制しなければいけない、ちょっとヤバ目の話題でも全く問題ないからだ。
今月号でもソマリランド&ソマリアの覚醒系植物カートの効き目について、
思い切り書くことができた。

関連記事

no image

なぜ北欧人は放射能を恐れてヒロシマに逃げるのか

もはや日記代わりなので、ここにどんどん書く。 29日(火)、「おとなの週末」で連載している「移民の宴

記事を読む

ミャンマー納豆紀行

業務連絡を兼ねたお知らせ。 今月19日より1ヶ月ほどミャンマーに行く予定だ。 もっと早く公表した

記事を読む

no image

相模原の秘境

取材で相模原の郊外へ行く。 畑の中にポツンとあるちっぽけな施設に、すごい人物がいた! ほんとうに凄い

記事を読む

no image

セルビアの宍戸錠

セルビア共和国の首都ベオグラードに こんな人がいた。 動物の皮で作った不思議な楽器を演奏していた。

記事を読む

no image

SPA!イスラム飲酒紀行はまだやってます

ときどき「SPA!のイスラム飲酒紀行は連載中止になったんですか?」と聞かれる。 パキスタン篇を2週連

記事を読む

no image

大人の遠足

 ブータンが4月に延期になり時間がぽっかり空いたので、 発作的に小旅行に出かけることにした。  つ

記事を読む

no image

biiru no aji

Sakenomi ni totte,atsui kuni de naniyorimo nom

記事を読む

no image

速報 最後の決戦の舞台

バンコクに着いた。 空港から乗ったタクシーの運転手に「タクシン派と軍の衝突は今どうだ?」と訊いたら

記事を読む

no image

2012年に読んだ本ベスト10

毎年恒例の「私が今年読んだ本ベスト10」。私が読んだ本だから、今年出版のものとはかぎらない。 とは

記事を読む

no image

トルコで最も知られたジャナワール写真(画像)日本初公開

私たちがワン湖で撮影した謎の物体の解析をしようとあちこちに依頼しているが、なかなか専門家の方々が

記事を読む

Comment

  1. LP より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.0 (KHTML, like Gecko) Chrome/3.0.195.33 Safari/532.0
    奥様の言うとおりです。
    G−Diaryは本屋の棚に何故かバックナンバーまで置いてある雑誌ですが、表紙を見れば、読んだか読んでないかが分かります。

  2. にしむた より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; Trident/4.0; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0)
    トラックバックさせていただきました。
    近々僕もGダイアリーで書くことになりそうです。

  3. にしむた より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; YTB720; GTB0.0; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; YJSG3)
    トラックバックできないのでかわりにURLを貼っておきます。
    http://nishimuta62.blog114.fc2.com/blog-entry-1471.html

  4. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    LPさん、日本でも買えるんですか? どこで買えますか?

  5. LP より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; en-US) AppleWebKit/532.0 (KHTML, like Gecko) Chrome/3.0.195.33 Safari/532.0
    探せば結構あると思いますよ。
    東京だと八重洲のブックセンター地下の旅行雑誌の棚が、バックナンバーまで充実してます。横浜だと関内の有隣堂の本店がやはりバックナンバーもそろえてます。有隣堂はその月の号だけでしたら、支店も結構置いてると思います。
    買うのはこの2店だけなので後はうる覚えですが、新宿の紀伊国屋とかジュンク堂でも見た覚えがあります。
    数年前、地方に住んでいた時に、新しくできたショッピングセンターにLIBROが入って、るるぶの隣にG-Diaryが並んでいた時には笑いましたが、次号からは無くなってしまいました。(笑)
    正直、名前の残るamazonでは買いにくい本ではありますよね。
    私はハイな時にレビューまで書いてしまいましたが。。。

  6. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    LPさん、ありがとうございました。バンコク在住の女友達に「頼みづらいけど
    買ってくれない?」と頼んだら、アマゾンを紹介されたのですが、アマゾン
    では4月号しか扱っていなくて。
     ブックセンターですか、行ってみます。

タカ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • なんと、「飛んで埼玉」の中で「埼玉解放闘争」の都市伝説を流していたヤバイラジオ局FM NACK5から出演依頼が来た。早速闘争の同志として参加してほしいということか。私は東京都民だが出身は八王子で都会レベルはたしか「E」だしな。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日「翔んで埼玉」をずっと「飛んで埼玉」と書き間違えてツイートしていた。漢字が読めないと揶揄されている人がいるが、私も同類。 ReplyRetweetFavorite
    • この映画はコメディながらとても普遍性のあるテーマを扱っている。もし私が大学で民族問題を講義するときがあれば、まず「飛んで埼玉」を学生に見せたい。そうすれば、差別や偏見、反抗、弾圧、仲間割れ、利権、再蜂起などの展開がよくわかってもらえるはず。初回の授業は映画で終わってしまうが。 ReplyRetweetFavorite
    • ミャンマー東北部なら、シャン州軍とワ州連合軍が、この映画の埼玉と千葉の関係にちょっと似ている。まあ、ワ軍は千葉というより(この映画の中での)群馬みたいな立ち位置だが。 ReplyRetweetFavorite
    • 最初のうちはただ爆笑していたのだが、埼玉が千葉と抗争を始めるあたりから、なんだか妙になじみのある世界になってきた。ミャンマー辺りの民族紛争にすごくよく似てる。中央政府がマイノリティを切り崩していく感じとか、マイノリティの中でもいくつもに分裂している様子とか。 ReplyRetweetFavorite
    • Amazon Primeで武内英樹監督の「飛んで埼玉」を観た。どんな話か全く知らなかったので、まあ、びっくりしたのなんの。「埼玉解放運動」の“都市伝説”を流しているのが私がよく出演している大宮のFMNACK5だったし。あそこはそんなヤバいラジオ局だったのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 内澤旬子『着せる女』(本の雑誌社)内澤さんの最新刊は友人・知人のおじさんたちを素敵に大変身させるファッションエッセイです。出版業界で「ファッションセンス偏差値35あたりを彷徨う」と言われるおじさんたちの変貌やいかに。高野秀行さん、宮田珠己… ReplyRetweetFavorite
  • 2020年2月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  
PAGE TOP ↑