*

チェロを壊すプロ・坂本弘道

2004/12/07 | B系友人図鑑

 お知らせしたとおり、東中野ポレポレに「えんとこ」を観に行った。 観客は十数名。  映画自体も「全身麻痺の障害者とボランティアの若者たちの交流」という予告から想像できる範疇に収まっていて、正直物足り

続きを見る

上野動物園ゴリラ秘話(1)

2004/12/06 | 辺境動物記

 また変な本を発見してしまった。  いや、「変な本」はまずいか。  現職の上野動物園園長(1989年当時)である中川史郎氏が書いた『動物たちの昭和史』(太陽選書)という立派な本だ。  全2巻で、1巻

続きを見る

旅の川柳「たびせん」

2004/12/05 | 辺境コトバ道

 最近は川柳ブームらしい。  いろいろなジャンルの川柳(たとえば「ゴルフ川柳」とか)が出ているようだが、まだ旅の川柳というのは出現してないようだ。  そこで、また思いつきの企画だが、旅の川柳を「たびせ

続きを見る

上野動物園ゾウ秘話(番外篇2)

2004/12/04 | 辺境動物記

 タタール系ロシア人、ユセフ・トルコはその後どうなったか。  ユセフはリング内外で悪役の道を歩みつづける。  力道山の死後は、猪木の新日本プロレスに参加、レフリーを務めるいっぽう、外人レスラーとの交渉

続きを見る

上野動物園ゾウ秘話(番外篇)

2004/12/03 | 辺境動物記

 タタール系ロシア人の話で書き忘れたことがある。  日本でも、ひとりだけ、一般によく知られたタタール系ロシア人がいたのだ。  ユセフ・トルコだ。  力道山時代に日本のプロレス界にデビュー、悪役として活

続きを見る

上野動物園ゾウ秘話(3)

2004/12/02 | 辺境動物記

 日本には東京と神戸に最初にモスクが作られた。  その二ヵ所にムスリムが多かったからだが、主体となった民族はまったく異なる。  昭和12年にモスクを作った神戸のムスリムはインド系商人の人たちだ。当時は

続きを見る

上野動物園ゾウ秘話(2)

2004/12/01 | 辺境動物記

 それは上野動物園最初のゾウ使いの話だ。  上野動物園に初めてゾウがやってきたのは大正13年(1924年)。  インド象のジョンとトンキーである。  二頭とも仔ゾウだったので、人によく慣れた。動物園で

続きを見る

上野動物園ゾウ秘話(1)

2004/11/30 | 辺境動物記

   長らく行方不明になっていた本が発見された。 「もう一つの上野動物園史」(小森厚著、丸善ライブラリー)  動物好きの私には面白い話がてんこ盛りだが、特にゾウの箇所は驚かされた。  いわゆる「かわい

続きを見る

著作紹介<4>「西南シルクロードは密林に消える」

2004/11/29 | 著作紹介

『西南シルクロードは密林に消える』講談社、2003  中国・成都からビルマ北部〜インド・カルカッタまでの古代通商路。  それは謎に満ちた最古のシルクロードと言われている。  戦後、世界で初めて、この

続きを見る

今明かされる「野々村荘秘話」

  新国劇の島田正吾が亡くなった。  「新国劇」など、私には何の関わりもないと思うだろうが、多少の縁はある。  島田正吾は、沢田正二郎、辰巳柳太郎とともに、私が11年住んでいたワセダの「野々村荘」に毎

続きを見る

写真で見る「客家の里」

2004/11/27 | 辺境お宝写真

「怪しいシンドバッド」お買い上げありがとうございます。 読者のみなさんにはお詫びせねばならないことがある。 今回の新しい文庫には、単行本のださいイラストを削除しましたが、それと一緒に写真も削除され

続きを見る

無言のセリフの謎

2004/11/26 | 辺境コトバ道

 久しぶりに吉川英治「三国志」を読み始めた。  最初に読んだのが中学生のとき、2回目が10年前大連に滞在していたとき、そして今回が3回目となる。  いかにも大時代的なコテコテの芝居調だが、それはいいと

続きを見る

さらば「増刷童貞」!?

 自慢ではないが、私は「増刷童貞」だ。  これまで書いた本は8冊。さらに、文庫化された本が3冊。さらに、英語に翻訳された本が1冊。さらにさらに私が翻訳した本が2冊。  つまり、私は延べ14冊出版してい

続きを見る

小千谷のお米を買いませんか

以下は、私の知り合いからまわってきた話です。  先の中越大地震で深刻な被害をこうむった小千谷市。  今農家にとって深刻な問題は、この秋収穫した新米を出荷できないことだという。  JAがまだ機能していな

続きを見る

常識がひっくり返るドキュメンタリー「えんとこ」を見るべし

 12月6日(月)、13:00より、ポレポレ東中野で「えんとこ」というドキュメンタリー映画が特別上映される。 「えんとこ」とは、”遠藤さんのところ”の略。  遠藤さんは全身麻痺の24時間要介護の人。

続きを見る

これからは「盲人サッカー」だ!

以前「少林サッカー」という面白い映画があったが、それはもう古い(私が言うまでもなく古いけど)。これからは「盲人サッカー」だっ! と言っても何のことかわからないので、ご説明しよう。  昨日、盲目のスーダ

続きを見る

NONOさんは探検冒険業界の寅さんだ!

2004/11/22 | B系友人図鑑

 最近、このブログの「コメント」にNONOと書かれることが多くなってきた。  ていうか、ほとんど毎日だ。  しかも、だんだん暴走してきて、すでにキャラが立ってきている。  もう高野秀行なんてかすむくら

続きを見る

私の名は「ヒダヤットゥラー高野」

昨日のカロメに続き、連日のサプライズである。  数日前、在日外国人関係の取材で、在日パキスタン協会の会長という人のお宅を訪ねた。  すごく忙しそうな人だったので(前日はドタキャンされたし)、ご機嫌をと

続きを見る

「人類最高の食品」、それはカロリーメイト

 先日、ヤングチャンピオン誌で連載している辺境バカ話コラムで、「背徳のカロリーメイト」というのを書いた。  コンゴへ怪獣探しに行ったとき、ジャングルの湖のほとりで村人に食糧が盗まれたりして、飢餓に近い

続きを見る

「怪しいシンドバッド」、本日発売!

<お知らせ> 『怪しいシンドバッド』集英社文庫 本日より全国書店で発売! 「何か未知のもの」に出会いたい。その一心で若者ならぬバカ者はアフリカで怪獣を、中国で野人を、南米で幻覚剤を探してさまよう。

続きを見る

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 川下り2日目、荒川上流の長瀞で転覆し、洗濯機の中みたいにぐるぐるもまれる。あれ〜という感じ。不幸中の幸いは、後から来た観光客に間一髪、失態を見られずに済んだこと。 ReplyRetweetFavorite
    • 川辺のキャンプ場で飲み会開始。川からちょっと離れているし気温33度だけど、やはり気にならない。まぁ、酔っ払いは何も気にならないのだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 気温は現在38度だが、川辺の日陰はウソのように涼しい。これから昼寝タイム。 ReplyRetweetFavorite
    • 本日の川下りの場所、最高気温38度って出てる。マジか。 ReplyRetweetFavorite
    • 泊りがけで川下りに出発。こんな早朝なのに、駅まで歩いただけで汗だく。 ReplyRetweetFavorite
    • 文芸出版の内情をある程度知っている人間にとっては、「こんなこと、あるわけないだろ!」という部分と、「こんなこと、あっても不思議じゃない」という部分が絶妙にブレンドされていて、飲み心地抜群の虚実カクテル。 ReplyRetweetFavorite
    • サイゼリアで昼酒を飲み過ぎ、午後以降は使い物にならず。しかたなく、寝そべって東野圭吾著『歪笑小説」(集英社文庫)を再々読。この小説はほんと、面白い。マイ殿堂入り。 ReplyRetweetFavorite
  • 2018年7月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑