*

災害対策マニュアル(1)「ヘッドライト」追記

2005/01/14 | 探検四方山話

前回の補足である。 「ヘッドライト」だが、ライトは必ずすぐに探せる場所に置いておく必要がある。 急に停電になると、ほんとうに真っ暗になる。 そんなとき、せっかく持ち歩いているヘッドライトが見

続きを見る

津波の子ども

 津波で両親が行方不明になった子どもについての緊急メールがまわってきた。  添付された写真を見る限り、欧米系もしくは中南米系の子どもみたいだが、まだ言葉もしゃべれないようで、国籍などまったく不明という

続きを見る

災害対策マニュアル(1)「ヘッドライト」

高野秀行の災害対策マニュアル(1)「ヘッドライト」  昨年、新潟中越地震が起きたあと、私はいつになく真剣に災害時に備えようといくつか準備をした。  しかし、途中までやったところで飽きてしまい、放置して

続きを見る

ジュンク堂新宿店&啓文堂渋谷店と特別契約?!

 昨日、ジュンク堂新宿店へ行った。アジア・コーナーには、私の『西南シルクロードは密林に消える』(講談社)が平置き(ジュンク堂は台がないので「平積み」ではない)になっていた。  実は、12月の初めごろ行

続きを見る

孤高の伝道者・大槻ケンヂ

 昨年暮れ、つまり10日あまり前にアップされた音楽関係サイトで、大槻ケンヂのインタビューが載っているのを知人に教えられる。  その最後になぜか「最近のオススメ本」として高野本が。 「んー、何だろうな…

続きを見る

胎盤ゲットの巻

2005/01/04 | 辺境お宝写真

辺境お宝写真<7>  1993年暮れ、中国・大連で念願の胎盤をゲットした。  長らく探しただけにそれはそれは感動しました。  でも、これ、ついさっきまで、誰か女性のおなかの中にあったんだ、と考えると

続きを見る

そっぽを向く家族

2005/01/03 | 辺境お宝写真

辺境お宝写真<6>  ガボンの田舎で出会った家族。 「記念写真を撮ってほしい」というから並んでもらった。 直前までふつうにみんなこっちを向いて微笑んでいたのだが、「はい、行きますよ!」と声をかけた瞬

続きを見る

纏足(てんそく)の老婆は実在した!

2004/12/31 | 辺境お宝写真

辺境お宝写真<5>  昔むかし、中国がまだ清と呼ばれていたころ、纏足(てんそく)という習慣があった。  女の子が3歳か4歳のとき、足の全部の指と甲の骨をへし折って腐らせ、それを包帯でぐるぐる巻きに固

続きを見る

「ピグミー」が撮った写真

2004/12/29 | 辺境お宝写真

辺境お宝写真<4> かつて「ピグミー」と呼ばれていたが、今ではこの言葉が差別語となってしまい、なんと呼べばいいのかわからなくなった狩猟民族がコンゴ河流域に住んでいる。  彼らは大人の男子でも身長14

続きを見る

お宝イラスト!悟空&田口雅之

2004/12/29 | B系友人図鑑

 昨日はヤングチャンピオン誌の忘年会(なぜかゴールデン街)で、十数年ぶりに田口雅之と会った。  同誌でバトルロワイヤルを描き、現在大ブレーク中のこの作家は、売れない頃、私の三畳間に泊り、朝までプロレ

続きを見る

ねえ、せんせえ、キスしてあげる!

2004/12/24 | 辺境お宝写真

辺境お宝写真<3>  1992年から93年、私はタイ国立チェンマイ大学で日本語講師をしていた。  タイはオカマが多いことで知られるが、ことにチェンマイは「メッカ」と呼んでもいいほどである。  大学で

続きを見る

大連ファッション・ビッグバン1994

2004/12/22 | 辺境お宝写真

<辺境お宝写真2>  1994年、中国の大連で突然、ファッション・ビッグバンが起こった。  当時、「北方香港」を自称し、中国近代化の最先端を突っ走っていた大連では、女性は誰も彼もが突拍子もない、ド派

続きを見る

ミャンマーの伝奇小説「マヌサーリー」

 ジャズとプロレスを小学生のときから愛す義姉・高橋ゆりが(とついに名前が出てしまったが)日本語に訳して今年の8月に出版したミャンマーの小説「マヌサーリー」を読んだ。    ミャンマーの国民的な作家と

続きを見る

南伸坊氏のカバー完成

 来年2月刊に集英社文庫から刊行される新作「異国トーキョー漂流記」(これが正式なタイトルになった)。  昨日、表紙のイラスト・デザインが編集者経由で送られてきた。  「ワセダ三畳青春記」に引き続き、南

続きを見る

すてきなマイク兄さん

2004/12/15 | B系友人図鑑

 私の義兄はマイク・ノックという、オーストラリアを代表するジャズ・ミュージシャンである。  私の連れ合いの姉−−このブログでも「義姉」の名で登場する人−−のダンナなのだ。  義姉は、まったくの偶然だ

続きを見る

奇人ドラマー悟空再び

2004/12/14 | B系友人図鑑

 ある出版社の忘年会で、Iさんというフリーの編集者兼ライターの人と同席した。  彼はジャズがひじょうに好きだというので、このブログでもすでにお馴染みの、日本が誇る奇人ドラマー「のなか悟空」のことを聞い

続きを見る

旅の川柳「たびせん」2

2004/12/13 | 辺境コトバ道

 旅の川柳、略して「たびせん」のコーナー、毎週日曜に開催ですが、ちょっとずれて月曜日、これから一週間仕事だ!というときになってしまいました。  一般募集したところ、なんと7人の方から、計47句が寄せら

続きを見る

辺境お宝写真<1>ロストワールドだ!

2004/12/11 | 辺境お宝写真

 また、突然、思いつきではじまった辺境お宝写真のコーナー。  私がこれまで世界各地で撮影した極め付きのレア・フォトを公開する。 第一回は、アフリカのサントメ・プリンシペ共和国の海岸。 サントメ・プリ

続きを見る

上野動物園ゴリラ秘話(3)

2004/12/09 | 辺境動物記

 ゴリラ”ブルブル”のテレビ観賞、次は格闘技だ。  プロレスは力道山こそもう死んでいたが、馬場猪木組の人気が出ていた頃だと思う。キックはあの「真空飛び膝蹴り」の沢村忠がスターとなり、一大ブームを築いて

続きを見る

上野動物園ゴリラ秘話(2)

2004/12/08 | 辺境動物記

 ゴリラ”ブルブル”のテレビ観賞記録はつづく。 「野生もの」に引き続き、飼育係が見せたのはプロ野球である。   巨人対中日。  昭和46年といえば、巨人のV9時代で、王や長嶋が活躍していた頃だ。  そ

続きを見る

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • まるで阪大が母校かと思うほど。ありがたいです。 https://t.co/T2DVMLsqlo ReplyRetweetFavorite
    • あまりにも長いブランクに「話が合うかな?」とも思っていたけど、想像以上に盛り上がってしまい、対談が終わってからも喫茶店に移動して、タイのこと、文化人類学のこと、共通の知り合いである研究者(たくさんいた)のことなど、二人で3時間近く喋り倒してしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • 首都大学東京の研究広報誌「Miyacology」で綾部真雄副学長と対談。綾部さんはタイの山岳地帯をフィールドとする文化人類学者で、実はタイのチェンマイ時代にときどき一緒に飲んだり遊んだりしていた。それ以来会う機会がなく、今日が25年ぶり(推定)の再会だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 日曜日は京都精華大学、水曜日は大阪大学外国語学部でそれぞれ講演、今日はこれから首都大学東京と、なぜかわからないが今週は大学訪問ウィークになってしまった。というわけで、もろもろ業務や連絡が滞っていますという関係者のみなさんへのメッセージです。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : アフガニスタンで殺害された中村哲さん。あれほど現地で長年に渡って信頼されている人でさえ、こんな形で殺害されるとは……。亡くなったアフガン人の運転手や護衛の人達6人全員を追悼したい。日本では「日本人の死」ばかりが報道されるが、中村さんと共に活… ReplyRetweetFavorite
    • 最近ミステリを読んで満足する確率は二割五部くらいで、野球なら確実性に乏しい打者。スタメン起用がためらわれるが、ときどき凄いホームランが出るからやめられない。 ReplyRetweetFavorite
    • 大阪への道中、ベストセラーになっているミステリを読んだのだが、最後まで読んでも釈然とせず。ミステリは難しい。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑