*

知られざる危険地帯・タイ最南部の謎

公開日: : 最終更新日:2012/06/13 高野秀行の【非】日常模様

私は定期的に新聞を変える。どれも一長一短で決め手にかけるからだ。

今月からは久しぶりに朝日新聞にした。戻してよかった!と思ったのは先週の夕刊で
「忘れられた戦争 タイ最南部の悲劇」という連載が始まったときだった。

忘れられているというより「誰も気づいていない」という方が正確じゃないだろうか。
あののほほんとしたタイで、マレー系イスラム教徒と仏教徒による抗争やテロが8年も続き、
犠牲者は五千人以上とも言われている。
イラクのバグダッド、アフガニスタンのカブール、ソマリアのモガディショの「御三家」と同じくらいの危険度かもしれない。
なのに、外国人に知られていないし、一般タイ人もさして関心をもってないように見える。

この戦争というか抗争は、実に不思議だ。
私の友人にものすごく情報通のタイ人ジャーナリストがいるのだが、彼でさえ「南部の事件は
いったい何がどうなっているのかわからない」という。
単純にマレー系住民と仏教徒住民(もしくはタイ政府当局)の争いではないらしい。

この抗争については、「Gダイアリー」(2011年8月号)に記事が載っていた。
タイ・マレーシア国境に10年前から年に3,4回かよって取材しているという小薮譲二という人のルポである。
小薮氏によれば、この抗争やテロは宗教とも民族対立とも直接関係がなく、「利権確保に尽きる」という。
麻薬、売春、密輸を巡る抗争で、宗教が利用されているだけだと指摘している。

しかし、残念なことにこの記事でも、タイ最南部の抗争は「とにかく複雑」というだけで、何がどのようになっているのかはよくわからない。
そして、もっと残念なことに、朝日の連載では「利権」について一言も触れられずに終了してしまった。

2つの記事をミックスし、私の体験から推測すると、こういうことなんじゃないか。

まず、マレー系の分離独立を目指す反政府ゲリラ組織がある。ゲリラには資金源が必要だから、非合法なビジネスである麻薬や密輸や売春に手を出す。
最初は独立のためにやむをえずそのビジネスをやっているのだが、やがてその目的が無理っぽくなってくると、ただのマフィアと化してくる。
あるいは組織維持が優先されるようになる。どちらも結果は同じだ。

2004年、当時のタクシン首相は「麻薬戦争」を宣言、2500人もの犠牲者を出し、拷問や暗殺などを含めて、
ひじょうに強引な方法で組織をつぶしたり、取り締まりを行った。
だが、タイで最大のマフィアは「警察」と言われる。(「軍」は警察ほどではないにしても、これまたいろいろと悪い評判がある。)
つまり、取り締まりとは、警察という巨大マフィアが周辺のライバルマフィアを片っ端からつぶしていった利権抗争だったとも考えられる。
もっとも警察や軍も一枚岩ではなく、内部でも「麻薬戦争」に乗じて、大々的な抗争を繰り広げた可能性がある。

マレー系ゲリラ(マフィア)もこのとき多大な被害を受け、反撃を開始した。
そのとき、互いに「俺の商売に邪魔だからあいつらを殺す」とか「俺たちの縄張りを荒らすな」とは表だって言えないので、
「イスラムのため」とか「マレー系の独立のため」とか「仏教徒を守るため」という大義を掲げた。
あるいは、そのように下っ端のチンピラや一般住民に教えこんだ。

利権抗争は複雑であり、ときには警察の一派が自分の利権と対立する他の警察一派を攻撃することもある。
その際も、「あれはマレー系ムスリムのしわざ」と発表してしまう。そうすれば、誰もちゃんと事件を捜査したりしない。
タイ国民も政府も何も言わない。
もちろん、マレー系も同じことをしているかもしれない。

いっぽう、とくに熱心なムスリムの若者などは「ジハード」を真に受けてテロ活動に走ったりもするだろう。
同じようにムスリムから身を守らねばと考える真面目な仏教徒もいるだろう。
このマジメな人たちが抗争をいっそう複雑化している――。

……というように想像するのだが、どうだろうか。
朝日の藤谷健記者と小薮譲二氏と私の知人のジャーナリスト、ソムサックさん(彼は日本語もぺらぺら)の三人が
バンコクか東京で、集まって情報交換してほしい。
そして、状況をきちんと分析し、言語化してほしい。

何だったら、私が司会進行役を務めてもいいです。

関連記事

no image

ミスター珍じゃないだろ!

今月の20日ごろ発売になる「怪しいシンドバッド」(集英社文庫)の見本が届いた。 表紙のイラストは、ア

記事を読む

no image

アジア未知動物紀行

朝日新聞の読書欄で『メモリークエスト』の書評が出た。 「スーパー小学生」なんて言葉が丸山眞男とダライ

記事を読む

no image

語学オタクが喜ぶ変な辞書

シャン語の辞書がほしくて、ヤンゴンに移住した私のITの師匠Gさんに訊いてみたら、 さっそく足と

記事を読む

no image

発売直前の本は売れるように見える

本の雑誌社へ赴き、できたての「アスクル」を見る。 一見ビジネス書風だが色合いがおかしい。 ブログに載

記事を読む

no image

史上最速のリタイヤ?!

来年もしできたらの話だが、ユーフラテスの川下りをしたいと思っているが、 なにしろカヌーに乗ったこと

記事を読む

no image

どっちなんだ、奥泉光?

奥泉山登山、2回目は本屋大賞で5位にもなった『シューマンの指』(講談社)。 前回とはうって代わり、

記事を読む

no image

丸善ラゾーナ川崎店は伝説になる

今、丸善ラゾーナ川崎店でものすごいフェアをやっている。 その名も「君は高野秀行を知っているか」。 私

記事を読む

no image

夢から悪夢へ

11日の午後2時ごろまで、「王様のブランチに出たら今度こそ本が売れる」とか 優香のコメントが出たらも

記事を読む

no image

新聞屋台村、再訪

今度、日本に移住した外国人の連載を始める関係で、 タイに関して聞きたいことがあり、ふらっとアポもな

記事を読む

no image

Bangladesh

Bangladesh no shuto,Dhaka ni iru. 20nenmae no

記事を読む

Comment

  1. より:

    その様子をぜひUSTで公開放送にしましょう!

  2. 高野 秀行 より:

    どこかでお金を出してくれないですかね~

  3. 渡辺 より:

    にこにこ動画で資金を募ったアスリートがいましたね、
    あれをしましょう!

  4. 義理の弟 より:

    タイ麻薬戦争のきっかけは、タクシン氏の長男・パントーンテー君が高校時代麻薬中毒になってしまったのがその一つ、という説があります(あと、アメリカの要請とか)。
    ほんまかいなとよく見れば、パントーンテー君の目尻に麻薬の後遺症と思われるかすかな痙攣(細木●子と同じ系統の)が、、、
    彼は中国系タイ人の長男なのに重んじられていないのは、おそらくそのせいでしょう。
    彼は父親からの株式譲渡などで金持ってます。たまに日本に家族といっしょに来るのでお金を出させ、ついでに話もしてもらいましょう。

にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ちょっと私の「間違う力」に似てるんですよねえ。 https://t.co/gjnkBOV8dZ ReplyRetweetFavorite
    • 『やってくる』についてツイートしたら、友だちから「あれ、意味がよくわからないけど面白いよな!」と連絡が来て、1時間以上も電話で喋ってしまいました。いろんな人のところにやってきてるみたいです笑 https://t.co/aQDAxRidt7 ReplyRetweetFavorite
    • 奥村さんやザイール人ミュージシャンの生き方や音楽は「やってくる」で言われていることに近いような気がしてならない。少なくとも同時並行で読んでもいっこうに違和感がなかった。 https://t.co/67hq52qI9Z ReplyRetweetFavorite
    • 正直言って著者が語ることは半分以上わからないのだが、それでも面白くてちょっと笑ってしまう感じは、かつてオートポイエーシスを読んだときの感覚に似ている。今生きている世界の前提を地面から丸ごとひっくり返しにかかるような感覚。 https://t.co/SnNzOfUfLs ReplyRetweetFavorite
    • もう一冊は郡司ペギオ幸夫著『やってくる』(シリーズ ケアをひらく 医学書院)。帯のあおり文句が強烈で「これを買わずして何を買う」という気持ちになって買ってしまったが、読んでみたら想像したものとは全然ちがったのにすごく面白かった。そもそも何を期待していたのかも忘れてしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • 著者の奥村さんの行動原理には外部からの「こうあるべき」みたいな規範が一切ないのがたまらなく痛快。それに、アフリカでもっともハチャメチャ(てことは世界でも)なザイール(コンゴ)人の建前や時間感覚や自分と他人の区別など全てが溶解してい… https://t.co/JdvQPjdCFq ReplyRetweetFavorite
    • 同時並行して読んでいた本を立て続けに読み終えた。一つは奥村恵子著「ビバ・ラ・ムジカ」(マガジン・ファイブ)。心の命じるままに中南米、ニューヨークで音楽を始め、しまいにはパリのザイール(現コンゴ民主共和国)のリンガラ・ミュージック・バンドの一員となってしまった女性の破天荒な体験記。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年8月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑