*

善し悪しはわからないけれど。

公開日: : 最終更新日:2014/10/21 高野秀行の【非】日常模様

先週の日曜日、コソボより帰国した。

今回の旅はひじょうに忙しかった。
移動につぐ移動、その合間にメールで編集者と打ち合わせをしたり、ゲラの校正をしたり、
取材の手はずを整えたり。
よく外国にいると、「どうして日本ではあんなに忙しいのだろう」と不思議の念に打たれるのだが、
今回はまるで日本にいるときと同じだった。
よくないことであると反省。

取材自体はどうだったのかというと、おおむね失敗だった。
失敗だったのだが、コソボのアルバニア人は面白かった。
ヨーロッパにおける「辺境の民」と呼ぶにふさわしい。
何か形になるかどうか大いに疑問だが、ぜひもう一度行ってみたい。

     ☆         ☆          ☆

2014.10.20tabiwanさて、去年は2ヶ月も家族でタイ旅行をした。よく考えれば相当非常識な旅だった。今まで日本からタイへ、単なる旅行のために犬を連れて行った人など皆無じゃなかろうか。

そんな経緯を妻・片野ゆかが単行本にした。
『旅はワン連れ ビビリ犬・マドとタイを行く』(ポプラ社)
本書では私は写真担当。旅の間中、カメラを手放さず、撮りまくっていた。
正直言って、この本が一般読者にとって面白いのか全くわからない。
なにしろ、家族のプライベート旅行の話なのだ。

ただ、海外へ犬連れで旅行に行きたいという人には参考になるだろう。
そのノウハウについてここまで詳しく書かれた本はないはずだから。
どっちにしても奇書だということで、お許し願いたい。

関連記事

no image

新しい探検部の部室とゴリラ

第5回目の上映会が早稲田大学の学生会館で行われた。 数年前に建てられたわりと新しい建物だ。 この新

記事を読む

no image

どんびき芸、健在

付き合いのある新潮社の編集者Aさんより中島義道先生の新刊『女の好きな10の言葉』が届いた。 ぱらぱ

記事を読む

no image

パリジャンは味オンチ

最近フランス料理店の取材をしていたので、ミツコ・ザハー『パリジャンは味オンチ』(小学館101新書)

記事を読む

no image

エンタメノンフ三銃士!!

びっくりした。 杉江さんの「炎の営業日誌」を見たら、 2月20日、ジュンク堂で「内澤旬子、高野秀行、

記事を読む

no image

新趣味はロマ(ジプシー)音楽

最近、急に趣味がいくつもできてきた。 その一つがロマ(ジプシー)音楽を聞くこと。 ジプシー音

記事を読む

no image

アフガンのケシ栽培の謎(2)

 アフガンのケシはなぜそんなに大きい実がなり、ミャンマーの4倍ものアヘンがとれるのか?  一つには

記事を読む

no image

ハダカデバネズミのことはソマリ人に訊け?!

もうとっくに出発したと思ってらっしゃる方も多いだろうが、 実はまだいます。 やっと仕事が全部片付い

記事を読む

no image

おすもうさん

相変わらず慌しい日がつづいているが、移動時間や待ち時間も多いため 仕事はできなくても本は読める。

記事を読む

no image

語学オタクが喜ぶ変な辞書

シャン語の辞書がほしくて、ヤンゴンに移住した私のITの師匠Gさんに訊いてみたら、 さっそく足と

記事を読む

no image

イランは中東の京都

3ヶ月前に予約していた柳家三三の独演会があることに気づいた。 本来はこれに行くはずだったが、ソマリラ

記事を読む

Comment

  1. 鳥頭 より:

    マドちゃんかわいいですね。
    楽しみにしています。

  2. 西嶋 より:

    個人的な書評で申し訳ないですが…
    以前、高野さんのブログ『龍馬史』でコメントさせていただき、歴史ミステリーの本を紹介していただいた西嶋です。

    個人的な見解ですが、
    ファンタジー作家の上橋菜穂子は現代の預言者では???

    最近出版された『鹿の王』角川書店は、
    謎の伝染病がテーマで
    日本にも上陸したエボラ熱を暗示してますし、
    『守り人』シリーズのラストも大洪水から人びとが立ち上がるシーン
    も、2011.3.11の震災を暗示してます。

    民族学にも詳しい彼女は歴史の必然を予感できるのでしょうか???

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 川下り2日目、荒川上流の長瀞で転覆し、洗濯機の中みたいにぐるぐるもまれる。あれ〜という感じ。不幸中の幸いは、後から来た観光客に間一髪、失態を見られずに済んだこと。 ReplyRetweetFavorite
    • 川辺のキャンプ場で飲み会開始。川からちょっと離れているし気温33度だけど、やはり気にならない。まぁ、酔っ払いは何も気にならないのだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 気温は現在38度だが、川辺の日陰はウソのように涼しい。これから昼寝タイム。 ReplyRetweetFavorite
    • 本日の川下りの場所、最高気温38度って出てる。マジか。 ReplyRetweetFavorite
    • 泊りがけで川下りに出発。こんな早朝なのに、駅まで歩いただけで汗だく。 ReplyRetweetFavorite
    • 文芸出版の内情をある程度知っている人間にとっては、「こんなこと、あるわけないだろ!」という部分と、「こんなこと、あっても不思議じゃない」という部分が絶妙にブレンドされていて、飲み心地抜群の虚実カクテル。 ReplyRetweetFavorite
    • サイゼリアで昼酒を飲み過ぎ、午後以降は使い物にならず。しかたなく、寝そべって東野圭吾著『歪笑小説」(集英社文庫)を再々読。この小説はほんと、面白い。マイ殿堂入り。 ReplyRetweetFavorite
  • 2018年7月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑