*

ima Somaliland desu

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

Somaliland no shuto Hargaysa ni iru.
hoteru no netto ga tamanishika tsuujinaino to watashi ga arekore to
isogashii no tode,burogu ga koushin dekizu ni ita.
konkaiwa jieitai ga chuuton shiteiru jibuchi ni tobi,sokokara rikuro de tonari no somaliland ni nyuukoku shita nodaga,kono michi wa michi nado nai
pari-dakaaru rarii mitaina ruuto de,15jikan mo kakatta.hiroukonpai shite,Hargaysa ni tsuitara,ikinari keisatsu ni kousoku,umu wo iwasazu keisatsusho ni renkou sareta.
mata,kono pataan kayo ! to nageitaga,pasupooto to biza wo kakunin suruto kaihhou sareta.de,”kookde happa wo tabenasai” to tsuyoku susumerare,kotowarunomo nannanode, keisatsusho no nakaniwa no kokagede happa wo
tabeteita.keisatsu wa ocha to mizu wo dashitekure,asappara toiunoni hokano hito mo happa wo motte watashi no tonarini suwari,isshoni tabehajimeta.
naniga nanndaka sappari wakaranai tenkai daga,hitotsu ieru kotowa
somaliland no keisatsu wa shinsetsu toiu kotodarou.
imawa nazeka nihon no chuukosha yushutsu-hanbai no kaisha no eigyou-koukoku-man toshite kokode shigoto wo shiteiru.
minasan,imi ga wakaranaidarou.
shoujikiitte watashi nimo doushite kounattanoka yokuwakaranai no desu.

関連記事

no image

日本タイトルだけ大賞2011の候補になっていた

とにかく面白い(笑える)タイトルだけを選ぶ「日本タイトルだけ大賞」というのがあり、 知らないうちに「

記事を読む

no image

ミャンマーとタイ

私の昔なじみの国が二つ緊迫している。 一つはミャンマー。 総選挙でアウン・サン・スー・チーが立候補で

記事を読む

no image

世界の巨乳に夢を見ろ?!

   珍しく午前中に家を出て、東西線で移動中、突然便意を催した。  九段下の駅の便所に駆け込んだとこ

記事を読む

no image

butan no bukkyou

Zenkai no shasin no bijo wa watashi no zonka-go(bu

記事を読む

no image

こんなに素晴らしいところだったのか

現在ユーフラテス河(もしくはその支流)沿いに旅をしている。 前もいいところだとは思っていたが、

記事を読む

no image

泣けるような話

今週、出演するJ=WAVEの番組の打合せで、 構成作家の人に「何か外国でちょっと泣けるようないい話は

記事を読む

no image

ソウル・ショック!

ソウルより帰国した。 予想以上に驚くことがたくさんあった。 まず、ひじょうに残念な話。 最初の目的で

記事を読む

no image

読売新聞の書評欄で紹介される

4月9日 読売新聞書評欄「本よみうり堂」にある”記者が選ぶ”というコラムで『ミャンマーの柳生一族』が

記事を読む

no image

プロ幹事・タマキング

最近「外出作家」という肩書きになった宮田珠己ことタマキングに誘われ、 彼の友だち二名と一緒に群馬の水

記事を読む

no image

79人はちと多いのでは…?

上智大学の講義は、先週、実質的に第一回目で マレーシアでジャングルビジネスを営む二村聡さんにお越しい

記事を読む

Comment

  1. 良い旅を! より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/535.11 (KHTML, like Gecko) Chrome/17.0.963.78 Safari/535.11
    ソマリランドの首都、ハルゲイサにいる。
    ホテルのネットがたまにしか通じないのと、私があれこれと忙
    しいのとで、ブログが更新できずにいた。
    今回は自衛隊が駐屯しているジブチに飛び、そこから陸路で
    隣のソマリランドに入国したのだが、この道は道などない。
    パリ‐ダカールラリーみたいなルートで、15時間もかかった。
    疲労困憊して、ハルゲイサに着いたら、いきなり警察に拘束、
    有無を言わさず警察署に連行された。
    また、このパターンかよ!と嘆いたがパスポートとビザを
    確認すると開放された。 で、「ここでハッパを食べなさい。」
    と強く勧められ、断るのも何なので、警察署の中庭の木陰で
    ハッパを食べていた。 警察はお茶と水を出してくれ、朝っぱ
    らと言うのに、他の人もハッパを持って私の隣に座り、一緒
    に食べ始めた。 何が何だかさっぱり分からない展開だが、
    一つ言える事は、ソマリランドの警察は親切ということだろう。
    今はなぜか、日本の中古車輸出販売の会社の営業広告マン
    として、ここで仕事をしている。 皆さん、意味が分からない
    だろう。
    正直言って、私にもどうしてこうなったのか、良く分からない
    のです。

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1) AppleWebKit/535.11 (KHTML, like Gecko) Chrome/17.0.963.78 Safari/535.11
    変換ありがとうございます!
    (今はホテルのネットがつながっています)
    ジブチからハルゲイサへの道は、去年、ランドクルーザーの横転で11人が死亡したそうです。
    無理もないですね、あの道とあの運転では。

  3. 義理の弟 より:

    AGENT: DoCoMo/2.0 SH02A(c100;TB;W24H16)
    すぐにはっぱと仕事が貰えてよかった?ですね。
    しかしサイコロを転がしたら、たまたまいい数が上になっただけのような気もします。ホントに注意してください。

  4. りんりん より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; PPC Mac OS X 10_5_8) AppleWebKit/534.50.2 (KHTML, like Gecko) Version/5.0.6 Safari/533.22.3
    義理の弟、うまいこと言うなあ。
    警察でカートってすごい目を引き当てましたね!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑