*

おもしろくないことがおもしろい

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

キタ帰国の二日後、つまり6日から9日まで沖縄に行ってきた。
10年以上前、大連に短期留学をしたときさんざん世話になった恩師・獏先生(仮名)と二人旅だ。
先生とは一緒に野人探しにまで行ってしまった仲で、それについては「怪しいシンドバッド」(集英社文庫)にも書いている。
また、先生の息子が日本に来て会社勤めをしている話は「異国トーキョー漂流記」(同文庫)に書いている。
先生は息子夫婦に呼ばれて、一ヵ月日本に滞在するというので、私は二、三日に一回のペースで一緒に遊んでいるが(これもウモッカ探しが破綻したために可能になったわけで、何がどう幸いするかわからない)、せっかくだから沖縄へ行こうということになったのだ。
お互い相手のことはよく知っていると思っていたが、前回一緒に旅行(野人探し)をしてから十年経っている。考え方、体力、趣向も大幅に変化していた。
しかも、前回は中国だが今回は日本の、しかも私にとってはほぼ外国に近い沖縄だ。
意図したことはことごとくはずれ、誤算と誤解が噴出し、おもしろくないことだらけだった。
特に先生が全く予想しないところで怒ったり、不機嫌になったりするので、へとへとになった。
いちいち挙げたらキリがないが、先生が居酒屋で沖縄名物の「豆腐よう」に激怒し、私がア然としたのがそのいい例である。
実におもしろくない旅だと思っていたが、家に帰って思い出すと、そういうおもしろくなかったことがことごとくおもしろい。
日本・中国・沖縄という三国(と言ってしまうが)の文化が激突した結果でもあり、
公民館の市民イベントも楽しくていいが、やっぱり「異文化交流」というのは、本気でケンカしてうんざりして愕然として落ち込んで…というのが、いちばんおもしろい。
そういうことを再確認した旅だった。
いずれ、どこかで書きたい。

関連記事

no image

時間がない…

金曜日は長野で、前々から頼まれていたコンゴ&トルコ上映会を行い、 一泊して東京に戻ったのは土曜の夕方

記事を読む

no image

早大探検部バカ50周年記念

早稲田大学探検部が今年で創立50周年を迎える。 本当ならば、ライバル視していた(向こうは屁とも思って

記事を読む

no image

原作を読もう!

映画「スラムドッグ・ミリオネア」を観てたまげた。 原作とまるっきりちがう話だったからだ。 スラム育ち

記事を読む

no image

謎の独立国家ソマリランド大吟醸拾年古酒

仕事場にしている「辺境ドトール」は昭和の世界だ。 店長夫妻が常に店におり、私たち常連の客と交流

記事を読む

no image

「ワセダ三畳記」が増刷!

『ワセダ三畳青春記』の増刷が決まった。 集英社文庫、5冊目出してやっと増刷だ。 私は最初『異国トー

記事を読む

no image

三沢の試合を見よ

アフリカに行っている最中、三沢光晴の急死について、 知人や読者の人たちから多数のお知らせメールをいた

記事を読む

no image

まるで結婚式のような…

 上映会第3弾はmixiの高野秀行コミュの主催。  これが凄かった。  コアなファンばかり50人も

記事を読む

no image

三沢光晴DVD-BOX

10月上旬のバングラ行きまでに片付けなければいけない仕事が山ほどあるが、 そんなときにかぎって、三

記事を読む

no image

島国チャイニーズと沖縄系ブラジル人

読了してから時間が経ってしまったが、野村進『島国チャイニーズ』(講談社)は 万人にお勧めの良書であ

記事を読む

no image

メールが届かない

最近、こちらから出したメールが届いていないというケースが増えている。 プロバイダのせいなのだろうか。

記事を読む

Comment

  1. きたしろ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    高野さんの本の中で、獏先生との師弟関係が描いてある
    あたりも結構好きなので、どこかでくわしくまた書いてください。
    楽しみです。

  2. フレディ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    あ〜あの方ですね、獏先生!私も先生と同じく豚足がこの世で一番おいしいと思う変り種ですが、豆腐ようも大好きです。しかし先生が沖縄名物「足てびち」をお気に召したか、大変気になりますねぇ。

  3. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    豚足好きな中国人の中でも異常なくらい豚足好きな獏先生。
    その先生がテビチー(豚足)をお気に召したかどうか?
    どこかで書きます。
    お楽しみに。

  4. nanasi より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    沖縄まで行ってわずか4日とは・・・
    もったいないですね

  5. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    異文化のぶつかりあいって、脳が疲れますよね。
    僕は時々酸欠になります(笑)。
    家庭も職場も異文化ですし。
    でも、きっと僕の家族や同僚も疲れているんだろうなー、
    わからずやの日本人のせいで(苦笑)。

  6. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    ここまでヒリヒリした関係というのが
    最近、あまり自分は
    ちょっとうらやましい……かも。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年7月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
PAGE TOP ↑