*

なぜか今、コソボ

突然だが、明日から約2週間、旧ユーゴスラビアのコソボに行くことになった。 といってもコソボだけではなく、その後、モンテネグロを経由して、ボスニアのサラエボへ向かい、 その後はセルビアとの国境地

続きを見る

高野はぐれノンフィクション軍団に新メンバーが加入

前作『バウルを探して 地球の片隅に伝わる秘密の歌』(幻冬舎)で新田次郎文学賞を受賞した川内有緒(かわうち・ありお)さんが9月7日に新作を刊行する。 題して『パリの国連で夢を食う。』(イースト・プ

続きを見る

ギラギラと輝く船戸ワールドの原点

知り合いである大学の先生が仕事の忙しさを「まるで障害物競走のよう」とたとえていたが、 私もまさにそのとおり。 しかも走っている部分がいくらもなく、障害物をぴょんぴょん跳んでばかり、ときにはひっ

続きを見る

新連載開始?

今、すでに五誌(紙)で連載していてアップアップなのに 今度は「本の雑誌」で新連載を開始してしまった。 タイトルは「朝ひとときの旅」。 私にふさわしい爽やかなタイトルである。 内容も

続きを見る

アラスカへ逃げたい

石塚元太良・井出幸亮著『All About Alaska アラスカへ行きたい』(新潮社) 日頃、めったに旅行記やガイドブックを読まない私だが、この本は貪るように読んでしまった。 今までアラ

続きを見る

発掘!笑えるノンフィクション・その1

笑えるノンフィクションを募集したところ、たくさんの方から、当ブログのコメントや ツイッター、あるいは私への直接のメールなどで、笑えるノンフィクション情報が寄せられた。 中には既読の本もあれば、

続きを見る

笑えるノンフィクション・旅行記を教えてほしい

ちょっと前に、これから写真に力を入れると書いたが、 パソコンの使い方に悪戦苦闘しているうちに原稿に追われだし、 結局進んでいない。 なので、今回は写真なし。はあ。 ところで、突然なのだけど

続きを見る

写真の才能5%、四倍増計画

かつて「高野さんには写真の才能が5%くらいしかない」と友人の写真家G師匠に言われた。5%とは何の数字かわからないが、才能が極小であるという意図はよく伝わってきた。 その汚名を返上すべく、これ

続きを見る

バングラのセレブ秘密酒宴

昨夜は必死に起きてW杯ドイツ対アルゼンチンを見ていたのだが、ちっとも点が入らず、メッシも活躍しないし、眠くてしかたなかった。 それでも解説の岡田さんは「素晴らしい試合!」と賛辞を繰り返してい

続きを見る

シャバはつらいよ

大野更紗のベストセラー『困ってるひと』から3年、とうとう待望の続編が15日発売になる。 その名も『シャバはつらいよ』(ポプラ社)。 病院から無理やり退院し、一人でアパート暮らしを始めた大野

続きを見る

新連載に驚く

昨日発売の季刊誌「考える人」(新潮社)にて、ようやく私の新連載「謎のアジア納豆」が始まった。 去年の8月末から取材を始め、自分の中ではずいぶん熟成しているし、 本当に「ようやく」という気が

続きを見る

最近であった美味いもの・その1と2

最近、出会った美味いものを思いつきで並べてみたい。 その1、福井県の銘酒「花垣」、しかも純米大吟醸「七衛門」、しかもしかも『世にも奇妙なマラソン大会』ラベル仕様!! もちろん非売品、というか

続きを見る

雷王は誰だ!?

昔、コロンビア・アマゾンの町でばったり出会った鬼才ドラマー・のなか悟空さんが主催する D-1ドラム選手権というものがある。 漫才のM-1みたいに、若手のドラマーにチャンスを与えるために作った。

続きを見る

カーンとハーン

「すごくおもしろそう」と妻が買ってきたインド映画「マイネーム・イズ・ハーン」。  DVDの表紙を見た瞬間、私が「?」と思ったのは、主演がシャー・ルク・カーンなのに、タイトルは「ハーン」になっているこ

続きを見る

内側から見た「やくざ」

最近イースト・プレスの本が面白い。 まあ、知り合いの編集者が増えて新刊を送ってきてくれるせいもあるが、 一昨年は卯月妙子『人間仮免中』、昨年は高井研『微生物ハンター、深海を行く』と2年連続でそ

続きを見る

ときに意味もなく文庫解説一覧

別に意味はないが、書いていた原稿が一段落したので、こんなものを作ってみた。 まず拙著の文庫解説一覧(敬称略) 『幻獣ムベンベを追え』 宮部みゆき 『巨流アマゾンを遡れ』 浅尾敦則 『ワ

続きを見る

『バウルを探して』が新田次郎文学賞を受賞!!

川内有緒『バウルを探して 地球の片隅に伝わる秘密の歌』(幻冬舎)が 第33回新田次郎文学賞を受賞した。 いやあ、びっくりである。なんせ、川内さんは“はぐれノンフィクション軍団”である「高野

続きを見る

角幡唯介との対談本・本日発売

角幡唯介との対談本『地図にない場所で眠りたい』(講談社)が本日発売になります。 (Amazonでは明日のよう) 表紙もそうだが、中で私が喋っていることもかなり恥ずかしい。 かっこいい角幡

続きを見る

本日発売。自分にとっては世にも奇妙な本

『世にも奇妙なマラソン大会』(集英社文庫)、本日発売です。 私はたいていすごく苦しんで原稿を書いている。 原稿用紙2,3枚(1000字前後)のエッセイですらそうだ。 ところがごく稀に

続きを見る

移住するなら盛岡がいい

先週の土曜日、盛岡市のMORIOKA TSUTAYAでのトークイベントに行ってきたのだが、盛岡の読書環境の豊かさには 驚かされた。 この店は全国のTSUTAYAでも二番目に大きな店舗だそうだが

続きを見る

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2017年3月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑