*

2013年小説ベストワン決定

風邪は治ったものの今度は咳がひどく、声もがらがら。 とくに夜になると咳が止まらず苦しい。 朝起きてもぐったり疲れている。 そんなわけで連休中はうちにこもって本を読んでいた。 すごかった

続きを見る

ぶったるんでるのか、それとも…

最近どうにも体調がわるい。 3,4年ぶりに腰痛が再発したのを皮切りに、これまた5年ぶりとも6年ぶりともつかない歯痛、 先々週は風邪をひき、先週は喉をやられて声が出なくなった。 「一体俺の体に

続きを見る

『謎の独立国家ソマリランド』PVはこちらで

昨日、朝日新聞の書評欄で『謎の独立国家ソマリランド』(本の雑誌社)が取り上げられた。 しかも、なんといちばん大きな欄。 そう、先週は村上春樹の新刊が紹介されていたコーナーだ。 そのおかげで、

続きを見る

闇の王国ブータン

ぜひ多くの人に読んでほしいと思いつつ、こちらの気持ちの思い入れが強くてなかなか紹介できなかった本を2冊。 まずは根本かおる『ブータン「幸福の国」の不都合な真実』(河出書房新社)。 ブー

続きを見る

求む、ナイスな雑木林コース

昨日、鎌倉と江ノ島に行った。 両方とも今までの人生で行ったことがあるといえばある。 が、鎌倉は二度ともお葬式とお通夜で、散歩などする余地もなかった。 江ノ島に至ってはなんと6歳のとき親に連れ

続きを見る

アブディン『わが盲想』ゲラ&取材募集中!!

いよいよお待ちかね、私がプロデュースし5月15日発売(配本)予定のアブディン『わが盲想』(ポプラ社)がゲラになった。完成一歩手前だ。 全盲の外国人が自分で書いた本というのは日本文芸史上初めてのことだ

続きを見る

山口晃、増刷、イベント

ロマ音楽につづいて私が最近嵌っているのは山口晃。 彼の『ヘンな日本美術史』(祥伝社)はあまりに面白く、読み終わったそばから読み返し、 何度も寝る前に繰り返し読み、鋭い指摘に唸り、論理の明快

続きを見る

元「たま」の石川浩司氏とトークイベントのお知らせ

元「たま」のランニングこと石川浩司氏とイベントを行うことになりました。 前に何度もイベントを企画・実行してくれているショーグンKY吉松(今私が勝手に思いついたリングネーム)が、 万事取り仕切り

続きを見る

新趣味はロマ(ジプシー)音楽

最近、急に趣味がいくつもできてきた。 その一つがロマ(ジプシー)音楽を聞くこと。 ジプシー音楽とはセルビアで出会って強く心を動かされ、その後もエミール・クストリッツァの映画を 繰り返し観なが

続きを見る

呆然

ソマリアのモガディショでいつも世話になっている友人のジャーナリスト2名が「日本に是非来たい」というので、 ずっと準備をしていた。 アフリカ人が日本のビザを取るのは簡単ではない。 ましてや、ついこ

続きを見る

夢のようなアジアの列車旅

おかげさまで『謎の独立国家ソマリランド』は先週、日本経済新聞と東京(中日)新聞の書評で取り上げてもらった。売上げも好調をキープしているようだ。 また、それとは無関係と思うが、『西南シルクロードは

続きを見る

ルーマニアの歌姫

「ラフ・ガイド・トゥ~」というCDのシリーズがよくて、最近よく聴く。 今日はルーマニアのジプシー音楽。 タラフ・ドゥ・ハイドゥークスやファンファーレ・チォカリーアを筆頭に、収録されてい

続きを見る

編集者は辛いよ

私がプロデュースするアブディン『わが盲想』がいよいよ終盤にさしかかっている。 本来なら2月いっぱいで初稿をあげる予定だった。 「それができなかったら僕は切腹するよ」と断言したアブだが、腹は切ら

続きを見る

炎のジプシー・ブラス

ルーマニアを代表するロマ(ジプシー)ブラス、ファンファーレ・チォカリーアのドキュメンタリー映画『炎のジプシー・ブラス』を観た。 実は2,3年前にも観たことがあるのだが、当時はジプシー・ミュー

続きを見る

読書気功療法!!

『幻の楽器・ヴィオラアルタ物語』について途中まで書いたら時間がなくなり、そこでぶつ切りになってしまった。 いや、これはもうめちゃめちゃすごい本だ。 クラシックという大メジャーな世界で、百年

続きを見る

ギックリの元はこの本でとれた

まったくげっそりした一週間だった。 せっかくここ数年でかつてないくらい体調も体力もあがってきたというのに、 いきなりギックリ腰で、しかも早く治そうと焦ったらどんどん悪化して、 歩くのもままら

続きを見る

勝利の方程式も崩れるときはある

丹沢・大山登山の翌日は予想通りというか、足が激しく筋肉痛。 トレランの鏑木さんに影響されて、山を駆け下りたせいである。 で、駅の階段の上り下りで足をかばってぎこちなく歩いていたら、腰から背中に

続きを見る

「クロワッサン」で料理デビュー

明後日(3月25日)発売の「クロワッサン」が届いた。 表4(裏表紙?)をめくったところに、内澤旬子のおいしいルポ「うち味レシピ」というのがあり、 そこでこの前取材してもらった私のソマリ料理作り

続きを見る

関野吉晴氏の映画とトークイベント

急ぎのお知らせ。 3月16日~29日、ポレポレ東中野にて、関野吉晴氏が主演(?)の映画「僕らのカヌーができるまで」を上映している。20:30開始のレイトショーである。 関野さんは「もしかし

続きを見る

世界はまだまだ広く、日本人にもスゴイ人たちがいる

まずはお詫びから。 『謎の独立国家ソマリランド』で2ヵ所誤りが見つかった。 正確に言えば、知人よりご指摘を受けた。 まず、P.262、海賊国家プントランドのところで、 「プントラン

続きを見る

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2019年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑